FC2ブログ

アナタのために準備したランジェリーなのに……























(3)
 


車内という限られた空間に流れる、肌を滑る布の音。金属金具の音。

シュル……スススゥーッ……
カチャカチャ……シュル……ズズズゥーッ……

「くぅっ、は、恥ずかしい。イヤッ、見せないで……」

わたしが頭からTシャツを引き抜いたときには、ノブくんは上半身裸になっていた。
震える指がスカートのホックに掛るときには、ノブくんもズボンのベルトを緩めていた。
勇気を出して履いたミニスカートも、ゆっくりとゆっくりとずらしていく。
それに合わせるように、ノブくんもジーンズを下していく。

ほとんど水平に倒された座席シート。
そこに寝かされたわたしは、下着の上から胸と下腹部を2本の腕で隠していた。

「ふ~ん。ピンクなんだぁ。それも上下お揃いの花の刺繍が付いてる。
女の子って、初体験のときは下着もこだわるって聞いたことがあるけど、佳菜もそうなんだねぇ。
ふふふ、俺のために可愛いブラジャーとパンティーをありがとうね。
信雄には見せてあげないけど……クククク……」

「ああぁっ……う、ううっ……」

フロントガラスに背中をひっつけた中腰の男が低く笑った。

この日のために準備してたのに……
パソコンの画面と睨めっこして、一生懸命選んだランジェリーなのに……
ノブくんのために。ノブくんがエッチそうな目で佳菜を見てくれることを想像して……

カチッ……ススーッ……

だからわたしは、座席シートの下に腕を入れた。
指先にホックを引っかけてパチーンと外していた。
緩むカップを力任せに引っ張った。
肩紐をずらせて座席の下に落とした。

いやらしく眼尻を下げた男が、ちょっと意外そうな顔をする。
わたしはその表情を勇気に変換して、腰骨に引っ掛かっている最後の一枚に指を添えた。

シュルシュルシュル……ススー

「くぅぅっ、んんっ」

お尻をほんの少し持ち上げて、ちっちゃな面積の布を引き下ろしていく。
紐のように丸まったピンク色のモノが、太腿を過ぎてひざ頭を通過して足首に絡まった。

その間、わたしは首を左に向けて黒い水面を見つめていた。
そして、口の中で呟いていた。

絶対に見せてあげないから。
佳菜の上下お揃いのランジェリーは、ノブくん専用なの。他の誰の目にも晒したくないの。
特に川上先輩。あなたにはね。

「驚いたぁ。佳菜って可愛い顔して以外と度胸あるんだねぇ。それじゃあ、僕も」

「ひぃっ、いやぁっ!」

男はトランクスの前の突っ張った膨らみを見せつける。
そうしておいて、腰を揺らせながら下着を下していく。

ふざけてる! 絶対この人、頭おかしいよ。
でも……

わたしは目の端でノブくんのアレを見つめていた。
ピンと斜め上を向いて、ピクピクしているお肉の棒から目を逸らせなくなっていた。

「なーんか、面白くないよねぇ。信雄の奴、俺のより立派なモノを持っていてさぁ。
いっそのこと、このおち○○ん。そこのダッシュボードに入ってるカッターナイフで切断しちゃおうかなぁ。シュパッって……」

男の輪っかになった指が、ノブくんのあそこを締め上げた。
長い肉棒の真ん中に指がめり込んで、顔に憎悪の表情が見え隠れする。

「ダメよっ! そんな……そんなことしたら、ノブ……ううん、死んじゃうぅっ!」

「ふふっ、冗談だよぉ。佳菜。いくら俺だって、そんな痛いことはごめんだからねぇ。
それよりも、ほらぁ。佳菜のアソコをよく見せてよ。
足を開いて自分の指でおま○この中まで拡げて……さあ、やるんだ」

「わかった……春彦……」

もう従うしかないよね。
だって、さっきの顔。あれって本気っぽく見えたもん。
もう何がなんだか、わからなくなっちゃったけど、ノブくんの身体だけは守ってあげないとね。

足元にしゃがみ込んだノブくんの身体。
そのエッチな視線を浴びながら、両足を開いていく。

「ああぁっ、見ないで。お願いだから……みないで」

呪文を唱えるように声を上げた。
どうせ見られちゃう。佳菜のアソコ、覗かれちゃう。
でも、わたしの女の子が叫んじゃうの。
叫んだって、男の人を悦ばせるだけなんだけど、やっぱり我慢できないの。

「ほぉ~ぅ。佳菜ってあどけない顔をしているのに、下の方は大人だったんだねぇ。
お尻の方まで恥ずかしい毛に覆われちゃって……ふふっ、いやらしいよねぇ。
それに、あれぇ。君って、クリトリスが大きいねぇ。いや、見られたたげで感じて勃起してるのかな?
案外、スケベなんだね」

「違う。変なこと言わないで。
わたし、毛深くもないし、感じてもいない! そんなのデタラメよっ」

「ふふふっ、だったら証明してみせてよぉ。
指で中まで開いて『佳菜のおま○こは全然感じていません。濡れてもいません』ってね」

「ああ……」

まるで征服者のように男が見下ろしている。
これじゃ完全にこの男のペース。
わたしは口にした言葉をひどく後悔しながら、指を盛り上がったお肉のサイドにひっつけた。

「さあ、思いっきり開くんだ!」

「ううぅっ、くぅぅぅっっ……」

ごめんなさい、ノブくん。こんな男に言いなりになる佳菜を許してね。
指先に力を入れた。
すると、男の喉仏がゴクリと動いた。
恥ずかしいお肉の中まで、いやらしい空気に撫でられちゃった。



目次へ  第4話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。