FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ赤な砂時計 その2























(2)


12月 18日 火曜日 午後8時20分   二宮 佐緒梨



擦り傷が目に付くフローリングの上で、真っ赤な砂がサラサラと落ちていく。

でも、お仕事はまだ始まったばかり。
まだ、円柱のガラスの底が赤く染まっているだけ。

「はあ、はあ、はあ……
スカートの中って、息苦しいくらいむっとしているんだね。
メガネが曇っちゃいそうだよ。
でも……?!
すぅーっ……はぁーっ……すぅーっ……はぁーっ……
はあぁー……いい匂いだ。
これが、サリーちゃんの、女の子の香りなんだ……」

「だめ。そんなに鼻を鳴らさないでください。
サリー、恥ずかしいです。
……それよりも、お客様。
み、見えますか? わたしのあそこ……
サリーね。お客様のために、パ、パンティーを穿いていないんですよ」

足元から聞こえてくる、くぐもった声と喉を震わせたような呼吸の音。
鼻に抜けたような上ずった声をあげながら、床の上であぐらを掻いたおじさんが、上半身だけをロングスカートの中にすっぽりと隠している。

わたしは、部屋の真ん中でおなかに力を入れて立ち続けていた。
まるで土俵に上がったお相撲さんのように、両足を大きくひらいて腰を落として、次第に荒くなっていく呼吸をなだめるように、両手をおへその上にあてがっている。

いつのまにか、顔からお仕事用の笑顔が消えちゃった。
代わりにあるのは、眉間に深い縦じわを刻んでギュッと口を真一文字に結んだ、サリーじゃない佐緒梨の本心。

でも大丈夫。
誰も見ていないから。
お義母さんだって、お客様のおじさんだって……

「ああ、見える!
サリーちゃんの割れ目が、ライトの明かりで……よぉーく見えているよ。
サリーちゃんのおま○こが、丸見えだ」

「……うぅっ、ど、どうですか?
サリーのあそこ、きれいですか?」

「ああ、きれいだよ。
まるで、男を知らない処女のおま○このようだ。
はあ、はあ……ふふっ。でもこうして見ると、ライトの加減かな?
サリーちゃんの割れ目のスリット、かなり深く切れ込んでいるんだね。
それに、ほら……大股びらきしているから、赤いお肉が中まで覗いちゃってるよ。
くふふっ、女子高生なのに、ここだけはもう大人なんだね」

「い、いやぁん。そんな言い方……
サリー、恥ずかしい……」

無数に折りたたまれたギャザーが、いっぱいにまで引き伸ばされて、下腹部が妊婦さんのように膨らんでいる。
厚手の生地で作られたスカートの表面が、まるで別の生き物のようにもぞもぞと動いている。

わたしは天井を見上げた。
零れ落ちそうになる涙をまぶたの縁に押しとどめようとした。

褒めてはけなすおじさんの言葉に、佐緒梨の女の子が泣いて……
こんな言葉くらい慣れないと、お義母さんに折檻されるのに、やっぱり悲しくて……

この部屋へ入って来た時って、わたしを見て持っていたカバンを落としそうになっていたのに……
わたしとふたりきりになった時だって、生唾を飲み込んで緊張をごまかそうとしてたのに……

なのに……なぜ?
なぜ男の人って、こんなにエッチな人に変身できちゃうの?
なぜ女の子を恥ずかしがらせて、興奮しちゃうの?

「はあ、はあ。こんなにそそられるプレイがあったなんて……
ほら、じっとして! 動かないで!
おじさんが、サリーちゃんのおま○こを、もっともっと観察してあげるからね。
ふふふ、大丈夫。おじさんに任せておきなさい」

「で、でもぉ。
うっぅぅっ、気持ち悪……ううん、く、くすぐったいよぉ」

中に潜り込んでいる頭が動くたびに、おへそにあてた手首をお互いに強く握り締めあわせた。
おじさんの興奮した熱い息が、ショーツを穿かせてもらえない佐緒梨のあそこに吹きかけられるたびに、血が滲むくらいくちびるを噛み締めていた。

恥ずかしいよ!
こんなの嫌! 絶対にイヤ!
パンツを穿いていない大切な処を下から覗かれて、ふーってされて、くすぐったいなんて……
本心じゃない可愛らしい声で、おじさんを騙しているなんて……

「さあ、今度は、クリちゃんはどこかな?
女子高生の感じるお豆ちゃんは、もっと上かな?」

「あ、あぁっ、恥ずかしい。
サリーのクリトリス、見ないでぇ。見ないでよぉ」

でもわたしは、甘い声を真顔でささやいていた。
顔をしかめたまま、おじさんが悦ぶエッチが好きな女の子をくちびるだけで演じていた。

演じながら、天井にあった視線を床に落としてみる。
うごめくスカートから目を逸らすようにして、砂時計を見つめた。

案の定、後悔した。

おじさんにとって、あっという間の5分。
サリーにとって、地獄の5分。

そして、いよいよ後半戦。
わたしは、マニュアルどおりにささやいた。

「おじ様に覗かれっぱなしで、サリーのあそこ、変な気分になってきちゃった。
だからお願い。
舐め舐めしてぇ♪♪
サリーの恥ずかしい割れ目に舌を差し込んで、気持ちよくしてぇ♪♪」

でも、ほんのちょっと本気だったりして……



目次へ  第3話へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。