FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロローグ 美少女有里























(一)


七月 十八日 金曜日 午後八時  早野 有里

 

        「ごちそうさん」

        「ありがとうございまーす。お気を付けて……」

        わたしは軽くお辞儀をした後、笑顔の魔法を掛ける。

        この人は、どうかな? ……あ、口許が緩んだ。
        どこかのキャッチフレーズじゃないけど、スマイルの効果は超抜群ね。
        これで、またひとりお得意様ゲット……かな。

        あとは食器を片づけてテーブルを拭いたら、今日のお仕事も終わりのは
        ず……うん?

        あれっ……? きみは誰よ。
        何も注文いていないところを見ると、お客さんじゃ……ないよね。
        それとも、他に用でもあるの?

        …… ……

        はっきりしない人ね。言いたい事があれば、ちゃんと言いなさい。

        …… ……

        はあ、しょうがない人ね……
        分かったわ……もう、話さなくていいから。

        ……その代わり……わたしの相談相手になってくれる?

        ……♪♪……

        ……えっ、なってくれるの? ……ありがとう。
        これで、きみとわたしはお友達。これから仲良くやっていきましょうね。

        ところで、今から始まる物語の主人公が誰なのか、きみ、知ってる……?

        ……えーっ、知らないのぉ? 
        なーんか、ショックだな。

        うーん、仕方ないわね。それじゃぁ、特別に教えてあげる。
        よぉーく、聞いててよ。

        夢と冒険に満ちた物語……じゃなくて、愛と涙があって、ちょっぴりエ
        ッチな物語の主人公。

        それは……?!

        …… ……

        ……早野有里、わたしのことだよ。
        ……どう、驚いた?

        そんなことじゃなくて、ちょっぴりエッチが気に入らないって……?

        それを、わたしに言われても……

        まあ、そんな些細なことは脇に置いといて……
        まずは自己紹介するね。

        名前は、早野有里。
        今年の春、某難関? 国立大学教育科に入学した18歳。
        そう、花の女子大生ってところ……ちょっと古いかな。

        家族は、父と母とわたしの3人家族。
        ただ、お父さんは病院に入院していて、家にはお母さんとわたしだけ。

        髪型は前髪を眉の上で切り揃えたポニーテール。
        これは高校に入学してから今まで変えたことのない、わたしのトレード
        マークみたいなもの。

        顔は……美人だと思う。ただし自称よ。
        周りの友達は、わたしのことを可愛いと表現するけど……どうかな?

        でも、わたしは気に入ってる。
        ちょっと大きめの勝気な瞳に、すじの通った鼻、それに薄い唇。
        そうそう、忘れていた。笑うとほっぺたに浮き上がるえくぼ。
        実は、これが一番のお気に入りだったり……

        身長は162センチ。体重は……教えてあげない。
        他に質問は……?

        えっ、スリーサイズ……?

        ごめんなさい。そういうのは、もっと親しくなってからの方がいいと思
        うの。
        お互い、今日が初対面なんだし……

        あっ、おじさんが呼んでいるから、また後でね。



        「そろそろ閉めようか。有里ちゃん、暖簾外してきて」

        わたしは少し間延びした返事をして、磨りガラスの戸を開けると表に出
        た。
        ぬるりとした生温かい風が肌にまとわりついてくる。

        いやだなーっ、この感触。

        こういう時はさっさと片付けようと、ちょっと背伸びしながら暖簾を取
        り外し、くるくるっと丸めて小脇に抱える。

        どう? なんか様になってるでしょ。

        ……でもこんなの、誰だって直ぐに出来るようになるわよ。

        「はぁー涼しい。ここは天国ね」

        わたしは空調の利いた店の中で生き返ったように両手を広げて、思いっ
        きり大げさに深呼吸した。
        もう外に出たくないって思うほど快適な空間。

        「ごくろうさん。後はおじさんが片付けるから、有里ちゃんはもうお帰
        り……」

        くつろぐわたしに気を回してくれたのか、おじさんからのありがたーい
        お言葉。

        えっ? この人誰って……?

        そう、焦らない。

        この方は、わたしの御主人様……ううん、違った。
        わたしをバイトで雇ってくれた、ありがたいこの店のオーナーさん。

        苗字は並木と言うんだけど……
        背が低いからかな、親しい人はネズミ親父とかチビ親父とか言っている。

        もちろんわたしは、そんな失礼な呼び方はしないわよ。
        単純におじさんとか並木のおじさん。
        間違ってもそこのチビなんて、心の中でも言ったことは……ない?

