FC2ブログ

先輩 私のパンティー見てください























(2)
 


        「どうした? 宏」

        僕たち3人の行動に違和感を感じて朝原が振り返る。

        「あっ!」「うぅっ!」

        彼女たちの口から洩れる短い悲鳴。
        ヒンヤリとした朝の空気の中で、うなじを首筋を数条の汗が流れ落ちて
        いく。

        その状況下で先に動いたのはあやめだった。
        さっと前屈みだった姿勢を正すと、風に揺られるスカートから両手を引
        き離した。
        そのまま、ウエストあたりにひっつける。
        それを見て、慌てて奈菜も同じ姿勢を取る。

        顔は真っ赤なのに、剥き出しの太ももをプルプルさせて、目の下に涙を
        いっぱい溜めたふたりの美少女。
        でも、ふたりとも会長である朝原のことが大好きなんだよね。
        あいつは、女の恋心に鈍感だから気が付いていないみたいだけど、僕は
        何か月も前から知っていたよ。

        ふふっ、だからその淡い恋心を利用してやったのさ。

        ビリビリビリビリ……!

        僕は精神を集中させた。
        新たな指令を念波に乗せて送り込んでいく。

        「あ、あやめ。私たちも、もっと積極的にしないと」
        「そ、そうね。奈菜、一緒に前に出てあいさつしましょ」

        ふたりは頷き合うと、僕たちというか朝原の前に並んで進み出る。
        そして……

        「おはようございま~す♪」

        登校している生徒もいないのに、ペコリと腰を30度に折り曲げた。
        明るくて透き通るふたりのハーモニーが、ほんの少し震えて……
        その震えが伝わったのか、お辞儀をしたお尻も微かに震えて……

        あやめちゃんは、白。
        奈菜ちゃんは、水色。

        僕はズボンの前が膨らむのを感じながら、その光景を目に焼き付けてい
        く。
        隣で朝原が、パンティーをもろだしにしながら挨拶する美少女たちに視
        線を密着させる。

        「お、おはようございま~す♪」

        両手を前に揃えたふたりが、またお辞儀する。
        スラリとしたふくらはぎから太ももが綺麗に伸びたまま、上体だけがく
        の字に曲がる。
        教科書どおりのお辞儀。
        完璧な姿勢。

        でも僕と朝原の視線は、そんなもの見ていない。
        腰のあたりまでずり上がったスカートの下に覗く、無防備なお尻を眺め
        ていた。
        バレーボールのように発達したお尻に貼り付く、逆三角形の薄い布を特
        等席で無言のまま見つめていた。

        それじゃふたりとも、最後の仕上げをさせてもらうね。

        ビリビリビリビリ……!

        精神を集中させた僕はまた念波を送る。
        超ミニスカートから、パンティを露出させているふたりの背中に向かっ
        て話しかけてあげた。

        (あやめちゃん、奈菜ちゃん。結局スカートの短さ対決ってどっちが勝
        ったの?
        朝原君がミニスカートの女の子が大好きってことは、ふたりとも知って
        いるから、こんな恥ずかしい服装で登校して来たんでしょ。
        だったら、決着をつけないとね。
        なにがいいかな?
        ……そうだ。もっと身体を折り曲げてみなよ。
        下に穿いているパンティを、全部丸見えにした方が勝利ってことでどう
        かな?
        それだけスカートが短いってことだしね)

        あいさつをしていたふたりの背中が固まった。
        そのまま首だけ動かして互いの目を鋭く睨んだ。

        「おはようございま~す……ううぅっ」
        「お、おはようございま~す……くぅぅぅっ」

        奈菜が一歩早く腰を折り曲げた。
        ほんの一瞬出遅れたあやめが後を追う。

        さわやかな声に続いて漏れる恥辱の悲鳴。
        そんな彼女たちを僕たちだけじゃない。
        さっきまで途切れていたのに、集団で登校してきた生徒たちの視線にも
        晒される。

        「おっと、磯山さんも高山さんも大胆! 超ミニスカートじゃんか」
        「おい、それよりも見てみろ。パンティが丸見えじゃん」
        「やだぁ~、恥ずかしい。ふたりとも副会長のくせして、何よあのハレ
        ンチな服装。
        こっちまで顔が赤くなっちゃうじゃない」

        すれ違う生徒たちから飛び交う、好奇な視線と棘のある会話。
        それでもふたりの美少女は、更に腰を折り曲げていく。

        最敬礼……45度のお辞儀。

        「はあぁっ、んんっ……朝原先輩、奈菜のパンツ……見えますか?」
        「んくぅぅっ、は、恥ずかしいぃ。で、でも、朝原先輩、あやめのパン
        ツも見えていますか?」

        腰の上まで捲れ上がったスカートの下に並ぶ、ふたつの丸いお尻。
        白色と水色の布が、心細そうに右に揺れて左に揺れる。

        もう恥ずかしいなんて感覚は通り越している。
        でも、この子にだけは負けられないの。絶対に朝原先輩の心は私が射止
        めるの。

        僕の心にも、ふたりの必死の思いがビシビシと伝わってくる。
        その思いに胸を躍らせながら、僕はあり得ないくらいエッチなパンチラ
        ショーを眺めている。

        1分が経過した。
        ふたりはお尻を突き出したまま動こうとはしない。
        3分が経過して、パンティーを晒したまま人形のように固まったふたり
        の横を、遅刻ギリギリの生徒が駆けていく。

        僕は唖然としたまま声を失った朝原に代わって、念波を送る。

        (ふたりともよくがんばったね。でもね、これは勝負だから決着をつけ
        ないとね。
        う~ん。あやめちゃんも奈菜ちゃんも、可愛いパンティを丸出しにして
        朝原君の心を掴みかけていたけど……
        お尻の割れ目にパンティを喰い込ませていた奈菜ちゃんの勝利かな。
        やっぱり、僅差のときには男の下半身に訴えないとね。
        これで朝原君の心は奈菜ちゃんに大きく傾いたってわけだ。おめでとう)

        念波を送り終わった瞬間、奈菜が笑った。
        隣ではあやめが、がっくりと肩を落としている。

        僕はそんなあやめにだけ届くように念波を送った。
        放課後の生徒会を愉しみにしながら……




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。