FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐緒梨を守れるのは……? 























(14)


12月 24日 日曜日 午後8時25分   野村 春樹



♪♪……♪♪……

突然、携帯が鳴き出した。

ロングスカートとブラジャーを身に着けた佐緒梨が、携帯を耳にあてながら何度もうなづいている。

「……うん……うん……わかった」

携帯をポケットにしまった佐緒梨の顔に険しさが増した。
その表情のまま、取り残された僕の服を手早くかき集めた。

「春樹君。早く服を着て!
あの人が……あの男がこのアパートに向かってるって……!
今、お義母さんが……」

同時に、ギギーッって鳴いてドアがひらいた。
中に入って来たのは、さっきの女の人。
たぶん、この人が佐緒梨のお母さん? だと思う。

そして、もうひとり……
背の高い白い影が外の通路に立っている。

「坊や、すまないねぇ。
まだ30分経っていないんだけど、ちよっとばかし予定が狂っちまってねぇ。
……で、時間がないから手短に話すよ。
佐緒梨はね、今夜から怖ーいおじさんの女になることになっているんだよ。
わかるかい? その意味が?
そうさ、その男の性のお人形にされちまうのさ。
これからは、朝から晩までその男に、身体を玩具にされる。好きなときに好きなように、あの男に犯される……」

「お、お義母さん! もういい。
そんな話、春樹君にはしないで!
わたしは……覚悟を決めてるから……」

「ふふふ、覚悟ねぇ……
佐緒梨、勘違いするんじゃないよ。
あたしはねぇ、明日から新しい仕事を始めることにしたのさ。
外にいる男と一緒にねぇ。
その時には、佐緒梨……あんたが足手まといになるんだよ」

「足手まとい……?」

「そうさ。だいいち、血も繋がっていない、籍も入れていないあんたの面倒を、これ以上みるなんてあたしは真っ平ごめんだね。
だからと言って、未だに自分の立場もわかっていない住田に、あっさりとあんたを差し出すのも癪だしね。
……そこでだい。坊や。
お前さんに訊くけど、佐緒梨の身体は気に入ってもらえたかい?」

取り敢えず下着だけを身に着けた僕に、その人は視線を向けた。
口調は刺々しくて険しいのに、目だけでそっと笑い掛けて……

「……はい!」

僕は、力を込めてはっきりと答えた。
ついでに、大きくうなづいてみせた。

「そうかい。……なら、決まりだね。はははは……」

その人は大声で笑った。
涙混じりの声で僕と佐緒梨の顔を交互に見比べながら、お腹の底から辛いモノを全部吐き出しているように、僕には思えた。

涙が溢れてくる。
なんだろう?

あまりにも話が突拍子すぎて……
まるで見たこともない映画の世界に放り込まれたみたいで……
自分の一生を決めるターニングポイントが、前触れもなく突きつけられて……

でも、勇気も希望も溢れてくる。
なんでだろう?

優柔不断で頼りない僕だけど……
今まで、嫌なことや辛いことから頭を抱えて逃げ回っていた僕だけど……

僕と同じように涙ぐむ佐緒梨を見て、僕の身体の下で僕の全てを受け入れてくれた佐緒梨を、愛おしくて、命を賭けてでも守るべき人だと確信して……

そうしたら、下着姿のまま通路に飛び出していた。
部屋の中から佐緒梨の悲鳴に似た声が聞こえたけど、そんなの無視して、白いスーツの男の前にパンツとランニングシャツの姿で立っていた。

とっても怖いけど……
でも、とっても怖いおじさんから佐緒梨を守ろうとして……

やがて、キィーッって、荒っぽく車が停まる音がして、カタカタとだらしない靴音がアパートの外階段に響いて……

身体中が恐怖と緊張で凍りついて、奥歯がカチカチ鳴った。
冷たい北風に吹かれて、今頃になって自分の惨めな姿に後悔した。

パンチパーマの頭が揺れながら見えてきた。
浅黒い肌と細くて射すような両目が空威張りする僕を見据えたその瞬間?!

誰かが僕を引っ張った。
白いスーツに身を固めた背中が、僕の前に立ち塞がっていた。

「よぉ、須藤のババァ。これは何の真似だぁ?!」

「あらぁ、住田さん。あいにくだったわねぇ。
あたしねぇ。今日からこの人と新しいビジネスを始めるの。
だからぁ、もう、あなたの言いなりにはならないわよぉ。
ふふふっ、サリーもね……♪♪」

「なんだとぉ! このあまぁッ! 舐めやがって!」

男の声が殺気だっている。
メガネの奥にある視線が、佐緒梨のお母さんを睨んで、白スーツの男を見て、僕の全身をジロって眺めて、佐緒梨をいやらしい目で見つめた。

「どうしたのさ? ショックで動けないのかい。
この街を仕切ってた割には、案外だらしないんだねぇ」

「くッ、言わせておけば、いい気になりやがってぇッ!
ぶっ殺してやるッ!!」

男が動いた!
叫ぶと同時に、2メートルくらいあった間合いが一気に縮まってくる。

「退けぇッ! 邪魔だぁッ!」

男は、立ち塞がる背の高い人を無視した。
一直線に、僕? 違う!
僕の腕を掴んだままの佐緒梨のお母さんに飛び掛かってきた。

「ひぃぃぃっっっ!!」

スーツが裂けそうなくらい勢いよく振りかざした拳に、僕は女の子みたいに悲鳴を上げた。
それは真っ直ぐにおばさんの顔めがけて打ち込まれていく。

バシッ! 

「なッ! なにッ?!」

鋭いパンチを、白スーツの男の左手が払いのけていた。
同時に、素早く身体をひねると、住田の鳩尾(みぞおち)深くに右手の拳をめり込ませた。

ドスッ!!

「うッ! うっグッぅぅっ!!」

まるで風。
一瞬のまばたきの間の出来事……

住田の身体が『く』の字に折れ曲がっている。
足元をふらつかせながら、胃液の混じった唾液を吐き出した。

強い! たった一発でこんな怖い人を倒してしまうなんて……

でも、それを見届けた途端、僕の腰から力が抜けていく。
目線がずるって下がって、「危ない」って言って佐緒梨が支えてくれた。
隣では、佐緒梨のお母さんが、やれやれって顔で溜息を吐いている。

「うっ、うう……だ、誰だぁ……てめぇ……」

「ふーん。私のことをご存じないとは……
では改めて。
副島と申します。建刃会の住田様」

「そ、副島ッ?! 時田の……」

ハスキー声で話しかける男の氷のような冷たい表情。
凍りつかせそうな視線。

それを見上げた住田の顔から戦意が喪失していく。
見る間に青ざめていく。

「ええ、そうです。
あなたの親分さんから、そっくりこの縄張りをいただいた時田グループの副島です。
以降、お見知り置きを……
……というより、覚えてもらう必要もありませんかぁ。
おそらく、あなたにはハッピーなクリスマスがやって来ないでしょうから。
ククククッ……神に見放されたあなたにはね……」

「た、頼むっ! 消さないでくれ……俺はまだ……」

「ククククッ……死にたくはないですかぁ?
だったら、さっさとこの街を離れることです。
そして、2度とその顔を見せないことです。
親分さんの顔に泥を塗ったその面をね……」

住田は、おぼつかない足取りで帰って行った。
もう、ここへは2度と来ない。
素人の僕にもそんな気がしていた。



目次へ  第15話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。