FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バージンと引き換えに得たもの























(6)
 


「ふふっ、佳菜はもう準備万端ヌレヌレってことか。
それじゃあ、遠慮なく処女をいただくとするかなぁ」

男がほとんど姿勢を変えずに宣言する。
汗にまみれたおっぱいに分厚い手のひらを感じながら、わたしはコクコクと頷いた。

さっきから歯が噛み合わなくてカチカチ鳴っている。
怖い。佳菜、とっても怖いよ。
でも決めたんだから。
佳菜のバージンと引き換えに、ノブくんの心を取り戻すって決心したんだから。

わたしは両腕を突き出して、ノブくんの背中を撫でた。
男も柔らかい仕草で乳房をマッサージしてくれた。

それなのに、ゾクリとしたモノが心臓を締め付ける。
佳菜の唇が小さく円を描くように開いた瞬間、ノブくんのお尻がぐっと落ちていく。
割れ目を撫でていた肉の棒が、先端からズブズブと沈んでいく。

チュブッ、チュプゥゥゥッッ!

「あっ! きゃぁぁッッ、んんっ、熱くて太いのがぁっ……痛ッ、い、痛いィィッ!」

「佳菜の膣(なか)は、気持ちいいぞぉ。ぐしょ濡れの肉に締め付けられてぇ、これが処女のおま○こってやつかぁ」

狭い穴がこじ開けられちゃう。
指を入れるのだって怖くて、生理のときもタンポンじゃなくてナプキンだったのに。

痛いよぉ。とっても痛いよぉ。
皮膚を剥がされるみたいでズキズキして。
もっと優しく挿れてほしいのに、ノブくんだったら……きっと、そうしてくれたのに……

ズズッ……ズズズズゥゥッッ!

「あ、ああ……入っちゃうぅっ。佳菜の膣に、痛いッ……キャ、うっくぅっ……ぜんぶ全部ぅっ」

男が深く息を吐きながらお腹を密着させる。
太ももを下腹部をピタリとひっつける。
そうして、プチップチッって何かが破れる音がした。裂ける音もした。
同時に涙腺が決壊したように涙が溢れた。

バイバイ、佳菜のバージン。
こんな形で奪われちゃってごめんね。

密着して、焼けるような痛みしか感じない下半身に、わたしは話しかけていた。
はあーはあーって、いやらしく息を放つ男から顔を背けて、流れ落ちる涙を座席シートに吸わせている。

「どうだ、佳菜ぁ。大好きな信雄のち○ぽで貫かれて気分は……?」

「……くぅっ」

「おっ、嬉しすぎて声も出ないかぁ。ふふっ、だったら悦びの声を上げさせてやろうかなぁ。こんなふうに」

ズズゥッ……ジュブゥッ……ズズズズゥゥッッ!

「うっぐぅっっ、ま、待ってぇっ、まだ……んんくぅぅぅっ……痛いッ!」

青白いシルエットを纏いながら、男が腰を動かした。
無感情なノブくんのお尻が上下に往復する。

「んあっ、あぁぁっ、もっとゆっくりぃっ……中が擦れてぇっ……くぅっ、いたいのぉっ」

「ふぅっ、はあっ、バカだな佳菜は。
こうしてチ○ポを抜き刺ししてやれば、処女のおま○こだって直ぐに気持ちよくなってくるさ」

そう言うと、座席が鳴った。車全体が揺れた。
大きくお尻を持ち上げては、力任せに硬いモノを刺し込んでくる。

繊細な女の子の気持ちなんて、この男はわかってくれない。
それよりも、バージンを失った哀しみの顔がきっと快感なんだ。この男にとって……

ズ二ュッ、ズニュ、ズニュ……ズズズ……

「はぁん……ひぃっ、お、奥に当たってぇっ……はうぅぅぅっ」

ノブくんのおち○○んが膣に入るたびに、身体をビクビク震わせる。
それを見た男が、涎を垂らしながら笑った。
窓の外では、人の顔を浮かばせた炎が追随するようにユラユラと笑った。

何回打ち込んだら終わるの?
何回鳴いたら解放してくれるの?

じゅぶ、じゅちゅ、じゅぶ、じゅちゅぅ……

「どうだぁ佳菜。気持ちよくなってきただろう? 信雄のチ○ポに感じてきただろう?」

「はぁっ、だめ……うっく、そんな……はぁぁぁっ」

挿入するごとに硬いモノが違う壁を擦りあげていく。
火傷しそうな熱い壁を円を描くように順番に刺激される。

「あうぅっ、あぁぁ……ひうぅっ!」

わたしは言葉にならない声を上げていた。
哀しい痛みが快楽に変化していくのが辛くて悔しいよ。
佳菜って淫乱体質なのかな?
ノブくんの身体に抱かれて、ノブくんのおち○○んに貫かれても、やっぱり心はあの男なのに、それなのに……

じゅぶぅ、じゅちゅぅ、じゅぶぅ、じゅちゅぅ……

「んふぅ、ふううんんん。どうしてなのぉ? 熱いよぉっ。切ないよぉっ……んぐぅっ」

「そうだぁ佳菜。その顔だぁ。さあ、思いっきり大きな声で『はるひこさん』って……はあ、はぁぁ、『はるひこさん、愛してる』って」

男が腰をひねりながら囁いてくる。
佳菜の心をエッチにマヒさせて、佳菜の割れ目からエッチなお汁を太ももから座席にまで垂らさせて、恋人の言葉を急かしてくる。

窓の外ではたくさんのこの世でない男たちが、ガラスに顔をひっつけて覗き込んでいる。
頭だけの身体が隣の顔をへこませながら、佳菜の心が淫ら色に染まるのを待ち構えている。

でもホントに気持ちいいの。
熱くて硬いのに奥の扉までノックされて、頭の芯までズキンズキンするの。疼いちゃうの。

「ほらぁ、早くぅ。でないと……!」

「いぃぃっ、ひぃぃっ! 乳首摘まないでぇっ! ひぃあぁぁっ、クリトリスをグニグニしないでぇっ!
言います。言いますからぁっ」

ごめん、ノブくん。佳菜はもう……

顔色まで青白くなった男。
その人の望む言葉を口にしようとした……その時?!



目次へ  最終話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。