FC2ブログ

ありさ ブルースネイク  INFORMATION








● 目次をクリックすればそのページへ飛びます




          第1話                   第9話
                   

          第2話                   第10話


          第3話                   第11話   


          第4話                   第12話   


          第5話                   第13話   


          第6話                   第14話   


          第7話                   第15話


          第8話       




【第4話より抜粋】


        「構わん。言わせておけばいい。その強気な態度もまもなく失せて、ヒ
        イヒイと泣き喚き俺たちに助けを請うことになる。はっはっは~、それ、
        やっちまいな!」

        リーダーの合図とともに、後方にいた男たちがありさに絡みついてきた。
        右側からはゴツゴツとした手がありさの腹部を撫で回した後、手荒に紺
        色のショートパンツのボタンが外されていく。

        「きゃぁ~~~~~!!やめてよ~~~!!」

        ボタンを外されたショートパンツはその中身を覆うことができなくなり、
        内側のパンティが徐々に露出していく。
        男たちの視線がありさの下半身に一斉に注がれた。
        パンティはコットン素材で色は薄紅色、ポイントに赤いリボンがひとつ
        施されている。

        ありさの後方にいた男がニヤニヤとしながらつぶやいた。

        「へっへっへ、皆さん、すみませんね~。オイラが、ありささまのオマ
        ○コタッチ第1号でござ~い!」

        男はそういうなり、無遠慮な手を臍の辺りから差込みパンティの中へと
        忍び込ませてしまった。










Shyrock様が運営されているオリジナル官能小説と投稿小説。
それに夜学問(セックスのお勉強)という、ここでしか体験できないコーナーもあるサイトです。
その他にも、体験談・投稿体験談・官能詩・エロエッセイ等々。多数のカテゴリー取り揃えられています。



メインコンテンツへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。