FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば、エスパー達よ!!























(6)
 


        朝原の右手が奈菜の股間へと潜り込んでいく。
        左手があやめの内腿をなぞりながら、半分開いた裂け目に指を沈めた。

        「やっぱり処女のおま○こは違うねぇ。なんというか肉全体が締まって
        いるというか。
        それにしても面白いね。時が止まっていても奈菜のやつ、感じてるのかな。
        クリトリスを撫でてやると、あっという間に頭をもたげてきちゃったよ。
        あやめの方はどうかな?
        おっ、肉壁を引っ掻いてやると濡れてきた。濡れてきた。もう挿れてく
        ださいって感じだね」

        無防備な彼女たちを前にして、好き放題の朝原。
        このままだと奈菜とあやめの処女膜がこんな男に……!
        でもどうすれば……?
        圧倒的な能力を持つこの男をどうすればいい?

        僕が唇を噛み締めている間にも、朝原の指が彼女たちを穢し続けている。
        とうとう、突き出されたお尻の割れ目にも触手を伸ばし、恥ずかしい穴
        にまで指を沈め始めている。

        「おい宏。見えるかい? 俺の人さし指がどこに入っているのか。
        ケツの穴だよ。そうさ、奈菜とあやめのアナルを弄っているのさ。汚い
        ねぇここは。指が臭くなっちまうよ」

        朝原が指の匂いを嗅ぐ振りをしながら僕を笑った。
        そうして、硬くなり準備の出来た肉棒に自分の指を添える。
        最初の狙いを奈菜に定めて、片手で腰を掴む。

        そうだ! その手があったんだ!

        その時、僕の頭を電流が駆け抜ける。
        一か八かのアイデアだけど、やるしかないよね。

        僕は目を閉じる。全てを無心に戻して精神を一点に集中させる。

        (みんな、お願いだ聞いてくれ! 今、生徒会室で大変なことが起きて
        いるんだ!
        僕たちのアイドル。磯山さんと高山さんがピンチなんだ。
        なにが起きているかは、自分の目で確かめて欲しい。でも時間がないん
        だ。急いで! 早く!)

        研ぎ澄ました全神経を念波に変換させる。
        精神が崩壊しそうなくらい自分を追い込みながら、校舎内の隅々まで。
        グラウンドにまで念波を行き渡らせる。

        できるか宏? いや、絶対に成功させないと!

        朝原のモノが奈菜の割れ目をなぞった。
        先走りを垂らした先端を裂け目の中心にあてがった。
        同時に心に響くたくさんの声。

        (なに今の?)
        (そんなのどっちでもいいッ! 奈菜ちゃんがぁッ!)
        (違うッ、あやめちゃんの方だッ!)

        そうだ、いいぞ。でも早く! 早くして、時間がないんだ!

        朝原の腰がピクリと動く。
        グッと腰の筋肉に力が入って、前に押し出されようとして……?!

        ガラガラガラァッ! ドタ、ドタ、ドタァッ!

        「なにやってんだッ! お前ッ!」
        「おい、やめろぉッ。奈菜ちゃんとあやめちゃんを解放しろ!」
        「朝原ぁッ、お前。生徒会長のくせしてなんてことをッ!」
        「きゃあ~ッ?! 朝原君のエッチィッ。下半身、丸見えぇっ♪♪」

        「なっなんだ? えっ、どうしてッ?!」

        勃起したモノを思わず両手で隠す朝原。
        その周囲を鬼の形相の男子生徒たちが取り囲む。
        続けて入って来た女子生徒が、自分が着ていた制服の上着を、奈菜とあ
        やめの下半身にかぶせてくれる。

        「よかったぁ……間に合ったぁ~」

        僕の全身から力が抜けていく。
        でも朝原の念波のせいで、しゃがみ込むことさえ許されない。

        (おい宏。まさかお前、念波で……?!)

        みんなに囲まれ追いつめられながらも、朝原が話しかけてくる。

        (ああ、そうだよ。僕の能力では君には敵わない。
        だから自分に出来ることをしたまでさ。念波を使ってみんなに呼び掛け
        ようってね)
 
        「そうか、他の奴らにかぁ……ふっ、俺の負けだ」

        朝原は声に出して呟いた。
        そして、放心したように膝から崩れ落ちていく。
        床におでこをひっつけて、剥き出しのお尻を突き出したまま泣いた。

        でも、生徒会長の下半身に制服を掛けてやるお人好しは、結局現れるこ
        とはなかった。



        僕の物語はこれで終わり。

        えっ? その後どうなったのかって?
        あれだけのハレンチ事件、僕も朝原もただじゃ済まないだろうって?

        ちっちっちっ。わかってないね、読者のみなさんも。
        僕も朝原もエスパーなんだよ。その点を忘れちゃぁ困るね。

        あの騒動で朝原の呪縛から解き放たれた僕は、もう一度念波でアイツに
        話しかけた。
        ふたりの力を合わせて、ここに集まった全ての人の記憶を消し去ろうと
        ね。
        朝原も素直に納得してくれた。
        そして、アイツの方から言い出したんだ。

        今から使う念波で最後にする。今後、2度とこの力は使わない。
        いや、これだけの人数の記憶を消し去るんだ。おそらくこの作業が終わ
        ったころ、俺には何の能力も残っていないだろうと。

        だから僕も言ってあげたんだ。
        お互い、ただの学生に戻ろうぜって。
        そうして、残り少ない学園生活は……ふふっ、決まっているだろう?

        双壁の学園アイドル、奈菜とあやめのパンチラを、実力でものにするの
        さ。
        超能力なんて、もうこりごりだからね。


        おしまい♪♪      




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。