FC2ブログ

シャワーを浴び続ける理由

















(2)



        篠塚美里の視点


        「後悔なんてしてない。うん……美里は……決めたんだから」

        わたしはシャワーを浴びながら呟いた。
        熱めにセットしたお湯を全開にして、頭のてっぺんから滝のように流れ
        落とさせたまま、同じセリフを何度も何度も繰り返していた。

        口を開けるたびに、肌を伝うお湯が流れ込んでくる。
        天井を見上げるように首を反らせて、そのたびにむせ返した。
        肺の中にまでお湯を侵入させて、激しくせき込みながらも、同じポーズ
        でシャワーを浴び続ける。

        バスルームが真っ白な霧に覆われても、まだダメなの。
        美里の身体から、世間知らずな女の子の匂いを消し去られるまで。
        振り子のように揺れ動く美里の決心が、固定されるまで。

        ふふっ。わたしったら、シャワーを浴び続ける理由を探しているだけじ
        ゃないのかな?
        たぶん解決しない難問を無理に作り出して。
        あの人が、首を長ーくして待っているかもしれないのに……

        「でも……ちょっと上せてきたかも。早く身体を洗って出ようかな?」

        気まぐれな振り子が大きく傾くのを待って、わたしは呟いた。
        頭に刻み込まれたセリフじゃない言葉を、このバスルームに入って初め
        て口にした。

        そして、ボディーソープが滴りそうなタオルで身体中を擦り上げていく。
        両腕も両足も背中も、最近、急に大きくなったおっぱいだって、キュッ
        と引き締まったお腹も……

        特にアソコの部分は念入りに。
        普段はそこまで丁寧に洗わないのに、石鹸でヌルヌルの指を使って割れ
        目のヒダの奥の奥まで。
        そうよ。ちょっと怖いけど、膣の入り口から指先だけ突っ込んでクルク
        ルって洗うの。

        「ここも、きれいにしないと……」

        最後に美里の指が向かった処。
        それは割れ目の先端からピンク色の頭を覗かせている、ちっちゃなお豆。
        クリトリス。

        ちょっと触れただけでも痛痒いような電気が走っちゃう、美里のとって
        も感じる処。
        でもこの部分はよく洗わないといけないって、雑誌とかにも書いてあっ
        たし、わたしもそう思ってる。
        だからいつも、勉強のこととかテストの成績とか、暗~くなりそうなテ
        ーマを思い浮かべては、指先をくちゅくちゅ動かすの。
        そうすれば、変な気分にならないで済むでしょ。

        だけど今夜は……

        「……んんっ……はあぁ……ダメ……なのに」

        思わず甘い声を漏らしちゃった。
        人差し指と親指がクリトリスに触れているから、いつものように想像し
        てあげたのに。
        美里、どうしちゃったの?
        勉強のこともテストのことも思い浮かぶ前に消えちゃうよ。

        代わりに映しだされるのは、筋肉を盛り上がらせた男の人の裸体。
        モザイクに包まれているけど、反りかえって凶器みたいにそそり立つ男
        の人のシンボル。
        その男性がこのシャワールームのように、その姿をおぼろげなシルエッ
        トにして美里を抱きしめてくる。
        おっぱいを揉まれて、アソコを弄られて、とっても気持ちよくさせられ
        る。
        硬いモノが大切な処に触れて、割れ目の中に吸い込まれていって……

        「ああっ……は、はあぁ……指が勝手に……」

        わたしは石鹸に塗れた指で、クリトリスをくちゅくちゅしていた。
        もう、ここを洗っていたことなんて忘れかけている。
        ひとりエッチしている時のように、硬くなってる突起を指で転がして、
        エッチな気分に浸らせようとしている。

        美里の心を……?
        なぜ? どうしてこんな所で?

        わからないよ、そんなこと。
        なんとなく、わかるような気がするけど、でもこれ以上考えると自分自
        身が惨めになっちゃうかも。

        「ふあぁっ、はあぁっ……だめよ美里。これ以上は……」

        わたしはクリトリスを弄り続ける指たちを、なんとか引き剥がした。
        オナニーという形で現実逃避しようとする、気弱な美里をメッってして
        あげた。

        「ホントにホント。上せちゃうかも」

        火照った身体をごまかすように、シャワーの温度を下げる。
        真水に近い冷水で一気に身体を冷ますと、そのままバスルームを後にす
        る。

        そして洗面台の上に、乱雑に放置された衣類の塊を見つめた。
        今日一日、学校という場所で身に着けていた制服に目を落としていた。

        「どうしようかな? パンツだけでも穿こうかな?」

        頭に浮かんだものをそのまま口にして、蓋をするように覆いかぶさるチ
        ェック柄のスカートを取り除いてみる。
        小さなイチゴがプリントされた薄い布を掴もうとして、その手を止めた。

        「やっぱりパンツなしの方がいいかな。穿いたって、どうせすぐに脱が
        ないといけないから」

        自虐に満ちた笑みが浮かんだ。
        わたしはその気持ちが萎えないうちに、素肌の上からバスタオルだけを
        巻き付けた。

        高鳴る心臓をなだめるように深呼吸を繰り返す。
        急速冷凍されたように強張る顔の表情筋を解きほぐして、ドアのロック
        を外した。

        「後悔なんてしてない。うん……美里は……決めたんだから」

        わたしは、あの人が待つ部屋に足を踏み入れていた。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。