FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い男























(11)


12月 24日 日曜日 午後7時30分   野村 春樹



「あ、雪だ……」

僕は、空を見上げた。

真っ黒な空間から降ってくる真っ白で冷たい粉粒が、手のひらに触れては水玉に変化する。

「今夜は積もるかしらぁ?
そうしたら、ふふっ、ホワイトクリスマスだよねぇ……」

どこからか、舌足らずな声が聞こえた。
立ち止まった僕の横を、お酒の匂いをまとわり付かせたカップルが通り過ぎていく。

「確か、この辺りのはずなんだけど……」

僕はメモ用紙に書かれた住所をもう一度読み直すと、周囲を見回した。

目がチカチカしそうな派手なネオンに、大音量で流れるクリスマスソング。
客を呼び込もうと必死の店員と、喧嘩かなって思うくらい大声で叫んでいる酔っ払いのおじさん。
目の端でしっかりとチェックしてしまうアダルトなお店。
そして、チラチラと見掛けるちょっと目付きの怖いお兄さんたち。

やっぱり、昼間とは雰囲気が全然違う。
歩いている人も空気だって、別の世界みたいに……

「本当にこんな所にいるのかな?」

人の波が途切れた交差点で、もう一度空を見上げた。
そうしたら、いつもの優柔不断な僕が話しかけてくる。

友人から缶ジュース1本で仕入れた情報なんて、所詮こんなもの。
さっさとお家に帰って、クリスマスケーキをパクついている方が春樹らしいって……

「やだぁ……こんな所ではダーメ♪
ね。続きはホテルで……」

電柱の影からうらやましい……違った、いやらしい女の人の声が聞こえた。

「……やっぱり、帰ろうかな?」

ぽつりと呟き、完全に足が止まった。
そして、渡ったばかりの横断歩道で回れ右をする。
くちびるを噛み締めて、ポケットに突っ込んだ手のひらで拳を作りながら歩き始めた。

いつのまにか、大粒に変わった雪が目の中に飛び込んでくる。
ぼやけて滲んだ居酒屋の看板が、真っ赤に輝く塊となって僕の横を過ぎ去っていく。

早足で歩いていた。
走っていた。

ローソクの明かりが灯ったケーキを思い浮かべて……
たったひとりで食べる、味気ないケーキを想像して……

「はあ……はぁ……はあぁ……」

信号が赤に変わり、僕の足が自然に止まった。

まだまだ降り続く雪の中ように膨らむ歩行者の群れ。
その真ん中で、守られるように佇んでいる僕がいる。
独りで立っていられない僕がいる。

やがて信号が青に変わり群れが動き始めたとき、視界の端で白い影が動いた。
思わず立ち止まった視線の先で、真っ白なスーツに身を包んだ長身の男が細い路地へと入っていく。

ドクッ、ドクッ、ドクッ……!

なんだろう? この気持ち……?

運動したのと全然違う意味で、心臓が高鳴っている。

僕は、引き込まれるようにその男を追い掛けていた。
まるで北風と戯れるようにして歩くその男に魅了されて……

細くて入り組んだ路地を歩いていく。
ここがどこなのかなんて、もうわからない。

いつのまにか、男の白い背中も消えている。
でも、何かに誘われるように歩いている。

そして、2度3度、角を曲がった突き当たりで立ち止まった。

目の前に立塞がる古びたアパートと、入り口付近で所在なげに佇む女性の姿を目にして……
当たったことのない僕の勘が、探し物はここだよって、耳打ちしてくれて……

「あのぉ……この辺りに、二宮さんって方、住んでいませんか?」
二宮佐緒梨というんですけど……」

「ああ、いるよ。このボロアパートの2階にね」

思い切って訊いた僕の問いに、女の人は沈んだ声で答えてくれた。
低くて暗くて聞き取りにくい声。

でも、確かに今いるって……!

僕は、その人に頭を下げると、急いで錆付いた階段へ向かおうとした。

「待ちな……!」

「えっ?!」

「坊や、カネは持っているのかい?」

「か、カネって……お金のことですか?」

「ああ、そうだよ。
こっちも商売だからね。
ただで、サリーに会わせる訳にはいかないよ。
……さあ、いくら持っているんだい!」

その人は、靴先から頭の頂上まで目線を走らせると、僕の目を見て言った。
さっきまで寂しそうにしていたのに表情が一変している。
伏せ目がちだった瞳が細い眉毛と一緒に上へと吊り上って、整った顔が無理矢理に歪まされている。

でも、訳がわからない。
おカネ? それよりも、サリーって誰?
この人は、誰なの?

「よ、4千円くらい……」

「ふっ。坊や、それじゃぁ無理だね。
うちは、最低5千円からなんだよ」

財布の中身を見せた僕を見て、その人は小さく舌打ちした。
でも、視線は外してくれない。
じっと僕の目を……その奥まで貫き通すような鋭い眼差しを注ぎ込んでくる。

「……坊や。あんた佐緒梨を……いや。
……ほ、ほらぁ、他になんかないのかい?!」

「ちょ、ちょっと?!
なにするんですか? やめてください……」

指がジャンパーのポケットをかき回して、ズボンのポケットまでまさぐっている。
そうして、ちょっとしわのついた2枚の紙切れをつまみ上げていた。
もうすぐ期限が切れるチケットを……

「ふーん……
これは、代金の代わりにもらっておいてやるよ。
……いいだろ。付いてきな」

その人は、唖然とする僕を尻目にさっさと階段を上がり始めた。

「なにしてるんだい。坊や。
サリーに会いに来たんだろ?」

「は、はい……」

2階の通路から声がして、僕は駆け上がっていった。

心臓が破裂しそうで息苦しくて……
これって夢かな?
そうだよね。こんな変な話。現実であるわけないじゃないか。

夢……きっと夢……
怖いけど、ものすごく不安だけど……

でも、このまま起こさないで欲しい。
もう少しだけこの世界を彷徨いたいから……
あの子に会うまでは……



目次へ  第12話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。