FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめく美少女は……縞パン?





















(2)
 


やがて、更に半月が経過し……
週一だった歩道橋通いが、今では3日に一度。この1週間は2日に一度のペースになってきている。

「……ったく、あんな男に何が分かるっていうんだ。
『このままでは君の座席はなくなるよ』だと……ふっ、面白い!
やれるもんだったら、やってみろってんだ。はっ」

面白くない昨日の出来事に俺は毒づいた。
2時間くらいの遅刻がなんだというのだ。
入社以来、馬車馬のように働いてきた俺に対する報償だと思えば、これくらいの我儘はどうってことない。
なぁ、そうだろう?

橋の下の住人に変装した俺は、臆病風を吹き飛ばそうと自分に問い掛けてみる。
その横を俺の存在など無視するかのように、乾いた靴音が通過する。

「ちっ、1時間粘ってキャバ嬢もどきの朝帰りひとりじゃな」

液晶画面に映るけばけばしいヒョウ柄のTバックパンティー。
ルックスは結構イケてたと思ったんだが……これは俺好みじゃねえよな。

基本、俺は同じ女をターゲットにすることはない。
そのつまらんポリシーのためか、自然と目ぼしい女の数は減っていくことになる。

でも、あと1時間ほど粘ってみれば……
俺は腕時計に目をやった。
午前9時。今朝も遅刻が確定する。

「旦那、もういい加減にしたらどうかね。
こう毎日の通い詰めじゃあ、お前さん。会社をクビにされちまうぜ。
そりゃあ、わしは有り難くお金を頂戴しているから構わないがね。
なにもその若さで、わしのような身分に転落することはなかろうによ」

「うるさいなぁ。重蔵さん、ほっといてくれよ」

重蔵さんはやれやれと首を横に振る。
とうとう、親身になってくれるこの人にまで毒づいてしまった。


そして、更に30分が経ち……
さすがに弱気になってきて、撤収を考えていたその時だった。

歩道橋に向かうひとりの女子学生が、俺の目にとまった。
違う、とまったというより釘付けにされていた。

可愛い! ちょっとやそっとではお目に掛れない天然物の美少女だ?!
それに……? それになんだ?!
いや、今はそれどころじゃない。

肩先に拡がる黒髪が、朝陽を浴びて反射する水面のように輝いている。
まるで日本人形のように整った目鼻立ち。
だが、冷たさは微塵も感じない。
そして、目立ち始めた胸のふくらみ。
その紺色の上着の胸ポケットには、有名私立校の校章。
今どきの女の子らしいミニスカートから伸びる、スラリとしたモデルのような素足。
それでいて、女の香りを漂わせる腰回り。

いいのか? こんな美少女がいて。
俺は向かってくる少女を目で追いながら、初恋の相手のように胸をときめかした。

絶対にミスれない! なにがなんでもこの美少女のスカートの中を見てやる!
この美少女のパンティーを覗いてやる!

耳を鉄の天井に当てるようにして、タイミングを計る。
やがて、階段を上る柔らかいクッションのような靴音が響いてきて、今までにない高鳴る鼓動を聞いた。

「1・2・3・4……」

指を震わせながらボタンを押した。
そのまま、靴音が何事もなく立ち去るのを祈るような気持で待ち続けた。

音が次第に遠のいていく。
俺は食い入るようにスマホを見つめた。
ギラついた中年の目で舐めまわしていた。

「と、撮れてる! それも……し、縞パン……?!」

ドーム状に拡がったスカートの裏地。
そこから、にょきっと伸びた健康的な太もも。
その付け根を覆うブルーとホワイトのストライプ柄の予想よりも幼げなパンティー。

おまけに恥ずかしい縦じわまで、こんなに鮮明に……
この下には、あの女の子の割れ目が、おま○こが……

思わず俺は立ち上がり、低い天井に頭をぶつけそうになった。
腹の底にあるモノをぶちまけてガッツポーズまでしようとした。
でも今はそれくらい興奮している。
誰にも教えたくない秘密の宝物を隠し持っている。そんな子供じみた不思議な感覚だった。

「旦那ぁ、傑作写真でも撮れやしたかい? そんなに嬉しそうな旦那の顔、初めて拝みましたぜ」

「あ、ああ……そうかい。はははっ、それじゃ、出社するよ」

「行ってらっしゃいましぃ……」

重蔵さんに見送られながら歩道橋を後にする。
この後待ち受ける、気に入らない上司の叱責も全然気にならない。
『基本、俺は同じ女をターゲットにすることはない』
そんなつまらないポリシーもクソクラエだ。
今はそういう気分だった。

警告 盗撮は犯罪です! 絶対に行わないでください!


目次へ  第3話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。