FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ赤な砂時計 その1























(1)


12月 18日 火曜日 午後8時   二宮 佐緒梨



わたしは何もない部屋の壁に寄り掛かっていた。
本当に何もない部屋……

机もベッドも椅子さえもない。
窓はあるけれど、開けたって汚れたビルの背中が見えるだけ……

それに今は夜だから、外は真っ暗だし……
今は冬だから、凍えそうな冷たい空気が入ってきちゃうし……

ええっと……そうだ、忘れてた。
この部屋、エアコンがあったんだ。
さっきから、ゴーって音を立てて、部屋を暖めてくれている。

だからわたし、こんな中途半端な服装でも寒くないんだ。
下半身は、足首まで隠してくれるロングスカートを履いているのに、上半身は猫のキャラクターがいっぱいプリントされたブラジャーだけ。
可愛いおへそも丸見え。

でも、別にお風呂上がりって訳じゃないよ。
これが、佐緒梨(さおり)の衣装なの。
毎晩、お客様をお迎えする衣装だから、これって佐緒梨の仕事着ってとこかな?

あっ! 階段を昇る足音が近づいて来る。
コツコツとハイヒールの軽い音が、たぶんお義母さん。
それと、コツンコツンと低い皮靴の音が、たぶんお客さんだと思う。

やがて、ドアノブにカチャリと鍵が差し込まれる。
塗装が剥げかかったみすぼらしいドアが、油の切れた音を残しながらひらいていく。

「い、いらっしゃいませ♪♪」

わたしは、弾かれたように部屋の真ん中に立つと、強張りかけた顔の筋肉をメッ! って叱って、急いで笑顔を作る。
そして、両手を前に添えて腰を90度折り曲げた。

「えっ! い、いや……あの……
まさか、本物の女子高生なの?
それも、こんなに、可愛い……」

「だから言ったでしょうぉ? お客様。
うちは看板に偽りなしだってぇ……
ねぇ、サリー。そうでしょう?」

お義母さんが、お客様の肩を撫でながら訊いてきた。

「は、はい。お客様。
サリーは、学校から帰った後、宿題を済ませてお客様が来られるのを、ずっと待っていました♪♪
わたしを……ううん、サリーの女の子を見てもらいたくて……」

「ね、わかったぁ? お客様。
それで、今夜はどうされますぅ?
ノーマルプランだと、10分で5千円ね。
ただし、これだと覗くだけよぉ。
あと、オプションとして、舌で舐め舐めが3千円。
指でイチャイチャも3千円。
玩具……えーっと、ローターは3千円で、バイブだと5千円。
延長料金は、3分3千円ね」

お客様の耳元に顔を寄せて、お義母さんが囁いている。
いつもの商売用の甘ったるい声で……

わたしは、その間、さりげなくお客様をチェックしていた。
黒縁のメガネを掛けた、ちょっと気の弱そうなおじ様。
でも、初めて見る顔。
年令は……たぶん40才くらい。
会社帰りのサラリーマンさんかな?
紺色のネクタイをして、上下とも茶色のスーツでまとめて、その上、黒い皮のカバンまでぶら下げて……
奥さんとかいないのかな?
子供さんは……?
真っ直ぐ帰らないでいいのかな?
待っている人は、誰もいないのかな? 誰も心配していないのかな?

「えっ、ええとぉ……の、ノーマルに、あ、あとオプションの……その……舐めるのを付けてでお願いします」

「はい。ノーマルプランに舐め舐めをセットね。
それじゃあ、8千円いただくわ」

わたしのチェックは、ふたりの会話にかき消されていた。
ブランド柄の財布から抜き取られた5千円札1枚と千円札3枚が、派手なネイルアートの指に絡め取られている。

「あと、プレイ中でも追加は、OKだから。
そのときはいつでも、そこの壁にあるボタンを押してね。
まあ、わからないことがあったら、その子に聞いてちょうだい。
それじゃあ、サリー。お客様に失礼のないようにね」

お義母さんは、おじ様からもらったお金を、そのままスカートのポケットに突っ込むと、さっさと部屋を出て行った。
きっとまた、次のお客様を探しに行ったんだ。

そう思うと、佐緒梨の胸にちょっとだけズキンッって痛みが走った。
別に今日が初めてでもないのに……
佐緒梨は、もう女の子を捨てさせられたのに……

だから絶対に、この笑顔の表情を崩したりしない。

「お客様。本日は、『マッチ売りの少女の部屋』へお越しいただき誠にありがとうございます。
限られた時間ではありますが、わたしサリーが出来る限りサービスしますので、お客様も心ゆくまでご堪能くださいね♪♪」

わたしは、くちびるが覚えてしまったセリフを当たり前のようにつぶやくと、お客様を見つめた。
そして、真っ赤な砂の入った砂時計を、逆さにして床の上に置く。

「では、お客様。この砂が落ちきるまで、サリーの女の子と仲良くしてくださいね」

「あ、ああ」

わたしは、戸惑うお客様の右手に銀色のペンライトをそっと握らせ、両足を大きくひらいた。
そのまま、スカートの前裾を軽く持ち上げて促した。

「お客様、どうぞ。
サリーのスカートの中で、愉しいひと時を……♪♪」



目次へ  第2話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。