FC2ブログ

有里はへこたれない……だから今は……
























(10)


9月 8日 月曜日 午後3時30分 早野 有里



「青い海に青い空、それに夏の強い日差し……
こんな環境で、男と女の愛の営みを堪能できるとは、感激ですねぇ。
ね、有里様もそう思うでしょ……?」

「……そうね」

わたしは素っ気ない返事をすると、乱れた水着のまま平たい岩の上に腰かけた。

結局、副島の話はデタラメだった。
行為が終わったわたしの耳に飛び込んできたのは、副島の軽蔑したような高笑いだった。

わたし……騙されたんだ。
わたしの羞恥心を、この人は利用したんだ。

それなのにわたし……
最後は自分から腰を振って、ふしだらにあそこを絞め付けて、恥ずかしい声まで……
お日様の下でセックスさせられて、絶頂しちゃうなんて。

そんな情けない思いをごまかそうと、視線をなんとなく浜辺と向けた。
さっきまで砂浜にいた数人の人影も、いつのまにかいなくなっている。
太陽の角度も、ここに来たときよりずっと西に傾いている。

あらっ、あなたは……?!
わたしが腰かけている岩の上を、カニさんが横歩きしている。
それも、2匹が手をつなぐようにして……
あなた……恋人がいたのね。

わたしは立ち上がると、もう一度カニさんのカップルに視線を落とした。

ごめんね。大切な行為のジャマをしちゃって。
今から、夫婦の営みを始めるんでしょ。
ふふっ、安心して。
わたし、覗いたりしないよ。
もちろん、悪戯もジャマもしない。

だって、副島が話してたカップルって、あなたたちみたいだからね。
……ただ、一言だけ忠告してあげる。
そのベッド、あなたたちには大き過ぎると思うよ。
そういう行為は、目立たないようにひっそりと……ね。
……お幸せに、カニのカップルさん♪♪



「なんだか、熱くなってきちゃった」

わたしは独り言のようにつぶやくと、腰にまとわりつく水着を脱ぎ捨てた。

「う~んっ、気持ちいい♪」

そして、裸のまま両手を思いっきり青空に突き上げて、背伸びをする。

目の前で、副島が目を丸くしている。
横沢さんは、黙々と後片付けをしている。
きみは……ニターッていやらしい目で、わたしを見ている。

「せっかく海へ来たんだから、泳ごうかな?」

わたしは振り返らずに、岩場から足を降ろしていった。

じゃぼんッ……!

「ひゃんっ、冷たくて……気持ちいい♪♪」

真っ赤に焼けて火照った素肌を、海水が心地よい温度で包み込んでくれる。
水に身体を慣らしたわたしは、沖に向かって泳ぎ出した。
島影も何も見えない、コバルトブルーのかなたを目指して、イルカさんにでもなったつもりで泳ぎ続けた。

波が出てきたのか、時々それを頭からかぶった。
塩水に目が沁みて、鼻の奥が痛い。

岩場の方から誰かが声を上げている。
わたしの泳ぎに声援を送っているのかな?

それじゃあ、もう少しサービスして泳ぎを見せてあげる。
一層のこと、このまま体力の限界まで泳いでみようかな?
後のことなんて、今は考えたくないしね。

さらに沖へ向かった。
目線の下半分を真っ青な海が……
上半分に、白い雲を浮かべたまだまだ夏の真っ青なお空が……

生まれたままの姿で泳ぐのって、気持ちいい。
全身を優しい海水に包まれて、これって、お母さんのお腹の中と一緒だったりして……

どこまで泳いだんだろう?
さっきまで聞こえていた、誰かの声ももう聞こえない。

さすがに疲れてきたから、泳ぎをクロールから平泳ぎに切り替えてみる。
両足を大きく開いて、推進力をつける。
ここまで来たら、もう人の目も気にならない。
……そうよね、有里?

「……人の目……ね」

有里は、まだそんなもの気にしてるの?
さあ、もっともっと泳ぎましょ。
あなたの体力なら、10キロでも20キロでも遠泳なんて簡単でしょ?
泳いで泳ぎまくって、あんな男たちからオサラバするのよ。
しがらみも何もない世界へ飛び出そうよ。

心の中の解放的なわたしが呼び掛けてくる。
もっともっと沖へと誘っている。

でも……でも……?

むき出しの下半身を拡げるたびに、胸の奥がチクリと痛んだ。
人の目のない海の真ん中なのに、どうしてかな?

それとも……?
わたしには、まだ羞恥心が残っていたのかな?
有里には、まだまだやり残した何かが残っている?

舞衣。千里お姉さん。お父さん。お母さん……そして、嫌な男たち以外のみんな……

わたしは、泳ぎを止め岸を振り返った。
岩場も、白くて大きな砂浜も、今では長く続く海岸線の一部分でしかなくなっている。

ちょっと泳ぎすぎちゃったかな。
……そうよね。
もしわたしがここで遭難でもしたら、大変なことになるかもしれない。
救助された美少女は、生まれたままの姿でしたって、報道されたりして。
そうなったら、有里の顔写真を見た人たちが一杯押し寄せて来て、この日本にこんな美少女がいたのかと全国中で話題になって、今流行の美しすぎる遭難者とか……?
……ちょっと疲れたかな。
……やっぱり、帰ろう。

わたしは、岩場に向かって泳ぎ始めた。
ちっぽけなケシ粒みたいな人が、手を振っている。
多分副島かな。

あそこに戻れば、また地獄が始まると思う。
そんなことは、百も承知。
でも、逃げてはいけなかったんだ。
だってわたしは……
どんなことにもへこたれない、早野有里だから……



……あれぇ、きみ。迎えに来てくれたの?
でも、大丈夫?
きみ、かなり疲れているよぉ。
…… ……
よかったら、わたしに掴まりなよ。
きみひとりくらいなら、なんとかなるしね。
…… ……
……ごめんね。
きみにまで、迷惑かけて……
わたし、もっともっと、強くならないといけないよね。

あっ! 横沢さんも泳いできた。
わたしのこと心配してくれたんだ。

「ごめんなさい、横沢さん」

それじゃあ、きみは横沢さんの肩に掴まって……?
……傷……?!
……あれっ、その傷跡……?

横沢さんのたくましい背中に残る大きな傷跡。
横沢さんの右肩から背中の中心にかけての傷跡を目にしたとき、心の深いところで何かが蠢いた気がした。
なんだろう?
わたし……なにか……大切なこと……忘れている……



元の岩場に帰って来た。
岩の上から、副島が面白くなさそうに、見下ろしている。

「ご迷惑をおかけして……申し訳ございません」

わたしは、海の中から小さな声で謝った。
それでも副島の表情は変化なし。

結局、この人だけ知らん顔だった。
ちょっとくらい、心配してくれても罰はあたらないと思うけどね。
だって、わたしの身体で一番愉しい思いをしたのはこの人なんだから。

「ああ、そうでした。有里様に忠告しておくことがありました。
そこから、早く上がった方がいいですよぉ」

面白くなさそうだった副島の目が、急に悪戯っ子みたいに輝いた。

「……えっ?! な、なに……?」

意味も分からず、周囲を見回してみる。
岩場に打ち寄せる波が白い泡をともなって漂っている……だけ?
そうしたら、突然下半身にピリッと痛みが……?!

「いたあぁぁぁぁぁーぃっっ……!」

お尻をくらげに刺されたぁっっ……!



目次へ  第11話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。