FC2ブログ

この身を捧げてでも……























(15)
 


「どうやら四巡、これまでのようだな。
どうだ。おとなしく我らにこの社を引き渡さぬか?」

真上から地響きのように鬼の声がする。
山門の上空を陣取った鬼の集団が、わたしたちを見下ろしている。
それと同時に、先陣を切った邪鬼たちの動きが止まる。

「ふっ、愚かなことを」

ふらつく足取りのまま、お父さんが空を見上げた。
その白銀の衣装は返り血に汚され、到る所を切り裂かれている。

「がははははッ、人の子の分際で愚かとな。言いよるわい。
このまま我らにひれ伏すなら、お主らの命だけは免じてやるものを……
まずは手始めに、この四百余年、我らを封じた封魔護持社を焼き尽くしてくれよう。いざ!」

赤髪の鬼が、あごをしゃくり合図を送る。
それに呼応して一列に並んだ鬼の頭が口を大きく拡げた。
鋭い牙の奥に渦巻く紅蓮の炎。それを一斉射撃するように、桧皮葺の大屋根に照準を合わせている。

全て焼き尽くす気なんだ。
お社も神楽が寝ている母屋も。

「待ってぇっ! 待って……ください」

そのとき、血を吐くような女性の声がした。
鬼たちの炎が口元から放出されようとしたその瞬間、胸まではだけさせられたお母さんが、お父さんの前に進み出ていた。

「お願いします。それだけは……火を掛けることだけはお許しください。
そのためなら私は……この涼風の杜の巫女である三鈴が、貴方様の申すことならなんなりと……如何様にもやらせてもらいます」

「み、三鈴っ! そなた、気でも触れたか?」

呆然とするお父さんにお母さんは哀しい目で応えていた。

「あなた、申し訳ありません。
ですが……涼風の杜の巫女として出来ることは、もうこれしか……」

そう呟くと、観鬼の手鏡をそっと地面に置いた。
身に着けている衣装を自ら脱ぎ去っていく。
授業参観のときでも神楽の自慢だった、きれいでスタイル抜群のお母さんが、あんな化け物たちの前に素肌を晒すなんて……
そんなことって……それもお社のため? 
違う! 部屋で寝込んでいるわたしのために……そんな……

シュル……シュルシュルシュル……ススッ……

白衣が地面に拡がり、緋袴の留め紐がスルスルと解かれる。
中から現れた白襦袢の腰紐も一息に引いた。

「ううっ、あなた、見ないでください……」

はらりと肌をすべる白い布。
残されたのは、女性の象徴を守るブラジャーとショーツだけ。

「がはははは、いいぞぉ。生娘でないのが惜しいが、これだけの美形。
どんな声で鳴くのか愉しみじゃのぉ。ぐふふふ、のぉ、羅刹」

「ったく、同意。だが、ただ犯すだけではお主も面白くあるまい。
ここはひとつ、趣向を変えてみてはと思うのだが?」

「ふん。羅刹、また良からぬことを思い付いたようだの。
ぐふふふ、好きにすればよかろう。俺様は頭を使うのが苦手じゃ。お主に任せた」

いつのまにか並んで座る2体の鬼を、胴体だけの物体が座布団のように敷き詰められて支えている。
その周囲を円周に囲む、上半身だけの鬼と下半身だけの鬼。

お父さんはというと、唇を血が滲むほど噛み締めたまま立ち尽くしている。
でも剣だけは手放していない。しっかりと握り締めたまま。

「どうした三鈴。早う残りの下穿きも取らんか?
そして、取り払ってこう言うのじゃ。『涼風の巫女の身体、どうぞご自由に』とな。
もちろんお主の道具を我らの目に触れさせること、忘れるでないぞ」

「ああ、はい。仰せのままに……」

震えるお母さんの指が背中に回る。
パチンとホックの外れる音を、わたしの心が聞いた。
緩んだカップを引き剥がした後で、豊かな乳房が波打つように揺れている。

(ケケケ……見ろよあの乳。しゃぶりつきてぇ)
(いや、餅みたいに捏ねてみてぇ)

ざわめく鬼たちの目線を浴びながら、お母さんの指が最後の一枚に掛る。
腰に両手を当てて一気に引き下ろして、まるで脱衣場にいるようにショーツを足首から抜いた。

(クククッ……艶っぽい太ももをしている)
(年の割には随分と慎ましい毛をしていやがる)
(いや、あれは剃っているんじゃねえのか? 風呂場で剃刀当ててよぉ。ケケケケ)

「おい、続きはどうした? 涼風の巫女はモノ覚えが悪い阿呆か。ググググ……」

立ち姿のまま両手で大切な処を隠すお母さんに、牛頭の鬼が次の行為を急かしてくる。
はやし立てるように取り巻く邪鬼たちも、禁句の単語を連呼する。

もういい! お母さん、もういいから!

わたしは耐えられなくなって、お母さんの前に立ち塞がっていた。
見えない透通る身体で残酷な鬼たちを睨みつけていた。

「神楽、あなただけは守る。どんなことがあっても守ってみせる」

それなのに……
まるでわたしが見えるかのように、お母さんは小さく小さく呟いた。
そして、わたしの方に笑い掛けると、そのまま空を見上げた。
上空に浮かぶ鬼をキッと睨んで、稟とした声で唇を開いていた。

「涼風の巫女の身体、どうぞご自由に」と……



目次へ  第16話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。