FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性奴隷~白い快楽  第11話


  
                                          


第11話



        藍子はゆっくりと腰を沈め、肉棒の半分が体内に吸い込まれた。

        「ふぅぅぅ、、気持ちいい~~、、先生、最高です、、」
        「な、なんか、変な、変な感じ、、あぁぁぁ~~~」
        「じゃ、じゃあ、、今度は、今度は僕が、、、」

        相川は腰を浮かせ、肉棒の全てが埋没された。
        そして藍子の了承を得ず、腰を上下に浮沈させた。
        その運動は、雄の本能に全てを捧げるという、絶対的証明に他ならなか
        った。

        「うっ、うっ、うっ……」

        相川は、腹部と尻の筋肉を強張らせ、唇を尖らせながら溜息を漏らした。


        相川の女性遍歴は、それなりに豊富だった。
        しかしアナルへの挿入は未経験だった。
        経験した事のない感触に、相川の男根は興奮と熱気に包まれていた。

        「うっ、、うっ、、うっ、、はぁ~、、うっ、、うっ、、うっ、、はぁ~、、
        先生、、あぁ~~~、」
        「あっ、、あっ、、あっ、、あぁ~、、あっ、、あっ、、あっ、、あぁ~
        、、そ、そんな、、いゃ~~~」


        藍子から発せられる淫声は、相川の溜息と波長が合っていた。
        そして藍子の体内に存在する肉棒からは、溢れ出る潤滑油の量が更に増
        し、摩擦感が薄れていった。

        「せ、先生、、はぁ、はぁ、はぁ~~~、お、俺、、やばいっす、、あっ、、
        うぅ、、、」
        「はぁ、はぁ、はぁ……、あ、相川さん、い、いゃ、、はぁ、はぁ、あぁ
        ぁぁ~~~」
        「俺、、俺、、やばいっす、、出しちゃっても、出しちゃってもいいっすか
        っ?」
        「えっ、、そ、そんな、、あっ、あっ、うっ、、」

        上下運動の度に屈伸される肉棒の表皮が、快感を超え射精を促していた。



        「うぅ、、出せ! 出してやれっ! 中に出してやれっ!」

        この時、二人の動態を鑑賞していた亀山が、突然罵声を上げた。

        「出せっ! 出してみろっ! 尻の中ならいいぞ!」

        亀山の視線には、上下運動の度に開閉される藍子の女陰があった。
        そしてその箇所からは、おびただしい量の愛液が菊門に滴り落ち、上下
        運動を円滑にしていた。
        目の前で繰り広げられている異様な光景に、亀山の興奮度も極点に達し
        ていた。

        「社、社長、、い、いいんですね、、じゃあ、、じゃあ、出しちゃいますよ、、
        はぁ、、はぁ、、」

        相川の動作が速度を増した。
        そして背後から乳房を鷲掴みにしている両手の握力も、次第に強さを増
        してきた。

        「あぁ~~~~~、だめ~~~~~、あぁぁぁ~~~~~~~~」

        身体の下から激しく突き上げられる感触に、藍子も異様な興奮に襲われ
        ていた。
        相川のいきり立つ肉棒が、自らのアナルに挿し込まれている様子が想見
        され、妖しい興奮を覚えていた。
        そして尻に叩きつける打撃音と相川の呻き声が調和し、快楽の泉へと導
        いていった。

        「せ、先生、、あぁぁぁ~~~~~、先生、、あ、あ、あ、で、出そう、
        出そうですっ!」

        相川の動きがベッドを軋ませ、尻への打撃音と呻き声が激しさを増した。

        「うぅぅぅ~~~~~、あっ、あっ、うぐっ、、あぁぁぁ~~~~~~~~」
        「ひぃ~~~~~、あぁ~~~~~、い、いい、いい、あぁぁぁ~~~
        ~~~~~」


        「そりゃぁ! 出せっ! 中にぶち込め~~~~~」


        「あっ!、あっ! あっ! あ、出、出る! あぁぁぁ~~~~~~~~」
        「あぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~」

        次の瞬間、二人の身体は仰向けに倒れていた。



        二人は暫くの間、動けなかった。
        そして菊門に突き刺さっていた肉棒はすっかり衰え、自然に抜け落ちて
        いた。
        つい数分前までは、獣を狙う弾丸のようにいきり立っていた肉棒も、今
        はまるで抜け殻のような無惨な姿をしていた。


        「今度は、わしの番だ」


        相川が譲るような仕草を見せ、ゆっくりと藍子の身体から離れた。

        「相川君、君はそこに立って見ていなさい。見物するのも悪くないぞ~! 
        わっはっは~」

        そして亀山は、ベッドの中央で跪いた。

        「藤沢君、四つん這いになりなさい」

        藍子は亀山に尻を向けて四つん這いになり、自ら肘をつき腰を高々と上
        げた。

        「どれどれ、マンコはどうなってるかな? うっしっし~~~」

        亀山が、2本の指をゆっくりと女陰に差し込んだ。

        「ほほう、、潤ってるな、、ひっひっひ、、今、挿れてやるからな!」

        亀山の巨根の先端からは、白濁色の潤滑油が滲み出ていた。
        そしていきり立っている巨根を陰部の中央に押し当てた。


        「それっ!」
        「あぁぁぁ~~~」


        挿入時の抵抗感や摩擦感は、藍子も亀山も殆んど感じられなかった。

        「それっ!、それっ!、それっ!」
        「あぁぁ!、あぁぁ!、あぁぁ!」

        亀山は、大きな腰を力強く前後に往復させた。
        そして蜜壷に蓄えられていた愛液と白濁色の液体が混じり合い、卑猥な
        音を醸し出していた。

        「それっ!、それっ!、それっ! うっしっし、、いい音だ! それっ!」
        「あぁぁ!、あぁぁ!、あぁぁ! ぃ、いや~、、は、恥ずかしい~~!」


        相川は、この光景を真後ろから見ていた。
        亀山の尻は、割れ目の奥まで体毛が茂っていた。
        そして長く垂れ下がった睾丸が、往復運動により大きく揺れ、女陰を打
        撃していた。

        「うぅぅぅ……」

        時間が経過するにつれ、相川の身体にも変化が現れた。
        憧れの異性が目前で犯されている様子が、相川の脳裏を刺激した。
        そして、脳裏から男根に刺激が伝わるまで、長い時間を要しなかった。

        確かに目的は達成した。
        しかし相川が実行した射精場所は、本来望むべき箇所ではなかった。
        若い女体とはいえ、菊門への挿入と蜜壷への挿入とでは感度が歴然とし
        ていた。

        「うぅ、、、」

        相川の右手は、自らの男根を握っていた。



※ この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




目次へ    第12話へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。