FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有里 ごめんね
























(11)


9月 8日 月曜日 午後1時30分 吉竹 舞衣



「……有里、ごめん」

私は帰りの電車内で、そう呟くと顔をうなだれた。
隣に座っている初老の男性が、怪訝そうな表情をしている。

当然よね。
この電車に乗ってから、この仕草を何度も繰り返しているんだから。

その後、思いもよらない形で有里と別れることになった私は、理佐に連れられるようにして駅近くのカフェへと向かった。
たぶんだけど、別れ際に有里が話した言葉を理佐は信じたんだと思う。

ほどよく空調の効いた店内で、理佐と私はドリンクと焼き立てが自慢のパンを注文して、1時間ほど他愛もない話をした。
……と言っても、会話の大部分は理佐が引き受けていて、私はそれに合わせて相槌を打つ程度だった。
さっきまでお腹のムシが鳴いていたのに、有里の姿が消えた途端、食欲さえどこかへ飛んでいっちゃった。
そして今思えば、理佐との会話の内容さえ覚えていない。
彼女には気を使わせちゃって悪いことしたな。

私は、うなだれながら溜息を吐いた。
また、隣の男性が怪訝そうな顔をしていると思う。



パタンッ……!

それは突然だった。
荒々しく車両連結部の扉が開かれ、4人の男性が肩をいからせながら、私のいる車両へ入ってきた。
私を含めて何人かの乗客が、それを不審そうに見守っている。
どう見ても、普通じゃない人たち……
茶髪、金髪、刺青、ピアス……

それが目に入ったのか、不審そうに見ていた何人かの乗客は慌てて目を逸らした。
当然、私も……

彼らは空いている座席を見付けると、両足を大きく拡げて座った。
普通に譲り合えば、8人くらい座れそうなところを4人で占有している。
その上、ここが公共の場だという自覚さえないのか、大声で話し始めた。

「昨日のあの女……俺様が……挿れてやったらよ……」

耳障りでふしだらな会話に、私は眉をひそめた。
周囲の何人かの人たちが同じ表情をしている。
……でも、私を含めて、誰も注意しようとはしない。
そんな勇気、誰も持ち合わせていないから。

もしこの場面に有里がいたとしたら、どうしているだろう?
有里の姿を思い浮かべてみる。
彼女ならきっと、たったひとりでもあの男たちに立ち向かっただろうな。
有里は舞衣と違って、ちょっと勝気だけど正義感が人一倍強い女の子だから……

男たちは引き続き、卑猥な単語を交えながら会話を続けた。
そして時々周囲に目を走らせる。

私は目立たないように顔を伏せながら、ある出来ごとを思い返していた。
そう、半月ほど前の電車内での一件。

あの時、私の乗っていた車両に、有里と千里お姉さんが飛び込むように移動してきて、その後を追いかけて来た3人の男たち……
はっきりと思い出した。
今、我が物顔で座っている4人のうちの3人が、その男たちだ!

だとしたら、あとの1人は……?

うーん……? 誰? たしか?

そうよ、有里が助けようとしたサラリーマン風の人?
あの時は黒髪で、今は茶髪で鼻にピアスを付けているけど……うん、間違いない。
でも、どうしてなの?
あの人は、最初から男たちの仲間だったの?
わからないよ。

ただひとつだけ言えることは、有里と千里さんは何かの罠に嵌められようとしていた。
それも、用意周到に……
だって、彼女たちの性格を知っていなければ、こんなこと出来ないから……
一体、どうなっているのよ。



結局、答えを見付けることが出来ないまま電車を降りていた。

舞衣は、これでいいのかな?

駅前の繁華街を過ぎても歩き続けた。
そして、自宅への近道になる公園の中ほどまで来て立ち止まった。
胸の中が重たい鉛のような物で押しつぶされそうになる。
吐き気がして、呼吸も荒くて、どうしようもない虚しい怒りが高まってきて……

私は携帯を開いていた。
電話帳画面から副島の名前を選択して、決定ボタンを押そうとした。
……でも、指が止まった。

すぐに、もう1人の自分が話しかけてくる。

ちょっと待ちなさいよ舞衣。
その電話、うまくいけば有里を助けることが出来るかもしれないけど、舞衣と副島の関係も知られてもいいの?
そんなことになったら、傷つくのは有里の方だよ。
それに、今からでは間に合わないと思うよ。

私は腕時計を覗いた。
時刻は午後3時ちょうど。

「有里……ごめんなさい……舞衣は……」

私は声を殺して泣いていた。
人目もはばからずに、涙をぽろぽろと零して。
そして、泣きながら何度も謝った。
だって今の舞衣には、これ以外なにも出来そうにないから。



9月 8日 月曜日 午後7時30分  吉竹 舞衣



その夜、私は家族3人で食事をしていた。
私と向かい合うように、お母さんとあの人が座っている。
テーブルの真ん中には、出前で頼んだのか豪華なお寿司が……
他にも、高級レストランのメニューにありそうな肉料理、果物を盛り付けたデザート……

そういえば、家族3人で食事するのって、何か月ぶりだろう?
それに、今日の豪華な料理はどうして?

私は、チラチラとふたりの顔を窺いながら食事を続けていた。
でも食欲は全然なかった。
箸も進まない。

本当は、なにも食べずに「ごちそうさま」と言って、席を立とうと思っていた。
だけど、久しぶりのお母さんの笑顔を見ると、どうしても出来なかった。

それに対して、この人は……
ひとりで黙々と料理を口に運び、ビールを飲んでいる。
その表情は醜かった。
まるで周囲の存在を無視するかのように、時々薄気味悪い笑みを浮かべては、ひたすら口を動かしている。

そして沈黙の世界が当たり前になってきた頃、お母さんが口を開いた。

「舞衣。お父さんね……社長さんになるんだって。
これはまだ正式決定ではないけど、近々開かれる取締役会議で、代表取締役に推薦されることが決まったの。
だからその……言葉は悪いかもしれないけど、今日は前祝いっていうのかな。
突然のごちそうに、舞衣も驚いたでしょう」

「……うん」

返事をしたものの、私には何がなんだか分からなくなっていた。
ううん、分からない振りをしたかった。

私は、嬉しそうに話すお母さんの顔を見つめた。
お母さんが笑顔を取り戻したのって、あの人が社長になるから?
それとも、家族揃っての久々のお食事だから?

……出来れば、後者であって欲しいな。

今度は、食事を続けるあの人の顔を見た。
あなたが社長になれるのは、有里のお父さんを踏み台にしたから。
自分の欲望のために、真面目に仕事をしている有里のお父さんを利用したから。
こんな人生を送って、あなたは恥ずかしくないの?

でも、そんな私も、この人のことを一方的に悪くは言えない。
ここで生活する限り、自分も同罪だから。
今の私の生活……大学に通えるのも、普通に何不自由なく暮らせるのも、目の前にあるごちそうだって……
全部、この人が稼いだお金で成り立っている。
そう、舞衣だってこの人と一緒。

だったら、ひとつだけいい解決方法がある。
私が大学に通っている間は、この人のお世話になりながら、有里への贖罪を続ける。
そして卒業して自立した後は、社会人として生活しながら、有里と家族の方への贖罪を続ける。
贖罪の仕方は色々あるけど、今は金銭的な贖罪は無理だよね。
出来る方法は……舞衣の……身体……

多分だけど、今の段階でこれが一番現実的だと思う。



目次へ  第12話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。