FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラリーは人魂?!























(4)
 


「か、佳菜の……お……おま○こは……全然感じていません。ぬ、濡れてもいません」

口を閉じた途端、全身から汗が噴き出してきた。
はしたなくて口にしてはいけない単語に、佳奈の女の子が泣いちゃった。

「さすがに処女のおま○こだ。中のヒダヒダまでサーモンピンクなんだねぇ。綺麗だよぉ」

全然うれしくないのに、男は恋人のように褒めてくれた。

「も、もう充分でしょ。これ以上わたしを辱めないで」

だからわたしはキッと睨んで、アナタの恋人なんかじゃないって顔をしてあげた。
両手の指で恥ずかしい処を拡げても、こんなの平気って顔もしてあげた。

でもね、割れ目の突端に触れた指がブルブルしている。
ほっぺたの内側を噛み締めていたから、佳菜の血液と唾液が混ぜこぜになっちゃってる。

そんなわたしが可笑しいのか、男がふっと息を吐いた。
そして、視線を窓の外へと向ける。

「……なッ?!」

つられて覗いた目の隅っこで、光るモノがひとつ、ふたつと浮かんでいた。
ゆらゆらと漂っていた。

「やっとお出ましのようだね。遅かったじゃないか」

「な、なんなのよ、これ?」

「ん、佳菜は知らないの? 人魂だよ。この世に未練を残して成仏できないっていう、ホラー話なんかで登場するポピュラーな奴」

男は驚きもせずに平然と答えた。
窓ガラスの外でふわふわと踊る無数の青白い光。
大きいのや小さいのや、分裂したり吸収されたりしながら、次第にこの車を取り囲むように輪を狭めてくる。

「ヒッ! ヒィィッッッッ! イヤッ、こないでぇッ、近づかないでッ!」

「ふふふっ、怖いかい佳菜ぁ」

「ヒャァぁぁぁッッ、イヤぁぁぁぁッッッ!」

泣き叫ぶ耳元でノブくんの顔をした男が囁いた。
ぞくりとする粘っこい声に首筋を舐められて、窓の外から人魂に覗かれて、わたしは更に大きな声で泣いた。
もう少しで『ノブくん』って、叫びそうになった。

「なにも怖がることなんかないんだよ。こいつらはただのギャラリーなんだからさぁ。
そう、女の肢体。女の匂い。女のよがり声。こんなのに寄ってくる虫みたいなものさ。
それよりも佳菜。そろそろ初体験を済ませようよ。そのために僕はここにいるんだからさぁ。
信雄のおち○○んもほら、涎を垂らしまくっているよぉ」

男がノブくんの身体を揺すった。
おどけてノブくんをけなすように、ピンとそそり立った肉の棒をゆらゆらさせる。

もう、気が狂いそう。
だってノブくんがノブくんじゃなくて、周りを幽霊に囲まれて、それなのに……
それなのに、抱かれないといけないなんて。セックスしないといけないなんて……
大切な人の身体と、でも心は別のわたしの嫌いな人となんて……

「ふふふっ……」

そう思うと悲しさを通り越しておかしくなってきちゃった。
わたしの上できょとんとしたノブくんの顔を見ていると、もっと笑ってもっとおバカになりたい。なってみたいって……

「おい佳菜ぁ。お前、笑っているのかぁ? どうして?」

「うふふふっ、そんなのどうでもいいじゃない。
それよりもセックスするんでしょう。だったら挿れなさいよっ。
そのお、おち○○んを……佳菜の……お、おま○こに突き刺して、セックスしなさいよっ」

わたしは笑顔で挑発してあげた。
恥ずかしい単語だって、ちょっと詰まっちゃったけどちゃーんと言ってあげた。
どうせ逃げることなんて出来ない。
外には幽霊達が待っているし、抵抗したって男の腕力には敵わないし。

だったらこうするしかないもの。
せめてノブくんの身体で、ノブくんの熱いモノで佳菜の初めての人になって欲しいの。
佳菜が18年間守ってきたバージンを、ノブくんの身体に奪って欲しいの。

「そのかわり、これだけは約束して。
わたしとのセックスが終わったら、ノブくんを返して。ノブくんを解放してあげて」

「もしも、俺が約束を守らない時は……?」

おどけていた男の目付きが変わる。真顔でわたしを見つめてくる。

「そのときは……死にます。
ノブくんの首を絞めて、わたしもそこにあるカッターナイフで自殺して、ふたりして幽霊になってあなたを呪います。本当です!」

「ふっ、おもしろい」

何がおもしろいなのか、男は目を細めた。
上体を被せてきて鼻の頭をひっつけながら囁かれた。

「佳菜が真面目にセックスさえすれば、信雄は返してやる。
そのかわり、これは俺からの条件だよぉ。
行為の間は、この春彦が恋人。甘い声で鳴いて淫らに悶えてみろぉ。わかったな」

わたしは頷いた。
同時に佳菜のおっぱいを手のひらが覆った。



目次へ  第5話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。