FC2ブログ

性奴隷~白い快楽 INFORMATION






● 目次をクリックすればそのページへ飛びます




          第1話                   第8話
                   

          第2話                   第9話


          第3話                   第10話


          第4話                   第11話


          第5話                   第12話


          第6話                   第13話


          第7話                  




【第3話より抜粋】


        藍子は、初めて出会った男性に陵辱されながらも、まるでマネキンのよ
        うに動かなかった。
        じっと目を閉じ、亀山の卑猥な言動に逆らう事はなかった。

        (感じてはいけない……)

        藍子の脳裏には、この言葉だけが繰り返されていた。

        しかし女の身体というのは、時として意に反する事がある。

        「ほほう、、乳首が硬くなってきたぞ、、ほら、、」

        亀山の、軟体生物のようにうごめく舌先が、藍子の身体に変化を与えて
        いた。

        「気持ちいいだろう、、ほら、ほら、」

        亀山の舌先は、若い藍子の身体を容赦なく攻め続け、官能の泉へ導こう
        としていた。

        「我慢せんでもいいぞ、、感じなさい、、ほら、感じなさい、、」

        (感じてはいけない…… 感じては……)

        藍子は唇を噛み締めながら、じっと耐えていた。










真理子様が運営されているオリジナル官能小説と、様々なジャンルの投稿小説からなるサイトです。
女性ならではの視点で作成された、センス溢れるレイアウト。豊富な小説群。
美しくも妖しい官能ワールドの世界を、アナタもぜひご堪能あれ。



メインコンテンツへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。