FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の恋人は……佐緒梨? サリー? その2























(13)


12月 24日 日曜日 午後8時15分   野村 春樹



顔を上げた僕の視線が佐緒梨とぶつかった。
潤んだ瞳と首筋まで真っ赤に染めた彼女が、コクンってうなづいた。

挟み込んでいた太ももが左右にひらかれる。
肩に触れていた両手が、ずり落ちるようにして僕の手首を握り締めてきた。

佐緒梨とセックス……!!
そうだ、僕は彼女とひとつになるんだ!

心臓が暴発しそうになって、額からぼたぼたと汗が振り落ちて、それが白い肌を濡らせて……
僕は、カチカチのおち○○んに右手を添えると入り口を探した。

無防備にひらかれた女の子のあそこを覗いてみたいという、願望を封じ込めて……
羞恥色に染まった佐緒梨を見ていると、とてもそんな行動を起こせなくて……

熱くなった肉の挟間に先端を押し付けた。
知識がないまま、何度も跳ねかえされながら、割れ目の奥にある膣に挿入しようとした。

くちゅ、くちゅ、ぐちゅ……

「あんぅぅっ……もうちょっと上……あっ、あぁぁ、そこ違っ……ううん、行き過ぎだよ」

「はあ、う、うぅ。こ、ここ? はあっ!」

ズズッ……

「あぁぁ、そう、そこぉっ……はるき! 挿れてぇっ! 一気にぃっ! んくぅっ、ふぁぁぁっ」

ズズッ、ズズズッ、ズリュゥゥッ!

僕は、言われるままに腰を突き出した。

「う、ううぅっ。熱い! 佐緒梨の膣(なか)、狭くて熱いよ」

「んあっ! あっ、ああぁ、わたしもぉ……感じるぅっ、はるきの熱いモノ、感じてるよぉっ! はあぁぁんんっ」

僕の下で、佐緒梨が笑った。
白い歯を覗かせて笑顔を見せてくれた。

顔をくしゃくしゃにして、ほっぺたまで涙で濡らせて……

生まれて初めての女の人の膣(なか)。
太ももと太ももが密着して、恥ずかしい下の毛どおしが絡み合って、それに、にゅるってしてて、やっぱり火傷しそうなくらい熱くて……
柔らかいお肉の壁が僕の硬いモノを包み込んでいる。
幸せな安堵感に心が満たされていく。

「さ、さあ……動いて……
あ、あぁ、春樹のしたいように……していいから……」

「それじゃ、佐緒梨。いくよ……う、うぁ……」

ずりゅッ、じゅちゅ、ずりゅッ、じゅちゅ……

腰を上下に動かした。
彼女と身体を重ねたまま、お尻を持ち上げるようにしておち○○んを引き抜いて突き刺した。

「はぅっ、はぁぁぁっ……春樹の硬いのが……入ってくるぅっ……あぁぁんっ」

とってもぎこちないのに……
おまけに、僕のほうが気持ち良すぎて、ついつい体重を乗せちゃうのに……

佐緒梨が気持ちよさそうな声を上げた。
細いあごを上向かせて、白いのどを仰け反らせて、下手くそな腰使いに感じようとしている。

「あぁ、ああぁっ……春樹ぃ、もっと……もっとメチャクチャにぃっ! あふぅっ、はあ、忘れさせてぇっ!」

佐緒梨の指が、手のひらの下に滑り込んでくる。
床の上で手のひらと手のひらが重なり合って、指どおしが固く固く握り合わされている。

ずりゅッ、にゅちゅ、ずりゅッ、にゅちゅ……

「はあ、はぁ……佐緒梨ぃっ! さおりぃっ! 大好きだぁっ! きみのこと……うぅっ……大好きだよ!」

「んぅっ、んん……わたしも、佐緒梨もぉっ! はるきのこと……好き! 大好きだよ!」

僕は腰の上げ下げを加速させた。
弾けそうなおち○○んを『もう少しだけ』って、なだめながら熱くて蕩けそうな肉の挟間に突き入れた。

堅くて冷たい床の上なのに、僕の体重まで支えてくれる佐緒梨が愛おしくて……
下手くそな僕のセックスに、一生懸命感じてくれる佐緒梨といつまでもこうしていたくて……
心から気持ちよくなって欲しくて……
もっともっと乱れてエッチな表情が見たくて……

