FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスパーは僕だ!























(1)
 


        念波……男は精神を研ぎ澄ますと、ターゲットに向かって波動を送る。
        音でもない。電波の類でもない。
        だが、身体から発する目に見えない力が、ターゲーットの深層心理の奥
        深くにメッセージを刻みこんでいく。

        「よし、OKだ」

        その男は妖しげな笑みを浮かべた。
        これから始まるショータイムに胸を躍らせながら……



        「あやめ、勝負よっ!」

        「私だって。奈菜、アナタには負けないからっ!」

        夕闇に染まる生徒会室で対峙するふたりの少女。
        僕はその様子を、扉の隙間から覗き見する。

        「ククッ、うまくいったみたいだな」

        なおも無言のまま睨み合っているふたりについ嬉しくなって、僕はいつ
        もの癖で喉の奥を鳴らした。
        でも大丈夫。彼女たちは全然気が付いていない。

        因みに向かって右側で、腕を組んでいるショーとカットの女の子が、磯
        山あやめ(いそやま あやめ)ちゃん。
        そして向かって左側で、窓の外に目をやりながら、チラリと鋭い視線を
        送るセミロングの女の子が、高山奈菜(たかやま なな)ちゃん。

        ふたりとも『私立川野辺学園』で、男子生徒の評価を二分する美少女で
        ありながら成績優秀。スポーツも万能。性格も悪くない。
        おまけにこの春からは、まだ2年生なのに生徒会副会長の仕事までこな
        している。
        まあ例えるなら、双壁の学園アイドルって感じかな。

        何? 今話している僕のことも知りたいって……?

        ふーん。別にいいけどさ、読者さんも結構ヒマなんだね。
        まあ、この物語って短編になるって聞いているからさ。
        ちょっとサービスして、ゆくゆくは長編デビューも視野に入れてと……

        えーっと、僕の名前は中山宏(なかやま ひろし)
        『私立川野辺学園』3年で、生徒会書記を担当している。
        学力は中の中。スポーツその他みんな中の中。
        要するに誰の記憶にも残らない平凡な男ってわけ。
        でもね、人にはひとつくらい取り柄ってものがあるんだよね。
        そして僕の得意技は、人の心を操れるってこと。
        とは言っても、完全なマインドコントロールなんかは無理だけど、心の
        隙間にちょっとしたメッセージを植え込むことくらいは、簡単にやって
        のけられるんだよね。

        えっ? これって得意技とはいわない。
        お前はエスパーなのかって?

        う~ん。どうなのかな?
        昔……というか今でも時々やっているけど、お母さんに暗示をかけてお
        小遣いを月に2度もらうとか。
        サンマの塩焼きだった夕食をすき焼きにしてもらうとか……
        まあ、このレベルだから、超能力っていうほどでもないと思うよ。ふふ
        ふっ。



        翌朝……
        僕は生徒会長である朝原誠(あさはら まこと)と並んで、校門の前に
        立っていた。
        その僕たちから半歩さがったところに、例の副会長ふたり組が寄り添う
        ように並んで立っている。

        毎週水曜日は『あいさつデー』
        腕章を嵌めた生徒会のメンバー全員が、校門の前に並んで登校する生徒
        にあいさつをするという、ある意味馬鹿げた行事になっている。
        でも今朝に限っては、ある意味、有意義な行事かもしれない。

        「ほら、磯山さんも高山さんも、もっと大きな声であいさつしてよ。
        でないと、『あいさつデー』の意味がないでしょ?」

        僕は登校する生徒が途切れるのを待って、後ろを振り返った。
        川野辺学園の制服に身を包んだふたりの美少女が、顔を真っ赤に染めな
        がら突っ立っている。

        左胸に金刺繍の校章が輝く濃紺のブレザーに、胸元を飾るエンジ色のリ
        ボン。
        ライトグレーのギンガムチェックスカート。
        これだけで制服マニアなら涎を垂らすところだけど、今朝のふたりの服
        装はいつもと違った。

        「は、はい……中山先輩……」
        「すいません。がんばります……」

        細くて弱々しい声とともに、どちらともなくお互いの下半身に目をやっ
        ては、自分の下半身と見比べている。
        僕は追い打ちを掛けるように小声でささやいた。

        「それにしてもふたりとも、ちょっとスカートの丈、短すぎないかな?
        それじゃ、ちょっと屈んだだけでパンティとか見えちゃうかもしれない
        よ」

        「ああ、そ、そんなことは……」
        「ううっ、気を付けます……」

        あやめが太ももに貼り付くスカートを押さえた。
        奈菜も我慢できないって感じで、スカートの裾を押さえちゃった。

        よくパンチラ投稿されているJKって、みんなミニスカートだけど、彼
        女たちが履いているのは超ミニミニスカートかもしれない。
        ひざ上どころか、測るなら股下からの方が断然早い。
        およそ、股下10センチ。
        モデルのようなスラっとしたひざ下から、ムッチリとした大人の太もも
        まで、余すことなくさらけ出されている。

        恥ずかしいよね。とっても恥ずかしいんだよね。
        顔が真っ赤だし、今にも泣きそうな顔をしているし。

        でもね。こんなことくらいでは、ふたりとも許してあげない。
        もっともっと僕を愉しませてくれないとね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。