FC2ブログ

ノブくん……だよね?!























(2)
 


「さあ、佳菜。着いたよ」

「じ、冗談……だよね。ノブくん? 
佳菜を驚かせようとして、こんな所へ? それともノブくん、お、おトイレとか……?
……って、ここ、おトイレはないし……あっ、喉が乾いたのね。え~っと、自動販売機はと……?」

「もう、佳菜ったらなに言ってるんだよ。今、話しただろ? 『着いたよ』って」

「や、やっぱり……ここ?!」

わたしは、横断歩道を渡る幼稚園児のように首を振った。
ノブくんの言葉を否定したくて、佳菜が話したモノを証明したくて。
でも、車が10台くらい停まれそうなスペース以外、公衆トイレのマークも、明々と電気の点いた鉄の箱も何も見付からない。
シーンと静まりかえって、伸ばせば手が届きそうな黒い湖面と、鳴き続ける虫の声。
そして、雲ひとつない夜空に浮かぶ青白い満月の光。

「う……ううぅぅっ。ひどいよノブくん。
佳菜はとっても恥ずかしかったのに、勇気を出して告白したのに……
それなのに、車の中でなんて……そんなのイヤだよ」

「佳菜……ごめん。怒らせちゃった?」

「当り前よ。確かに佳菜もノブくんもお給料安いし、お洒落な高級ホテルなんて贅沢言わないけど、せめて普通のホテルで……ラ、ラブホテルでもいいからさ。
ね、ノブくん。帰ろう? 
それにここ、不気味で変な感じがする。早く戻ろうよ。ね」

「おかしいな? 川上先輩。僕が相談したらここがベストポイントだって紹介してくれたのに……
ここなら、佳菜と気兼ねなく愛し合えるって、勧めてくれたのに……なぜ? なぜ拒否するのぉ? ううぅっ、なぜ僕ではなくてぇ、信雄を選んだりするのさぁ」

「ノブくん?! 今なんて! 川上先輩? それってその……ヒィッ!!」

わたしの口から続きの言葉は出て来なかった。
運転席で首を横に向けたノブくんは……ノブくんではない。
顔はノブくんで仕草もノブくんだけど、やっぱり違う。なんなのよ! そのへばりつくような粘着質なしゃべり方? 

「ちょぉっ、ちょっとぉっ! い、いやぁッ、来ないでッ! ひ、ヒィィィィッッ!」

その人は助手席のわたしの上に圧し掛かってきた。
ひざを無理やり拡げると下半身を割り込ませてきて、そのまま胸と胸を合わせた。肩と肩も合わせた。
最後に唇を合わせようとして、イヤイヤするようにわたしが首を振ると、ペナルティだって感じで座席を押し倒した。

「ひゃぁっ! ちょっと急に……どうしちゃったのよ? ノブくん、ねえ、ねえってばっ!」

「佳菜ぁっ、き、君が悪いんだぁ、君さえあの時、俺のプロポーズを受け入れてくれたら、こんなことにはぁ……ふふふ、ははははっ」

「えっ! そ、そんな……あなた……川上先輩?!」

全身に男の重みを感じながら、出てきた答えはあり得ないもの。非科学的なもの。

「ふふっ、やぁっとわかってもらえたようだねぇ。佳菜ぁ。
そういうことぉ。君の大好きな信雄は、今では俺のアヤツリ人形さぁ。では、佳菜の唇のお味はと……」

「い、いやぁぁッ! ノブくん、しっかり。しっかり……むぐぅぅぅッッ?!」

月明かりの下、男の影が視界を遮った。
全体重を乗せながらわたしの抵抗を封じ込めると、ヌメヌメの舌を差し込んでくる。
必死でくちびるを閉じていたけど、もうダメ。
顔どうしを密着されて鼻が押しつぶされて、呼吸させてもらえないの。
苦しくてちょっとだけ口を開けたら、佳菜の舌がノブくんだった人の舌に絡みつかれちゃった。

「ちゅぷぅっ、ちゅばぁっ。佳菜のベロっておいしいぃ。ほらぁ、信雄の唾をたっぷりと入れてあげるぅ」

「んぐぅぅっ、むぅぅぅっ。ゆ、ゆるしてぇっ……川上……先輩……」

口の中が、ノブくんの唾液に占領されちゃう。
佳菜の舌の裏も表もノブくんの舌にスリスリされて、喉の奥へと追いやられちゃう。

わたしは虚しく抵抗した。
覆いかぶさる身体を両手で押し上げようとして、両足でノブくんの下半身を挟み込んで……
本当は、ひざ頭で男の人の急所を『エイッ!』って蹴り上げてやりたかった。
でも……でもね。できないよね、そんなこと。
大事なノブくんの身体だもんね。佳菜には無理だよ。

「ぷはぁっ。おいしかったよ、佳菜の唇。濃厚だねぇ。
ふふふっ、どうしたの? 顔を背けたりして。
さあ、もっと楽しもうよぉ。今夜は佳菜の記念の日になるんだからさ」

「イヤよッ! アナタとなんか絶対にイヤァッ!
ノブくん、起きてよ。正気を取り戻しててばぁッ!」

「くくっ、無駄だよ佳菜。信雄の身体は俺が支配しているんだよ。俺の思い通りに動くのさ。
君の行動しだいでノブくん、大変なことになるよぉ。
だって、このまま目の前のダムに飛び込むことだって簡単だしねぇ」

ガチャって音がして助手席のドアが開いた。
身体の上から重しが消えて、直接月明かりがわたしを照らす。

「ま、待ってっ、ノブ……い、いえ川上先輩……」

わたしは腕を伸ばしていた。
半身外に飛び出しているノブくんの腕を掴んでいた。

「わ、わたしが……相手……します。
だから先輩、ノブくんに何もしないで……お願い……します」

「ふふふふ、そうだよぉ。やっぱり素直な佳菜が一番似合ってるよぉ。
それじゃあ、こうしようかな。お互いに見せ合いっこしながら裸になろうよ。
それと、これからは俺のことを春彦って呼ぶこと。
もし、ノブくんなんて呼んだりしたら、そこのダムにダイブするからねぇ。いいね、佳菜」

「……はい。は、春彦」



目次へ  第3話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。