        でもね、そんなおじさんをわたしは尊敬しているんだ。
        奥さんを10年くらい前に亡くして周りから再婚を勧められたこともあ
        ったけど、俺の嫁は生涯ただひとりと言ったとか言わないとかで、今も
        ひとりで暮らしていて……
        涙もろくて頑固で、意地っ張りで、そのくせ人が良くて……
        商売をしているのに、自分が儲けることより周りのことばかり気にして
        いる。

        どう、わたしの気持ち分かるでしょ。
        それに、料理の腕は保証済み。
        確かに厨房の道具は古いし、テーブルの塗装も剥げかかっているけど、
        一度でもここの料理を食べた人はやみつきになること間違いなし。
        きっと近い将来、某ガイドブックで星が三つ並んでいると思うよ……多
        分ね。



        「コツコツ……」

        いつもより早めにバイトを終えたわたしは、ひとり家に向かって歩いて
        いた。
        まだ午後8時過ぎというのにシーンと静まりかえって猫の鳴き声もしな
        い通りに、足音だけが寂しく響いている。

        「お腹すいたな……」

        わたしはごまかすように独り言をつぶやいた。

        なぜかって? ちょっと怖いから。

        その理由は、この商店街のせいだと思う。
        まず、道路幅が狭いわね。
        車2台が交わすのに苦労するくらいだから……

        そのせいで、建物が両サイドから押し寄せて来る感じ。
        これって昼間は特に気にならないけど、日が暮れて暗くなると結構威圧
        感があって不気味なのよね。
        そして2番目が、俗に言うシャッター通りというやつ。
        道路を挟んで20軒ほどお店屋さんが並んではいるんだけど、その半分
        くらいは年中シャッターが降りている。

        わたしが子供の頃はもっと賑わっていて、お肉・お魚・お野菜、ついで
        に日用品も、みんなこの商店街で済ませていた。
        よくお母さんに連れられて夕ご飯の買い物をした覚えがあるけど、今で
        はこの有様……

        まあそんなことは、偉い人にまかせて早く帰ろう。

        わたしは、なにかに追い立てられるように歩くスピードを速めていた。
        そしてあの角を曲がればもうすぐ我が家、という所まで来て、黒い外車
        が道を塞ぐように停まっているのに気が付いた。

        あれ? あの車なにをしているんだろう……?

        この辺りは街灯が全然ないから、頼りになるのは家の明かりか月明かり
        くらい。
        当然、中に誰が乗っているのか全く分からないけど、こういうのってな
        んだか不気味……

        まさか通り掛った瞬間、突然ドアが開いて可憐な娘がアレ―ッて……こ
        とはないでしょうね。
        やだな。そう思っただけで歩く速度が急に遅くなってしまったじゃない。

        ここは慎重に……前を真っ直ぐに見て……

        そう、よそ見をせずに歩くのが一番かも。
        目の視野から黒い物体が消え去るまで我慢我慢。

        もう少し、後1メートル……

        心の中で実況中継しながら歩いたけど、結局何も起きなかった。

        ……なんか、拍子抜けって感じ。

        それよりも、緊張したせいで全身汗まみれ。
        これって冷え汗っていうやつ……?

        わたしは、角を曲がって車が見えなくなるのを確認すると、バッグから
        ハンカチを取り出して額や首筋に押し当てるようにして拭い始めた。
        そして、あたりをきょろきょろと見回してからシャツの襟首を掴んでパ
        タパタと……
        ついでに下の裾からもパタパタと……

        でも、やらないよりマシってくらいの効果かな。
        ここは早く家に帰ってシャワーを浴びるのが一番みたい。

        わたしはそう自分に言い聞かせると、もう汗が出るのもお構いなしに帰
        り道を急いだ。




                七月 十八日 金曜日 午後九時  


        「あれが早見有里。今回のターゲットの一人です。
        ……どうです。なかなかの美少女でしょ? ね、伯父さん」

        私はルームミラーに映る男性に声を掛けた。
        男は少女の消えた角を目で追い満足そうに頷くと、疲れているのか目を
        閉じた。

        少し癖のある髪を整髪剤で整え、上品な生地のスーツに袖を通した恰幅
        の良い紳士。
        これが傍目に見た評価かもしれない。

        事実、彼はこの街に本社を構える巨大金融会社の社長だ。
        たった一人で今の会社を起こし、わずか10年でこの地域を代表する企
        業に育てあげた経営センスには目を見張るものがある。

        今やこの街の行政・司法でさえ、この男には一目置かざるを得ない。
        当然、闇の住人達も……

        だが、私は知っている。
        ここまでのし上がる間に、裏で何が行われたのかを……

        欲しい物を手に入れるためなら、手段を選ばない残酷なまでのやり口。
        金・色・暴力、この男の前では法律さえ役には立たない。
        お陰で、これまでどれだけ多くの人が泣かされてきたか……
        確かに汚いと思うことも多々あるが、割り切ってしまえばこれが現実だ
        しこれが世の中かもしれない。

        そんな彼の元で、私もここまで幾度かこの両手を汚してきた。
        だが、これまでの自分生き方には悔いは無い。
        数少ない身内の一人として、また忠実な部下として、この男を支える今
        の仕事に不満もない。

        「……車を出してくれ」

        両目は閉じているが眠ってはいないようだ。

        私は行き先を確認せずに車を発進させた。
        ここまでの長い付き合いで、この男が何を考えどうしたいかぐらいは分
        かるつもりだ。

        それよりも、明日から忙しくなる。
        心はそれを期待と捉え、高まる鼓動が抑えられなくなっていた。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。