FC2ブログ

放課後の憂鬱  序章 眼覚め(1)



  
                                          


【序章 (1)】



「いやぁぁぁぁ!」

藍は目を覚まし、同時にほっとした。
毎日、同じような夢でうなされ、決まって同じような場面で夢から覚める。
全身汗でぐっしょりと濡れている。

「また朝が来てしまった・・」
心の中でそう呟いた。

*---

藍は小さいころから女優をしている。最近は仕事も軌道に乗り順調だ。何一つ不満のない毎日。しかしそれはついこの間までのことだった。

幼かった藍にとって仕事と学校を両立させるのは、細かいことを気にしていてできることではない。
いや、そんなことすら考える必要がなかった。
学校に友人らしい友人はできなかったし、仕事場ではみな自分より大人だったので、藍ぐらいの子供のするような会話など皆無に等しい。

いままでそれでも平気だったのは、やはり「幼かった」からなのだろう。
物心つくようになって、学校でも仕事場でも自分が「孤独」である事を知った。仕事場はまだよかった。

「もう一人じゃイヤ・・・ワタシだってオシャベリしたい・・・」

それが幼稚な感情だとは思っていた。
そんな感情を挟んでいては何一つ進まない、それどころか相手にされなくなる・・・そう体が理解していたから、仕事場では苦にならなかった。

藍は学校へ行くのが恐かった。
友人がいないだけではなく、周囲は自分を「別の世界」の人間として見ている事を知ったからだ。

朝食をとって登校する。
その日も誰とも声を交わすことなく学校の門をくぐった。

「おはよう!」

覚悟を決めて藍は声を出した。しかし教室の中の誰一人として返事を返すものはなかった。

「今日もだめか・・」藍は肩を落とした。

一日中声を出さずに過ごす事も稀ではなかった。藍には耐えられなかった。もう耐え切れそうになかった。しかし、耐えるしかないのだった。
ただ、授業中はあまり気にする必要がなかったため、気が休まった。

*---

昼休みになった。
いつものように一人静かに食事をとっていると、なにやら周囲が騒がしい。

「藍ちゃん! 藍ちゃんってば!」

藍が振り返るとそこには別のクラスだろうか、見覚えのない男子生徒が立っていた。

「えっ? わたし??」
藍は驚いて裏返った声で返事をした。

「ははは、どうしたの? そんなに驚いて!」
「えっ、あっ、私に声をかける人なんていないから・・」
「やっぱりなぁ! 藍ちゃんは有名人だからな!」

つかみ所のない感じだったが、悪い感じはしない。







※ この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説




目次へ   序章2へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。