FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩、私……ノーパンなんです























(3)
 


        放課後の生徒会室。
        今日は月に一度の定例会議ということで、僕たち4人の他に各クラスの
        代表委員が20人ほど集まっている。

        会議用の書類が置かれた長机の席につく代表委員たち。
        対して、議事進行の役目を担っている僕たちもまた、向かい合う長机の
        席についている。

        「え~っ、校庭の花壇整備についてですが……」

        朝原が淡々と議案を読み上げていく。
        僕は、書記として書き留めていたノートから顔を上げると、隣に並んで
        座る美少女に視線を向けた。
        会長側から磯山あやめと高山奈菜。
        ふたりとも俯き加減で資料に目を通しているけど、身体を強張らせたま
        ま目は虚ろ。
        登校時に着用した超ミニのスカートだから、ひざ小僧をぎゅーって閉じ
        合わせている。

        まあ、仕方ないよね。
        この机。ただの会議用の机だから、ちょっとでも足を開くと、対面に並
        んでいる生徒たちに覗かれちゃうもんね。
        無防備なスカートの中を……

        特にあやめは、奈菜以上に辛いよね。
        何かに耐えるように、机の上に乗せた両手でグーの拳を作っているのも
        ……
        さっきからポタポタと、玉のような汗を資料の上に落としているのも……

        そう。あやめはパンティを穿いていないのだから。
        つまり、超ミニスカートの中はノーパンってわけ。

        僕は、あやめの心臓の鼓動を盗み聞きした。
        ドクドクドクドクッって、まるで激しい運動でもした後のように高鳴り
        している。

        ふふっ、それじゃあやめ。今から奈菜に負けた罰ゲームといこうかな。
        でもその前に、君が肩を落としているときに、僕がささやいた言葉をち
        ゃ~んと覚えているかい?

        (残念だったね。あやめ。でもまだ負けたわけではないよ。
        奈菜を逆転する方法だって、ちゃーんとあるから。
        それは、もっと恥ずかしい姿になること。
        ……そうだねぇ。スカートの下にパンティを着けないってのはどうか
        な?
        きっと、恥ずかしい姿が好きな朝原君なら悦ぶと思うけどね)

        まるでリピートするように、あやめの精神に念波を送る。

        「ああぁっ……んんんっ……」

        それだけで彼女の細い肩が震えた。ちっちゃな声で悲鳴も漏らしてる。

        ふふふっ。そうだよ、あやめ。
        君は今、パンティを穿いていない恥ずかしいノーパンなんだよ。
        生徒会の大事なお仕事、定例会議中なのにね。

        ビリビリビリビリ……!

        続けて念波を送る。

        (とは言っても、いきなり朝原君の前でスカートを捲るのは抵抗あるだ
        ろ?
        だからぁ、ちょっと練習しようよ。席に座ったままでね。
        さあ、あやめ。目の前に座っている代表委員に向かって、足を開いてご
        らん。
        太ももの付け根まで拡げて、君の大切な処を見てもらおうよ。ね、勇気
        を出して)

        (イヤぁ、そんな恥ずかしいこと……できないよ……)

        僕の指令に、ショートカットの頭が左右に揺れる。
        それに合わせて、あやめの心の声も聞いてみる。

        (いいの、それで? 大好きな朝原君を奈菜が独り占めしちゃうよ。
        誠君と奈菜ちゃんが手を握り合っているのを、あやめちゃんは許せる
        の?)

        (いやぁっ、そんなの絶対に嫌だよっ)

        (だったら、やるしかないでしょ。さあ、ひざの力を抜いて)

        「んんくぅぅッッ……」

        噛み締めた唇から苦悶の声が漏れる。
        握り締めた拳がブルブル震えて、肌から血色が失われていく。

        (み、見ないでぇっ! 誰も私のしていることに気付かないでぇっ!
        ああ、でもでも、足が開いちゃってる。あやめの恥ずかしい処に空気が
        ぁっ?! ひゃあんっ、冷たいっ)

        今度は背中までブルッて震わせた。
        この部屋は、エアコンが効きすぎているから、ノーパンだとおしっこが
        したくなったりして。

        でも、隣に座っている奈菜は気が付いていない。
        自分の恥ずかしい姿に頭がいっぱいで……
        ましてや、鈍感な朝原なんかもっと気が付いていない。
        さっきから同じ調子で原稿を読み続けている。

        ザワザワ……ザワザワザワ……

        でも、間違いなく空気が変わったね。
        学園で1・2を争う美少女が、超ミニスカートの上に両足を開くサービ
        スまでしてくれたんだから。
        おまけに、見えるはずの白いモノだって存在していないし。

        「お、おい。見たか?」
        「うん。磯山さん、あんな短いスカートなのに股を開いちゃって……!」
        「だけじゃないだろ? 中だよ中っ! あれって……ノーパンなのか
        な?」
        「やだぁ~。ウソでしょあの子。下着も着けずになんて格好しているの
        よ」

        (やっぱり、見られてる! あやめのアソコ、みんなに覗かれちゃって
        るぅっ! どうしよう? 私もう……)

        汗に湿った資料の上に、ぽたりと涙が落ちる。
        みんなの視線から逃れようと、あやめは真っ赤に染めた顔を俯かせてい
        る。

        でもこの子って、意外に根性があるよね。
        未だに僕の指令に従って、股を開いたまんまみたいだし。死ぬほど恥ず
        かしいのにね。
        ふふふっ。だったら、いよいよ本番といきますか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。