FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥辱の検診同行 その1























(23)


9月 10日 水曜日 午後2時  水上 千里



「先生っ! ……松山先生っ! ……待ってくださーい」

千里の声って結構とおるから、たぶん聞こえているはず。
なのに、松山は知らんぷりして、目の前の角を曲がろうとしている

どういうつもりよ?
同僚のナースから『松山先生が呼んでいる』って言うから、さっきから探し回っていたんじゃない。
それなのに、声を掛けた途端、逃げるように歩き出すんだから。

私とすれ違った、ふたり連れの入院患者さんの会話が聞こえた。

「今日の千里ちゃん……なんだか色っぽくないか?」
「そうかぁ? ワシには、普段通りの彼女にしか見えんがな」

私は、ナース服の上から太ももを両手で押えた。
そして、心の中で答えてあげた。

最初のおじさん……いい観察力してるわね。
私たちナースを、そういう目で見てたんだ。

後のおじさん……女を見る目がなってないわよ。
でも……今に限っては、千里はアナタの方が好き♪

それにしても、じれったいわね。
ナース服の裾を気にしながらお上品に歩いたって、なかなか距離が縮まらないもの。
それなら大股で歩けばと言いたいところだけど、それが出来ないからもどかしいの。

一層のこと、走っちゃおうかな? ランニングしてるみたいに。

でもそんなことしたら、さっきのおじさんたち、目を丸くするわね。
間違って裾がまくれちゃったりしたら……!
想像しただけで、ゾッとする。

「せんせ……キャッ!」

私は、角を曲がった所で誰かに右手を引っ張られた。
そのまま、廊下に面した一室に連れ込まれる。

「何するの……あっ、先生……?!」

私の唇に松山は黙れとばかりに、人差し指を押し付けている。

「シーィッ……静かに……」

そう言うと、片手で扉を閉める。

「……先生……これは……?」

私は、声のトーンを低めにして松山から慌てて離れた。
そのまま、部屋の片隅に身体をひっつけた。

わずか6畳くらいの閉ざされたスペースは、カビ臭くて陰気な雰囲気が漂っている。
それも当然だと思う。
ここは、入院患者さんの生活用品や、シーツ、毛布、枕などが収納されている備品室だから。
他には使われていない医療用ベッドまで。
そんな物が段ボール箱に詰められて、天井に届くくらいに所狭しと積み上げられている。

普通女の子ならこんな密室に連れ込まれて、しかも相手が男だったりしたら悲鳴を上げるのが相場よね。

でも千里には出来ないの。
この部屋に私を連れ込んだ理由が、一瞬で理解できたから。

「なかなか趣があって、いい部屋でしょう。ほらベッドまで準備してある」

「ええ。先生のご趣味には、ぴったりのようですね。
ここが私と先生の秘密基地にでもなるのかしら」

こんなことぐらいで怖気づいたなんて、思われたくない。
だから平然と答えてあげた。

「ははははっ……相変わらず、君って人は。さっきの食堂での千里の言動。あれは実に面白かったですよ。
先輩ナースを言葉だけで沈黙させる。上司である私を威嚇のつもりか睨みつける。
まあ、可愛い同僚から先輩ナースの目を逸らせようとする、千里の苦肉の策だということは、分かっていましたからね」

「あら、気付いていたのね?」

「ええ……」

「そうなの……」

私は落胆したように大げさに溜息を吐いてみせた。
松山が下品な笑いをする。

「それで先生。私をこんな所に連れ込んで何をする気ですか?
さすがに、セ……セックスする時間はないと思いますよ。
松山先生の午後のスケジュールは、私と一緒に入院患者さんの検診をすることになっていますから。
もう、10分もないですよね……ふふふっ……」

私は短く笑って、挑発するようにナース服の裾をまくってみせた。
それを見た松山が、下品な笑いを繰り返した。

どうやら、千里で満足してるみたい。
これなら茜ちゃんは、大丈夫……かな? 

「ははははっ……千里はどうしようもない淫乱娘ですね。
今日はそんなアナタに、ピッタリの道具を準備してきたんですよ」

そう言うと、松山は白衣のポケットをまさぐり、私にある道具を差し出した。

「……これは?」

知らない顔して、ナース服の上から股間に両手を添えた。

「またまた、そんな顔をして。21にもなった娘さんが、これを知らないわけないでしょう。
このローターを、千里のエッチなオマ○コに入れてもらいましょうか?」

私に手渡された卵型のエッチな玩具。
これがなんなのか、知っている。
使い方も、もちろん知っている。
だって、千里もひとつだけど持っているから。

だけど、これは寝付けなかったり、ちょっと欲情してるときに、ベッドの中でこっそり使う恥ずかしい玩具。
そう、自分を慰めるときに……

間違っても白昼に、しかも職場でなんて。
こんなの、普通の人間がするべき行為じゃない。絶対に……

「おや、顔が真っ赤ですよ。熱でもあるんじゃないですか?
……それとも、淫乱千里のことだから、玩具を見た途端オマ○コが疼いて堪らないとか?」

「……くっ……違います、そんな。それより……これを入れればいいんですね」



目次へ  第24話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。