「い、いいよぉ。春樹ぃ、上手だよぉっ! 春樹の……お、おち○○ん、気持ちいいよぉ」

恥ずかしい処どおしが激しくぶつかった。
僕のおち○○んが佐緒梨の感じる蜜を割れ目の外まで掻き出していく。

太ももがひっつくたびに『ぴちゃっ、ぴちゃっ』って音がして……
おへそが擦れ合うたびにヌルヌルして……

「はあ、ううっ……さ、佐緒梨の……お、おま○こも、気持ちイイッ!」

理性の吹き飛んだ頭の中にいるのは、佐緒梨だけ。
小さな鼻から懸命に息を吸い込んで、ピンク色のくちびるから甘い息を甘い声で泣く佐緒梨だけ。

「春樹ぃ……出してぇ……はぁぁ、膣(なか)に思いっきり出してぇっ! んんっ、ちゅぷっ、んちゅぅぅ……」

僕は、くちびるに吸いついた。
佐緒梨も舌を伸ばして、僕の舌を舐めてくれた。

舌と舌がひとつになって、重ね合わせた手のひらを強く強く握りしめて……

佐緒梨が腰を持ち上げた。
僕のおち○○んがもっともっと深く挿入されるように、打ち込むタイミングに合わせてくれた。

「ふぁぁっ、んんっ、深いぃっ、春樹のおち○○んが……佐緒梨の子宮に……ひぁぁぁぁんん」

「うあっ、もう……我慢できない! いくよ!」

「うん、いいよぉっ! 佐緒梨の膣(なか)に射精してぇっ!……子宮に吹きかけてぇっ!」

柔らかいお肉が、おち○○んをギューゥって締め付けた。
引き抜こうとする亀頭を、包み込んだ肉の壁が襞が刺激した。

同時に、オナニーとは全然違う電気がお腹を胸を切ないものと一緒に流れて……
僕は、なにかを叫びながら思いっきり深く強く挿入した。

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅぅぅぅぅっっっ、ドク、ドク、ドクッ……!

「はぁっ、くうぅっ! 佐緒梨っ! さおり……」

「はあっ、くぅぅっ……熱いぃ! 春樹の熱いのがぁっ……佐緒梨の膣(なか)にぃっ……うれしい……」

ゾクゾクって背中が震えた。
お腹の中が……内臓が……全部消滅して、ちょっと空しい開放感だけが漂っている。

佐緒梨が泣いている。
汗にまみれたおでこに乱れた髪をひっつけて、鼻をすすって涙を流している。

僕も、肌を密着させたまま泣いていた。
しょんぼりとしたおち○○んを熱く火照った割れ目に沈めたまま、声を殺して泣いた。

心臓と心臓が重なって、どっちの音かごちゃ混ぜの激しくてやるせない鼓動。
それを聞きながら、いつまでもそうしていたかった。
ベッドも布団もない堅くて冷たい床の上だけど、普通の恋人のように抱き合っていたかった。

それなのに……

「うぅっ、ぐすっ……ありがとう、春樹。
……あなたとのセックス……うっく……佐緒梨の一生の思い出にするね」

佐緒梨は、握り合っていた手を振り解いていた。
そっと僕の両肩を持ち上げると白い裸体を横に滑らせた。

「どうしたんだよ? 何、言ってるんだよ?!
僕はまだ……佐緒梨と一緒に……」

「……残念だけど、もう時間なの。
春樹……ううん、お客様。今夜はサリーのスペシャルメニューをご利用いただきありがとうございます」

佐緒梨は、僕に向かって丁寧にお辞儀をした。
まるでホテルのフロントの人のように、作られた笑みを浮かべて……
僕の下で見せた恋人の顔を消し去って……

「……どうして?」

見上げる僕に佐緒梨は背中を向けた。
前屈みになって、脱ぎ散らしたスカートに片手を伸ばした。

肩甲骨の辺りが真っ赤になっている。
腰骨の付近も左右に膨らんだお尻も、僕が動いて床にこすられて、痛々しいくらいに真っ白な肌が真っ赤に染まっている。

そして、さらに前屈みになった。
見られるのも構わずに、お尻とその下にある真っ赤な挟間を僕の前に突き出した。

太ももの裏側を白い液体が垂れ落ちていく。
まだひらき気味の割れ目から、僕と佐緒梨の体液がつつーって流れ落ちていく。



目次へ  第14話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。