FC2ブログ

性奴隷~白い快楽  第9話



  
                                          


第9話



        「せ、先生、、先生……、、はぁ、はぁ、はぁ、、、」

        激しく揉みしだかれている乳房が上下左右に激しく揺れ動き、ブラジャ
        ーが腹部にずり落ちた。

        「は、は、はぁ~~~」

        藍子の口からは吐息が漏れた。
        そして相川は、親指と人差し指で乳首を摘み、揉み上げる手の早さを加
        速させた。

        「あ、、ふぅ~~、は、は、あ~~~」
        「せ、先生、は、は、はぁぁぁ~~~」

        相川は、かなりの興奮状態だった。


        「ほらほら相川君!あまり乱暴に扱うなよ!」

        この時、亀山が声を上げた。

        「そろそろわしも交ぜてもらおうか! ぐっふふふ……」

        亀山は、相川の膝の上で喘いでいる藍子の足元にひざまずいた。
        そして、藍子が身に付けている黒のショーツの両端に手を掛け、乳房を
        揉みしだかれている藍子を下から覗き込んだ。

        「わしは下の方が好きだ!相川君は続けたまえ!あまり乱暴に扱うな
        よ!ぐっふふふ……」

        そして亀山は、ショーツを摘んだ両手を、ゆっくりと下に移動させた。

        「あ、、恥っ、恥ずかしい、、」

        藍子は拒んだが、聞き入れられる筈もなかった。
        そして、太股、膝、脹脛、足首を通過し、黒のショーツは、完全に剥ぎ
        取られてしまった。

        更に亀山は、藍子の頑なに閉ざされた太股の間に両手を忍ばせ、強引に
        開かせようとした。
        藍子の股間からは、うっすらと茂った陰毛が顔を覗かせていた。

        「いゃ、、恥っ、恥ずかしい、、」
        「恥ずかしいじゃと!? わぁはっはあ~、可愛いやつじゃ! ぐひひひ~」
        「あっ、、恥ずかしい、、」
        「ぐふふふ……」
        「恥ずかしっ!」

        この時、背後にいた相川の両手が、藍子の太股を高々と上げ、亀山を援
        助した。

        「あぁぁぁ~~~」

        藍子の股間は全開になり、女陰を顕にされた。

        「ほう、いつ見てもいい眺めじゃ! ひっひっひ~!」
        「社、社長っ、、こ、こんな、こんな明るいところで……、恥っ、恥ずか
        しい、、」

        確かに部屋は明るかった。
        これまでの亀山との行為中は、カーテンを閉め部屋を薄く暗くしていた。
        しかし今は、カーテンは閉めているものの照明は点けたままだった。

        「ぐひひひ~~~、わざと明るくしてるんじゃ! マンコがよく見える
        ようにな! わっはっは~~~」
        「社、社長っ、、そ、そんな、、恥ずかしい、、」

        しかし藍子の股間は、背後にいる相川の愛撫により膣液が滴りつつあっ
        た。

        「せ、先生、、気持ちいいですか~~~?」

        そして相川の愛撫は、藍子の首筋や耳に唇を押し当て、激しさを増して
        いった。


        亀山の目の前に晒された箇所は、和らいでいた。
        そして本来は、頑なに閉ざされているべき筈の亀裂からは小陰唇が姿を
        現し、その最上部からは己の位置をアピールするかのごとく、陰核が色
        めいていた。

        「ほほう、クリトリスがビンビンに突っ立てるじゃないか~! ぐふふ
        ふ……」
        「ぃ、いや、そ、そんなに見ないで、、恥ずかしい……」
        「今から指で気持ち良くしてやるからな~、、ぐふふふ……」

        最初に亀山の目に入った部分は陰核だった。
        しかし亀山の目線は陰核から尿道を下り、小陰唇の中心部で止まった。

        「まず、ここからだ~」

        亀山の2本の親指がその箇所に触れた。
        そしてその中心部をゆっくりと押し広げた。

        「ぃや~、、そんなの……」

        藍子は拒む仕草を見せたが、背後にいる相川に両脚を固定され身動きす
        らできない状態だった。

        「ほほう、綺麗な色じゃ!」

        亀山は、2本の親指を真っ直ぐ前進させ、蜜壷を抉じ開けた。

        「あ、ああ~ん、、」
        「気持ちいいか~~、ほら見ろ!こんなに濡れてるじゃないか~~」

        亀山の言葉に嘘はなかった。
        藍子の女陰からは、小陰唇を撤去された途端に、大量の愛液が溢れ出た
        のだった。

        「こんなに濡らしやがって!このスケベマンコめ! 今度はこうだ!」

        その途端に、女陰に埋もれていた2本の親指が引き抜かれ、代わりに右
        手人差し指が一気に挿入された。

        「いやぁ~ん、、」

        そして挿入された人差し指は前後左右に変動し、陰部から卑猥な音がこ
        だました。

        「はぁ、はぁ、、あっ、あっ、、はぁ、はぁ、、あっ、あっ、、」
        「気持ちいいか~~! ほらほら、気持ちいいか~~!」

        溢れ出た愛液が滴り落ち、その形跡を床に残していた。

        「次はこれだ~~~」

        この言葉を合図に亀山の人差し指は、円転する動作を開始した。
        そしてその動作は、徐々に速度を早めていった。

        「ほら!ほら!ほらっ……!」
        「ひぃ~~~~~、あぁ~~~~~」
        「そりゃ!そりゃ!そりゃ……!」
        「ひゃ~~~~~! あぁ~~~~~! いゃ~~~~~!」

        愛液の放出が激しさを増し、あらゆる方向に飛び散った。
        そして飛び散った愛液は、女陰に接近している亀山の顔面を直撃してい
        た。

        「どうだ~~~! そりゃ~~~!」
        「いや、、だ、だめ、、あぁぁぁぁぁ~~~、で、でも、あぁぁぁ……」
        「でも、でもなんだ? そりゃ~~~!」
        「でも、、、ぃ、いい……」
        「いい?気持ちいいか~~~? ほらっ!ほらっ!ほら~~~!」
        「ぅ、うん、、ぃ、いい、、か、感じるぅ~~~~~、あぁ~~~~~!」




※ この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




目次へ  第10話へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。