FC2ブログ

エッチな告白は花火の下で























(1)
 


ドボォーンッッ!

月明かりに照らし出された水面に、一筋の水しぶきが上がり、それは円形の波紋となって拡がっていく。

午前1時……
今、ひとりの男性が底深いダムに向かって身を投げた瞬間であった。

(暗い……苦しい……俺は……早まったのか?)

男は闇に染まる水の中をもがきながら沈んでいく。
やがてその闇が、あの世へと繋がっていることに気付いた時、男はひどく後悔した。
自分の浅はかさを悔いた。

(こんなことなら、せめてあの娘と……)

何度もそう思い。そう願い。
記憶と時間が渦を巻き融合した世界で、誰かが語りかけてきた。

『お主に地獄の門をくぐる覚悟あるならば、今一度現世に戻すほどに。
但し、戻るはお主が魂のみ。如何?』

肉体を朽ちさせながら男は応えていた。
この世に置いてきた、ただひとつの未練を果たすために……



「か、佳菜……ノブくんとなら……して……いいよ」

わたしは、ぶ厚い手を握り締めながら呟いていた。
胸をドクドクさせながら……
ちょっとだけ眩暈を感じながら……
土手に拡がる草むらを見つめて……半径10メートルに耳を澄ましている人がいないか黒目だけ走らせて……

打ち上がっては、バーンッって鳴る花火の大音量に紛れ込ませるつもりだった。
そのたびに湧き上がる大声援にかき消してもらうつもりだった。

なのに……
ノブくんは、ぎゅっと手を握り返してきた。
佳奈の呟きをOKしたよって……とっても嬉しいって……

こういうときだけ、男の子って神経過敏なのかな? 
それとも、小さな町の小さな花火大会なんかより、ずーっと佳菜の方が気になっていたのかな?

でもわたしは……佳菜は……ホントはまだまだ迷っているのに。
だからホントはホントは、スルーして欲しかったのに。

ノブくんを見上げたお空の上で、大きなお花が開くのを待って……わたしは……

「今から……しよ……」

お腹の下がジュンってなるのを気しながら呟いちゃった。
青く輝く月光とともに、水面に咲く花火を見つめながら。



「ねえ、ノブくん。どこまで行くの?」

「それはね……う~ん、秘密」

「もう、ノブくんの意地悪!」

ノブくんが運転する車は、町を離れて北へ北へとカーブの多い山道を上っていく。
ホントにどこへ連れて行ってくれるのかな?
これから先は大きな峠で、隣の町までは30キロくらいあるし、たぶん……たぶんだよ、ラブラブホテルとかもないと思うし……

わたしは免許取りたて初心者マーク付きの助手席で、大好きなノブくんを見つめた。
眉毛が太くて肩幅が広くて、学生時代のときよりも凛々しい感じがして……
でも、今夜ノブくん。ちょっと変だな。
今だって、佳奈の視線に全然気が付いていない。
真っすぐフロントガラスを見つめながら、ニヤニヤしているんだもん。

因みに、幼なじみだったわたしたちは、今年の春、同じ高校を卒業して地元にある同じ会社に就職した。
ノブくんは工場の現場で、わたしは事務員として。

本気で彼のことを好きになっちゃったのは、高校生になってからかな。
でもお互い、学生の間はクリーンでいようねって、なんとなく申し合わせていたら、それが社会人になってもズルズル続いちゃって、まだキスどまりなんだから。
もちろん、お肌の触れ合いなんて一度も……
友達のミヨリンなんか、もうとっくの昔にバージン捨てちゃったって、佳菜のことを子供扱いするし、マナリンなんか、高校を卒業と同時に結婚して現在妊娠3か月目だし……

だから佳菜もって、背伸びしてちょっと優柔不断のノブくんを誘ったつもりが、あっという間に急展開。
男の子って、なんでこうせっかちで単純なのかな?

「ちょっとノブくん、どこまで行くのよ。
さっきから対向車も来なくなったし、前を走っていた車もいなくなったじゃない。
ねえ、引き返そうよ。佳菜、なんだか怖い」

「もう。佳菜は臆病なんだから。もう少しだけ、もうちょっとだけ我慢してよ。
会社の先輩に、とってもいい所を紹介してもらったからさ」

「えっ! ノブくん、それってエッチを前提で……?
もう。男の人って会社の中でそんな話をしているんだ。信じらんな~い。なんだか不潔~っ」

「そりゃないだろ。僕だって、ここぞという時に備えて準備をしてだな。
佳菜をよろこばせようと思ってさ」

「佳菜をよろこばせるって……?
それって、喜ぶ? 悦ぶ? 心が? まさか身体ぁ? いやぁ、ノブくんのエッチぃっ♪」

わたしは、目を細めながら大げさに笑った。
ふたりの初エッチのために、ノブくんがちゃ~んと準備してくれてたのが嬉しくって。
ううん、それ以外に……というかこっちが本命で、誰かに覗かれているような気がして……

その間も、目的地に向かって車は走っていく。
カーブをクルクル回って、坂道をドンドン上って。
そして、峠の手前に横たわる黒々としたダムが見えてきた。
月明かりに照らしだされた鏡のような水面が、助手席の窓一面に拡がった頃。
無人の駐車場に吸い寄せられるように車は停まった。

これって……?! ただの休憩だよね。ねえノブくん?



目次へ  第2話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。