FC2ブログ

恍惚の薔薇 第2話


  
                                          


第2話



        この日も、いつものホテルで篠田と待ち合わせた。
        篠田は、早々とシャワーを済ませ、大きな目をギラギラ輝せながら栄養
        ドリンクを飲んでいた。

        「君も早くシャワーを浴びてきなさい」

        篠田は、65歳とは思えないほど性欲が旺盛だ。
        既に、篠田のガウンの股間は大きく膨らんでいた。
        理恵がシャワーを終えると、既に篠田はベッドの上で待っていた。
        理恵が寄り添うと、いつもの様にチュバチュバと音をたてながら、篠田
        は理恵の乳首を吸う。
        理恵の乳首は、たちまち硬くなった。

        「今度はマンコをしゃぶってやるからな」

        篠田の愛撫は、乳首から滑り落ちる様に、理恵の股間に向かった。

        「どれどれ」

        篠田は、理恵の股間を大きく開き、顕になった女陰を左右に押し広げ、
        厭らしい目つきで覗き込んだ。

        「う~む、いつ見てもいい眺めだ、ぐっひっひ~」

        篠田は、膣穴まで丸見えになっている理恵の陰部にしゃぶり付いた。

        「あっ、せ、先生……、、あっ、、あ~、、」

        篠田は、チュバチュバと音をたてながら、女陰を吸い続けた。
        そして理恵の口からは淫声が漏れ、ピンクの蜜壷から愛液が溢れ出た。

        「あぁ~、い、いい~、あ~~」

        篠田は、とめどなく溢れ出る理恵の愛液を、一滴も逃す事なく啜った。

        「そんなに気持ちいいか~! ならばここはどうだ、、ひひひ~」

        篠田の指は、陰毛を丁寧に掻き分け、亀裂の最上部を弄った。

        「ほ~ら、観音様が丸見えだぞ!」

        篠田の視線の先には、真珠のような陰核が存在していた。

        「は、恥ずかしい、せ、先生、恥ずかし~い」

        篠田は理恵が発する『恥ずかしい』という言葉を好んだ。
        行為の際、理恵はいつもこの言葉を口にした。

        「こんなに大きくしやがって! もっと大きくしてやる!」

        篠田はそう言いながら、理恵の顕になった陰核に舌先を這わせた。

        「あっ、、あ~ん、、せ、先生~、ダメ~、、」

        篠田は理恵の言葉など一切無視をして、舌先で弧を描き始めた。

        「あ~~ん、、そ、それダメ~~、、か、感じるぅ~~、、あ~~」
        「逝きたいか! よ~し、逝かせてやるわぃ!」

        篠田は、徐々に舌の動きを早めていった。

        「あ~~、ダメ、ダメ~~、い、逝くぅ~~、、あ~~~~~」

        理恵は、大きく口を開き身体を痙攣させた。

        「ふふ、今度は俺の番だ!」

        篠田は、意識が朦朧としている理恵の上半身を起こし、自らの下半身を
        理恵の顔に押し当てた。

        「ほら、しゃぶれ!」

        篠田の男根は、異常なサイズだ。優に20センチはある。
        理恵は、まるでロケット弾の様にいきり立った篠田の肉棒を口に含んだ。

        「ううぅ、、」

        理恵は、苦しそうな表情をしながらも、チュバッチュバと音を立てなが
        らしゃぶり続けた。

        「よしよし、もういい! うつ伏せになって尻を出せ!」

        理恵は、篠田のペニスから口を離し、うつ伏せになって尻を突き出した。

        「よ~し! 後ろからぶち込んでやる!」

        篠田は、自らの男根を手に取り、理恵の膣穴に焦点を合わせた。

        「それっ!」
        「はぁ~~ん!」

        篠田の巨根は、理恵の蜜壷に根元まで吸い込まれた。

        「あっ、、す、すご~い、、はぁ~~ん」

        篠田の肉棒は、厭らしい音を醸し出しながら、前後運動を開始した。

        「どうだ、気持ちいいだろ! ほらほら、もっと突いてやる! ほらっ!」

        篠田の巨根が、力強く出し入れされた。

        「あ~ん、、あ~ん、う~ん、、」

        理恵の愛液は異常な程溢れ出し、肉棒を伝って睾丸から滴り落ちていた。

        「それっ! それっ! それっ!」
        「あんっ! あんっ! あんっ!」

        理恵の子宮からは、瞬く間に絶頂感が込み上げてきた。

        「それっ! うぅ! うぅ、、」

        既に、篠田も限界だった。
        篠田の腰の動きが急に激しさを増し、後背位特有の打撃音が部屋中響き
        渡った。

        「い、いくぞっ! あ、あ、い、いくぞ~~!」
        「あっ、あっ、あ~~~」

        理恵は次の瞬間、子宮の奥が熱くなるのを感じた。




※ この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。



官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




目次へ  第3話へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。