FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伸ばした両手 届かない夢 その3















 

                  




(16)


(回想)  3月 21日 金曜日 午後11時   岡本 典子



私と河添は、窓のない奥まった席を選ぶと、向かい合って座った。
午後11時を過ぎた店内は、ファミレスの名前にそぐわないほど閑散として、場違いな大人の雰囲気を醸し出している。

ウエイトレスが注文を訊き、ふたりの前に真っ白なコーヒーカップがセットされる。
それでも沈黙が流れていく。

やがて、コーヒーに浮かぶミルクの模様を眺めるようにして、河添の方から口をひらいた。

「8年……か。早いものだな。俺たち……」

「……ええ」

「典子は……いや、俺の方から話すのが礼儀だな」

河添は、くちびるの端に昔と同じ笑みを浮かべて、私と別れてからの8年を話し始めた。

彼らしくない。
緊張しているのか、その口振りは、一言一言噛み締めるように重たかった。

でも、次第にその口調は歯切れがよくなり、身ぶり手ぶりを交えて、まるで高校時代の彼のように語りだしていた。

黒くて丸い両目に、野心の光が見え隠れし始める。
同時に私の両目から、淡い恋心に浸る初心な17才の典子が、かき消されていく。

河添の口から飛び出す、『時田』って言葉に、心が震えた。
思わず立ち上がろうとする両足を、必死で押さえ続けていた。

これは偶然なの?
それとも、これも神様の悪戯? 運命の悪戯?
ひどすぎる。こんな再会って、酷すぎるよ。

途中で、勘のいい彼も、私の異変に気が付いたみたい。
話が一段落したところで、『今度は典子の8年を聞きたい』って、私の話を聞く側にさっと立場を変えた。

河添は、冷めたコーヒーを口に含みながら、私のくちびるが動くのをじっと待っている。
昔の彼女がどんな生活をしているのか、興味津津な顔で……

私は彼が去った後の8年を、なにも隠さずに、生まれたままの典子を見せるように全部話した。

愛する夫を亡くしたことも……
私たちの地域を、河添が勤める時田金融の再開発から阻止しようと、運動していることも……
それに、博幸が残してくれたお店を手放したくなくて、死に物狂いで働いていることも……

一気にまくし立てるように話してた。
言葉の端々に棘がでたまま、お腹から湧き上がるどうしようもない怒りを、目の前にいる河添にぶつけたくて、多少声のトーンが上がるのも気にせずにしゃべり続けていた。

そして、全て話し終えて、ずるいけど……
女の涙って卑怯だけど……

泣いていた。
昔の彼の前で泣いちゃった。

そんな昔話を、河添は目をつぶったまま聞いていた。

感情に任せて話す私に配慮して?
実は、私の怒りの混ざった声を、子守唄に居眠りしてたとか?

ううん、そのどっちでもなかったみたい。

気持ちを落ち着かせようとコーヒーカップを手にした私に、河添が視線を送っている。
野生の獣のように爛々と輝かせた目。
欲しいモノ、手に入れたいモノがあるときにする、昔と変わらない彼の瞳。

「典子、俺と組まないか?」

「な、なによ突然……?!」

「さっき話しただろう? 昇進という名の下の、俺に対する左遷を……」

「え、ええ……」

私は、曖昧にうなづいていた。
そう、この男の瞳に……それに、最初に語った意味不明な誘い言葉を察しかねて……
そして、時田という言葉で頭の半分が怒りで包まれながら聞いた、河添の話の内容。

「俺は……典子、お前の全てを利用して、もう一度表舞台へ返り咲いてやる。
いや……それだけでは気が済まない。
どんな手を使ってでも出世して、俺をつぶそうとした連中を、今度はこの俺が叩きつぶしてやる。
なあ、典子。そのためには、お前の協力が必要なんだ。
お前の身体も! 心も! なにもかもを! この俺に預けてくれ!
全てがうまくいった暁には……」

「あ、暁には……?」

聞き返していた。
こんな恐ろしくて、屈辱で、それでいて夢物語みたいな話。
無視して自分のコーヒー代だけ支払って立ち去ればいいのに……

私は、金縛りにあったみたいに椅子に座り続けていた。
おまけに、興味ありますって顔で、聞き返したりして……

「典子の希望を全部叶えてやる。
お前が愛するあの地区も、お前の大切な店も……
全部、この俺が守ってやる。
だから、俺と組んでくれ。典子!」

この人なら、あるいは……
私は、河添の野生児にも似た貪欲な瞳に、河添の言う全部を賭けてみたくなっていた。

99%正しい現実と戦って、負け続けて、最後の残り1%に典子の夢の全てを……
そのためなら、私……私の身体なんて……
こんな儚い夢に付き合える安っぽい心なんて……

私は、大きく深くゆっくりとうなづいていた。
典子を見る男も、満足そうにうなづいた。

でも不思議。なにも感じない。
なにも怖くないし、なにも恥ずかしいと思わない。
当然、後悔もしていない。

だって、私はそれどころではなかったから……

心を覆うスクリーンを破ろうとする博幸を説得するのに、精いっぱいだったから……


「ふーぅ。私のお話は、これでおしまい」

あら、あなた偉いわね。まだ、起きてるじゃない。
押しピンひとつで済むなんて、なかなか感心感心。

ところで、あなたが焼いたパン、結局何個売れたのよ?

えっ? 100個焼いて、2個?! ……たったそれだけ……?
いったい、どんなパンを作ったのよ。

……なになに? 冷蔵庫に入れ忘れたマグロとイカの刺身を、パン生地に包んで焼いたって……?
中を割ってみると、糸を引いててジューシーで、吐き気がするほど美味って……

……やっぱりあなたって、表現おかしいし、味覚おかしいし……
それ以前に、なんてことするのよ!
『ベーカリー岡本』の名に傷が付いちゃったじゃない!

それで、あなたの作ったゲテモノパンを買った、物好きなお客さんって……?

えっ? ふたり連れの男の人……?
背が高くてハスキー声の人と、もっと身体が大きくて、首からビデオカメラをぶら下げてた無表情な人?
胸に大きな名札をひっつけていて、副島・横沢って……?

ふーん、名札まで持参って……
これは、本家シナリオの越境攻撃では?……って、典子、今変なこと考えて……ううん、ないない。

……ということで、この辺りでは見掛けない人たちね。
……で、どうなったの? その人たち?

その場で完食して、感動のあまり口から泡を噴きながら倒れ込んで、究極のおいしさを表現するように全身を痙攣させて、嬉し涙まで流していたって……?!

それって要するに……?!

ダメ! 考えない! 私知らない! 関係ないから!
でも……どうしてかな? なんだか私まで嬉しいな。
うーん。なぜなんだろう?



目次へ  第17話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。