FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

典子の膣は誰のもの その2






















(21)


4月 8日 火曜日 午後7時40分   岡本 典子



パンッ、パンッ、パンッ……パンッ、パンッ、パンッ……!

「どうだ? バックで突かれるセックスは……?
野生的で気持ちいいだろう?
風に吹かれながらのセックスは、解放的で感じるだろう?
ほら典子も、もっと大声で喘いでみろ!
下の階の連中に、典子のよがり声を聞かせてやれ……こんな風にな!」

ズ二ュゥゥッ! ズ二ュッ、ズ二ュッ……ズ二ュズ二ュズ二ュ、ズ二ュゥゥゥッ!

「くぅぅぅっ、むぅぅぅっ……な、膣(なか)のお肉がぁ……だぁ、だめぇ……声……でちゃうぅぅっ!」

河添が腰を突き出す角度を変えた。
典子をさらに乱れさせようとして……
エッチな声を我慢する私を苛めたくて……

斜めから侵入した硬いモノに、膣の壁を深くえぐられた。
ものすごく感じちゃう入り口を責められた。

「いやぁぁ……いやぁぁぁぁっ」

私は、大きくひらきそうなくちびるを冷たいコンクリートに押し付けていた。
くちびるの形が歪むのも構わずに、上から押え付けていた。

もう、喉の手前まで甘い声でいっぱいになってる。
いやらしい典子のあそこが、気持ちいい声をどんどん上へと運び上げてくる。

パンッ、パンッ、パンッ、パンッ……!

「ほーおぅ、典子も意外とがんばるじゃないか。
でもなぁ、身体は正直に反応しているぞ。
ほら、聞こえるだろ? お前の耳にも……」

じゅちゅ、ぐちゅ、じゅちゅぅ、ぐちゅぅ……じゅちゅ、ぐちゅ、じゅちゅぅ、ぐちゅぅ……

「ああぁあんっ、いや……させないでぇ……はぁ、恥ずかしい音、聞かせないでぇっ……んんっ」

河添が腰を打つ角度をまた変えた。
硬いモノをぐるりと回して、私を感じさせて鳴かせた。
もっともっと膣の中に気持ちいい液を溢れさせて、お尻も太ももの裏もびしょびしょに濡らしていく。

私、夫以外のモノをまた受け入れちゃった。
それも言葉とは裏腹に、こんなにすんなりとたいした抵抗もしないで……
きっと、このままイカされちゃう。
聞きたくもないエッチな水の音をベランダに響かせながら、恥ずかしい声をあげさせられちゃう。

ぬちゅぅ、じゅちゅ、ぬちゅぅ、じゅちゅ……

「はぐぅ、お腹の中のものが引き抜かれちゃうぅっ! だめぇ、お、奥にぃ……当たっちゃうぅっ!」

背筋をビリビリって痛いくらいの電流が流れていく。
外は寒いのに、あそこの中が燃えそうなくらい熱いの。

耐え切れなくなって、私は頭をもたげていた。
噛み締めていたくちびるが半開きになって、気が付いたときには大きくひらいてた。

パンッ、パンッ、パンッ、パンッ……!

「くぅぅんんっ、ふあぁぁ……いやぁ、そんな……グリグリしないでぇ……典子、変になっちゃうぅぅ!」

もう我慢なんか出来っこない。
敏感な壁をこすられて削られて、奥の扉までノックされて……
あそこから噴き上がる気持ちいい波をはしたない声にして、私は叫んでた。

きっと聞こえちゃう。下の人にも、もっともっと下の人にまで……
でも、典子。やっぱり淫乱なのかな?
それでもいいよって思い始めてる。

「いい声でよがりだしたじゃないか。
え、気持ち良くて仕方ないんだろう。
ほら、もっとおま○こを突いてやるから、
『典子は淫らで淫乱な人妻です。おち○○んが大好きな人妻です』って、大きな声で言ってみな」

「んむぅぅっ、ああっ、いやぁ、言えません……そんなぁぁぁ、恥ずかしい……こと……はぁぁぁ」

私は、額に貼り付いた髪を振り解くように頭を左右に揺らせた。
鼻から甘い声を抜かせているのに。
腰を淫らにくねらせているのに。
もう充分に淫乱な典子になりきっているのに。

まだ残っていたみたい。典子の羞恥心が……
大きくひらいてた口が、喉の手前まで出かかっている言葉を必死で押し留めている。

「ああぁぁっ、んふぅっ、いや、いや、はあっ」

甲高い肉を打つ音が催促するように大きくなってる。
溶けそうなエッチな割れ目に、ズボズボって硬い肉の棒が打ち込まれていく。

膣のなかで暴れる河添のモノが訊いてきた。
いつまでやせ我慢してるの? って……
お外でおま○こをひらいているような女が、恥じらう必要なんてないでしょ? って……

それを証明するように、太ももをひざ裏を、お洩らししたようにエッチなお水が垂れていく。
今すぐにでも絶頂しそうな快感に、背中が大きく震えて反らされてた。
それを見た打算的な私が、哀しい決断を促してくる。



目次へ  第22話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。