FC2ブログ

恍惚の薔薇 第8話


  
                                          


第8話



        二人の間に重苦しい空気が流れ、暫く沈黙が続いた。

        「加奈、幸せ?」

        理恵は、じっと加奈を見つめながら問いかけた。

        「あ、うん、、まあね……」

        加奈は、俯き加減で答えた。

        「そりゃ幸せだよね、准一と結婚できたんだから……」
        「……な、何言ってんの?理恵だって幸せでしょ?」

        「うん、8年前まではね……」

        二人の間に、重い空気が流れ、おもむろに理恵がつぶやいた。

        「あぁ~、でも嬉しかったな~!」
        「何が?」
        「だって准一、今でも私の事を愛してくれてるんだもん!」
        「えっ……?どういう意味?」
        「どういう意味って、今言ったでしょ、准一は私を愛してるのよ」
        「何それっ? 理恵っ!あなた正気!」
        「正気よ。だって昨夜、私と准一愛し合ったのよ」
        「……」
        「准一素敵だったわ!だから私も燃えちゃった!」
        「嘘よ!そんなの嘘だわ! 理恵っ!いったい何なの?ふざけないで!」
        「ははははははっ~~」
        「何がおかしいの?」
        「じゃあ、証拠聞かせてあげるわ!」

        理恵はバッグからボイスレコーダーを取り出しスイッチを入れた。

        音声-------------------------------------------------------------

        「准一~~、、どお~? 気持ちいい~~?」
        「あぁ、、いい、気持ちいいよぉ~~、、」
        「ど、どっちがいい~~?」
        「えっ~~? ど、どっちって~~?」
        「か、加奈のと、加奈のオマンコと~~?」
        「えっ~~?、あぁ、、理、理恵の方が、、いい、、」
        「も、もっと、もっとはっきり言って~~」
        「あ、うぅん、、理恵の、理恵のオ、オマンコの方が、いいよ~~」
        「准一~~~、嬉しい~~~、、あぁ~~~」
        「理恵、、理恵、、理恵、、はぁ、、はぁ、、はぁ、、」
        「准、准一~~、、わ、私、、も、もぉ~~ダメ~~、、」
        「僕も、、僕も、ダメ~~、う、う、う、、あっ!で、出るぅ~~」
        「出るぅ~? 出るのぉ~? 出してぇ~!」 
        「い、いくよ~~、、理恵~~、いくよ~~」
        「きて~~~、そ、そのまま出して~~~~~」
        「えっ?、、あっ、う~ん、あっ、あっ、あ~~~、いくぅ~~~、あぁ
        ぁぁ~~~~~」
        「私も、私もいくぅ~~~~~、あぁぁぁ~~~~~」

        -----------------------------------------------------------------

        蒼白になっていた加奈の顔面は、瞬く間に紅潮した。

        「ほらっ、私と准一でしょ、わかるでしょ?」
        「……」

        加奈の身体はガタガタ震えだした。

        「理恵っ!あなたこんな事してタダではすまないわよ!」
        「えっ?何言ってるの?准一を寝取ったのは誰なの?」
        「……」
        「准一は、あなたが妊娠したから責任を感じて結婚したのよ。本当は私
        を愛してたのに……」
        「私は准一と結婚してるのよ!私は准一の妻よ! 不貞行為であなたを
        訴えてやる!」
        「訴える?私を?ははははははっ~」
        「……」
        「訴えなさい!訴えても私からは何も取れないわよ」
        「慰謝料を請求するわ!」
        「請求しても無駄よ。私お金持ってないし…… 無いところからは取れ
        ないの。はははっ~」
        「事務所の先生に相談するわ!そして給料を差し押さえてやる!」
        「先生に? ははははははっ~~」
        「何がおかしいのよ!」
        「先生にバレたら准一クビになるわよ。私、先生の愛人なの。だから止
        めときなさい!」
        「愛人?」
        「ええ愛人よ!だから私の言う事は何でも聞いてくれるわ! だから准一
        をクビにするのは簡単よ。ははははははっ~~」
        「……」
        「家のローン、まだまだたくさん残ってるんでしょ?はははっ」
        「理恵、あなたって恐ろしい女ね!」

        加奈は息遣いが荒く唇が震えていた。

        「そうそう、さっきの音声だけどCDに全部録音しておいたわ! 一部
        始終、後からゆっくり聞いてね!」

        理恵はバッグからCDを取り出し加奈に投げつけた。



        翌日理恵は成田空港に向かう途中、フラワーショップに立ち寄った。

        「すみません。薔薇の花束を下さい」
        「贈り物ですか?」
        「はい、ここに届けて下さい」

        理恵は、篠田のマンションの住所が書かれたメモを渡した。

        「それからこれを添えて下さい」

        理恵が差し出したのは、1通の手紙だった。

        -----------------------------------------------------------------

        『先生、私の事は忘れて下さい。長い間お世話になりました。 理恵』

        -----------------------------------------------------------------

        1時間後、理恵は成田空港にいた。

        (さよなら、准一……)

        理恵は空港内のゴミ箱に、ボイスレコーダーを投げ捨てた。
        そしてハワイ行きのアナウンスが流れると、理恵は清々しい気分でタラ
        ップを登った。


        【恍惚の薔薇 完】




※ この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。



官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




目次へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。