FC2ブログ

屋外露出 初級 その2






















(26)


4月 11日 金曜日 午後11時15分   岡本 典子



♪♪……♪♪……

突然ポケットに入れてあるスマホが、軽快な着メロ音を流した。
私は慌てて摘み出すと素早く耳に押し当てる。

「もしもし……」

「よお典子……俺だ。ふふっ、指示通りの格好で突っ立っているところを見ると、プレゼントした服は気に入ってもらえたようだな」

「あ、ああぁっ……もう……許してよ! 私、恥ずかしくて死にそうなの!
さっきから通りがかった人みんなに、ジロジロ見られて……
もう、これ以上耐えられない!
それにこんな格好……もしも、誰か知っている人に見られでもしたら……
私は……典子は、もう生きてゆけない……」

ほっぺたを熱い滴が流れ落ちていく。
悔しくて、情けなくて……
でもそれ以上に、こんな恥辱から逃れたくて……
私は、鼓膜に響く残酷な男の声にすがるように訴えていた。
訴えながら、男の姿を必死で探し求めていた。

やっぱり、この人見ていたんだ!
下着さえ身に着けずにエッチな服装の私を、どこかに隠れて覗いていたんだ。

どこ? どこにいるの?

「ふふふっ、大げさなこと言うなよ。
顔はゆでダコみたいに真っ赤にしているが、内心ではまんざらでもないんだろう?
何といっても、ベランダから『典子は淫らで淫乱な人妻です。おち○○んが大好きな人妻です』……だからな。この露出狂が……!」

「ひどい……そんな言い方……
これは、あなたの命令だから仕方なくしているのに……
そんな……私は……露出狂なんかじゃないわ!
だから、は、早く私を……典子を解放して! お願い!」

「まあ、待ちなって。
そんな薄っぺらな生地の服でも、結構いい値段がしたからな。
……うーん……そうだな。
今から俺が、典子を材料にせんずり……ああ、オナニーをしてやる。
お前はその間、俺の命令通りのポーズでもしてもらおうか?
そして、俺が無事抜け終えればこの露出ごっこから解放してやる。
ふふふっ、いいアイデアだろう。なあ典子」

瞬間、スマホを取り落としそうになる。
私は河添の話声を遠い出来ごとのように聞いていた。

オナニーってなによ! 私を材料にって……?!
ううん、それ以上にポーズって……?
私、まだまだ恥ずかしいことしないといけないの?
もう充分でしょ。昔の恋人にこんな仕打ちをして、あなた満足でしょ?!
それなのにこんな羞恥地獄に耐えないといけないなんて……

「おい典子。ちゃんと聞いているのか? お前には迷う権利なんて最初からないんだからな。
あるのは、イエス、OK……それだけだ。
さあ、次のステージへと進んでもらおうか。
こっちはお前の痴態がよく見える所で鑑賞しているんだ。
言っておくが、ズルはなしだぜ。ははははっ」

私は、雑音の流れるスマホをすっと耳から離した。
そのまま真っ直ぐに横断歩道を見つめる。

冬の名残のような北風がビュゥって吹き付けてきて、私の周囲で渦を巻いた。
大きくはだけさせられたシャツのせいで、典子のおっぱいが寒さにブルブル震えてる。
足下では、前からも後ろからも風が上昇気流みたいに吹き上げて、薄くて軽いスカートが風に煽られる旗のようにパタパタとはためいている。

そんな姿で私は、おへその辺りに握りこぶしを押し付けたまま立ち続けていた。
『イヤァッ』とか『キャアァ』とか可愛らしく悲鳴を上げたいのに、それもグッと我慢した。

道路を走る車が、パァーンってクラクションを鳴らしていった。
暖房を入れているのに窓を全開にして徐行するドライバーと視線がぶつかった。

ショーツを着けさせてもらえない股間に冷気を感じて……
恥ずかしい処もお尻も、丸出しにしていることを実感させられて……

私自身も思い始めてた。
……典子って露出狂かも? 変態かも?

歩行者用信号が赤から青に変わった。
信号機に設置されたスピーカーから、昔懐かしい童謡が流れてくる。

私はその場に佇んだまま一歩も動かずに深呼吸する。
そして、大きくゆっくりと頷いた。
そのまま下をうつむいて、そこだけ濡れたアスファルトに視線を落として……
私にも聞こえない声で呟いていた。

「典子……いつになったら、渡れるのかな?」って……



目次へ  第27話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。