FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありさ ブルースネイク  第8話



  
                                          


第8話



        卑猥な凶器から逃れようと、渾身の力を込めてもがくありさ。
        ありさの必死の抵抗に男たちは一瞬怯んだが、さらに彼らに仲間が加勢
        し、ありさを押え込んでしまった。
        ムッチリとした腰つきでわななく姿は、大人の女の色香を漂わせ、男た
        ちのどす黒い欲望を一層かき立てる結果となってしまった。

        「ひっひっひ~っ、こりゃたまらねえぜ~!本当にいい身体をしてやが
        る~。さあ、ありさ様~、下のお口でしっかりと咥え込んでいただきま
        しょうか~~~!?」

        「や、やめろ~~~!!」

        「早くやっちまえ~~~!!」

        鼻の下を伸ばしだらしない笑みを浮かべながら囃し立てる男たち。
        ありさの真下には、美肉との結合を待ち焦がれているかのようなイチブ
        ツが鎌首をもたげている。

        「やだよぉ!そんな太いの無理だって~~~!やめてよぉぉぉぉぉ~~
        ~~~!!」

        今まで気丈に振舞っていたありさであったが、ついには声を荒げ、はっ
        きりと拒絶の姿勢を示した。

        男たちはたとえ張形であっても、『あこがれの姫君』が結合を果たす瞬間
        を一目見ようと、真剣な眼差しで見つめている。

        ついに、陰毛の影に潜む陰裂にバイブレーターの先端が触れた。

        「や、やめて!!お願いだから!ねっ?ねぇっ!?や、やめてぇぇぇぇ
        ぇ~~~~~!!」

        ありさの腰が深く沈んだ。

        (グググ・・・)

        「いやぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~~!!!!!」

        太い先端はゆっくりと陰裂に呑み込まれていく。

        「ギョギョ!」
        「おい、見ろ!すげえや!」
        「あんな太いものでも入るんだ~!」

        結合の瞬間に男たちは息を潜めた。

        半ば食い込んだ極太バイブを抜くために腰を上げようとするありさであ
        ったが、逆にもっと深く食い込ませようと、ありさの肩や腰を下へ押さ
        えつけようとする男たち。
        複数の男たちに押さえつけられては、うら若き女性にとって為す術がな
        かった。
        バイブレーターはさらに食い込んでいく。

        「やめてぇぇぇぇぇ~~~~~~~~~~~~!!!!!」

        膣がパンパンに腫れ上がり、張り裂けそうな苦しみに堪らず泣き叫ぶあ
        りさ。
        しかし男たちは手を緩めようとはしない。
        逆にありさが苦悶し泣き叫ぶことで、サディスティックな悪鬼へと変貌
        していった。

        (グッグッグッ・・・)

        「もうやめて!!もうそれ以上無理よ!!」

        「へへへ、それはどうかな?」

        ありさの腰を揺さぶりながら、さらにバイブレーターを深く押し込む。
        女性の膣の深さは通常時で8センチぐらい、興奮時でもあってもせいぜ
        い12、13センチぐらいにしか広がらない。
        つまり、それ以上長いものを挿し込んでもすべて含むことができないの
        である。
        当然20センチあるバイブを100パーセント呑み込むことは不可能と
        いうことになる。
        収まりきらないバイブレーターの幹の部分がクレバスからはみ出して見
        え隠れしている光景が実にエロティックと言える。

        まもなくバイブレーターのスイッチが入れられた。

        (ビ~~~~ン・・・)

        バイブレーターが鈍い音を発し震え出した。
        肉道に強い振動が伝わっていく。

        「あぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~!!や、やめてぇぇぇぇぇ~~~~~
        ~~!!」

        ありさは機械の振動に打ち震えながら叫び声をあげた。
        一時動きを止めていた男たちの手が、再びありさの身体にまとわりつき
        一斉に愛撫を開始した。

        「ひぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~!!さ、触らないで~~~~~!!許して
        ぇぇぇぇぇ~~~~!!!!!」


        続いてオートバイのエンジンが掛けられた。
        ありさの身体がひときわ大きく波打った。
        彼女の意志とは関係なく、バイブレーターの強い衝撃で、腰が勝手に上
        下動している。
        それは実に妖艶な姿で『バイク上の踊り子』とでも表現すべきであろう
        か。

        「くはぁぁぁぁぁ~~~いやぁぁぁぁぁ~~~はぁぁぁぁぁぁ~~
        ~!!」


        先程はあれほど激しくオートバイ騎乗を拒んでいたありさであったが、
        意外なことに表情に変化が現れていた。
        頬に薄紅がさし、悲鳴の中にときおり喜悦の入り混じった声を漏らし始
        めていた。

        リーダーが満足そうな笑みを浮かべながらつぶやいた。

        「ありさ、早く昇天しちまえ。早く昇天すればバイクから降ろしてやる
        からな。もし昇天しなけりゃ昇天するまでずっとバイクの上で揺られて
        な~。がははははは~~~」








この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
  尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ   第9話へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。