FC2ブログ

放課後の憂鬱  INFORMATION








● 目次をクリックすればそのページへ飛びます(数字)




        序章     眼覚め 
              (1) (2)

                   
        第1章    新しい仕事
              (1) (2) (3) (4) (5)


        第2章    写真
              (1) (2) (3) (4) (5)


        第3章    もう一人の藍
              (1) (2) (3) (4)


        第4章    狼の目                  
              (1) (2) (3) (4) (5) (6)


        第5章    スタイリスト・前篇                   
              (1) (2) (3) (4) (5)


        第6章    スタイリスト・後篇                   
              (1) (2) (3) (4) (5)


        第7章    無邪気な悪魔・前篇                   
              (1) (2) (3) (4) (5)


        第8章    無邪気な悪魔・後篇                   
              (1) (2) (3) (4) (5) (6)


        第9章    初めてのキス
              (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)


        第10章   陥穽
              (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)


        第11章   翻弄
              (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)


        第12章   目覚め      
              (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)


        最終章    余韻
              (1) (2) 




【第2章 3話より抜粋】


        「ネガ、返してよ・・」
        藍は泣きそうな声で言った。

        「返してって? はははは・・・。これは俺のだってば。まぁ言うこと
        聞いてくれたら、返してあげてもいいけどねぇ。」
        吉田たちは顔を見合わせ、にやりとしながらそう言った。

        「ど、どうすれば・・いいの・・・」
        藍はすこし下を向き震えていた。

        「だっからさぁ、さっき言ったじゃん。まずブラ取ってよ。」
        吉田は笑いながら言った。

        「ジャージも脱いでね。」
        すかさず伊藤が続けた。

        「・・・わ、わかった・・・」

        藍は躊躇いながら、Tシャツの中に手を潜り込ませ、するするとブラジ
        ャーを外した。

        「さすが女優さん! 着替えは早いねー。さぁ、お次は下ね。」
        吉田たちは囃しながら、着替えている藍を見守った。

        藍はジャージに手をかけたが、そのままジッとしてしまった。手がかす
        かに震えている・・・。

        「早くしろよぉ。」
        柴田がせかしたが、すぐに吉田が立てた人差し指を口に持ってゆき「し
        ー」というポーズを取った。

        「こういうのはさぁ、あっさり脱がれちゃおもしろくねーんだよ。わか
        ってねーなぁ」と柴田をあしらった。

        「そっか、そうっすね。さすが、吉田先輩!」
        柴田も納得し、静かに藍を見つめた。

        藍は今にも泣き出しそうな顔で、「・・いや。できない・・」と懇願した。

        「でもさぁ、ブルマーになるだけじゃん。いいっしょ、別に。いつも体
        育の時なってるんだしさ。」
        吉田は追い討ちをかけるように言った。

        「脱がなきゃ写真をさぁ・・・」
        安っぽい脅し文句を伊藤が言った。

        体育の時と同じ・・・確かにそうなのだが、三人のサカリのついた男に
        見られながらジャージを下ろすということは、まるで裸になるのと同じ
        感覚だった。
        このままグズグズしていても・・・藍は覚悟を決めると、一気にジャー
        ジを引き下ろした。その拍子に勢い余って、下に穿いていたブルマーも
        ずり落ちていた。


        ※ この作品は、『ひとみの内緒話』管理人、イネの十四郎様の承認の元、
        当ブログにて掲載しました。












   ひとみ様とイネの十四郎様が運営されている体験型官能小説と投稿小説がメインのサイトです。
   ご本人様の体験を元にしたちょっと危ないSМ小説。バリュエーション豊かな投稿小説サイト。
   どちらも、必見です。



メインコンテンツへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。