FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博幸とお花見 その3






















(13)


4月 6日 日曜日 午後2時25分   岡本 典子



じゅちゅぅ、ぐちゅぅ……じゅちゅじゅちゅ、ぐちゅぅ……じゅちゅ、ぐちゅぅ……

「あぁ、あそこが……感じるぅ、感じるのォ、はあん、ああん……もっとぉ……」

開け放たれた窓の外から、子供のはしゃぐ声が聞こえた。
それを諌める、両親? の声も聞こえる。

このベッド、窓際にあるから誰かに下から覗かれてるかも……?
お隣さんが、回覧板って言いながら、典子のエッチな声に耳を傾けているかも……?

……そんな……どうしよう……恥ずかしい!

……でも……それでも……いいかも……
気持ちいいの……私……好きだから……ね、そうだよね。典子って……そうだったよね。

「ああぁぁ、濡れてるぅ、もっとぉ濡らしてぇ、そ、そろそろ……かなぁ、そろそろ……よねぇ」

膣(なか)が気持ちいいって鳴いてる指を、そぉーっと引き抜いた。
びしょ濡れの割れ目の先端まで、導いてあげた。

今度は、ここよ。
恥ずかしい突起をいじってあげてって……
鳴かせてあげてって……

「ああっ、んくぅぅっ、く、クリトリスぅ、きついぃっ、きついのぉっ! ひあぁぁぁっ!」

全身が、バネ仕掛けの人形みたいに跳ねた。
痛くて、こそばゆくて、あそこが浮いちゃいそうで……
それなのに、挟んだ指が止まらない。止まらないの!

硬くなった肉の突起をいじるだけで、頭の中でジンジン音がした。
パチーンって弾いたら、それだけでイッちゃいそうになる。

「はあぁぅ、もう、もう……気持ちいいよぉ、典子のからだぁ、どこ触ってもぉ、きもちいいよぉ……んんっ、んんくぅぅぅっ!」

右手の指が気を良くして、お豆の皮を引き剥いた。
また全身が跳ねた。
今度は壊れたバネ人形みたいに、全身の関節をビクビク震わせて跳ねた。

気が付いたら私の身体は、ベッドの上に仰向けに転がっていた。
転がったまま、おっぱいに手を這わせて、濡れてエッチなあそこに指先を突き立てていた。

じゅちゅぅ、ぐちゅぅ……じゅちゅじゅちゅ、ぐちゅぅ……じゅちゅ、ぐちゅぅ……

「あふぅぅ、いい、いいよぉ……はぁっ、はぁぁ、もっとぉ、もっと……しよぉ」

両目を優しく閉じていた。
典子の身体がふわりと覆われて、私は見えない両手を突き出していた。

柔らかいふくらみを、捏ねるように揉まれて気持ちいいの。
乳首の弾けそうな刺激に、とっても切ないの。

クリトリス苛めないでって、言ってるのに頭に響く刺激が快感なの。
でもやっぱり、昇り詰めるときは、赤ちゃんの通り道だねって……
典子、ここが一番好きなの、安心できるの……だから……お願い。

「もぉ、もう少し……んっんんんぅ、感じるぅっ……気持ち……いいっ、ゆびを……もっとぉっ!」

身体がベッドに沈み込んでいく。
気持ちいい大波に頭を沈ませて、髪を振り乱して、それで何度も何度も振った。

私、オナニーしてるの? それともセックスしてるの?

全身を襲う快感に、腰をクネクネさせて、背中もクネクネさせて……
両足が開いたり閉じたりしてる。
閉じちゃったらエッチがしずらいのに、太ももからつま先まで一直線の棒みたいにピンって伸ばしたりして……

イッちゃいそう。気持ち良く絶頂しちゃいそう。

私、大きな声でイクから。
典子の熟したイキ顔を見せるから。

よぉーく、よぉーく、見ててね。
……心に刻んでね。

ぐじゅぐじゅぐじゅぅ……じゅちゅう、じゅちゅじゅちゅ、じゅちゅぅぅっ……

「はっ、はああ、もぉ、もっとぉ、んんん、気持ち……よくぅ……はぁ、はぁぁ、はぁぁぁぁ」

両手の指をあそこに這わせていた。
恥ずかしい毛を指に絡めながら、クリトリスを弾いて、上から押し潰していた。

熱くて蕩けそうなお肉に、爪を立てて前後にこすった。
割れ目に溢れたエッチなお汁を、全部掻き出した。
お尻の割れ目まで垂れさせた。

私、段々意識が失くなっていく。
でもね。考えなくたって、思わなくたって、指だけで典子イケるから。
最後の階段登れるから。

だから……たぶんそうだから……

指が3本、膣の奥の方まで突き刺された。
関節を折り曲げて、一番感じる粘膜を、ごしごし刺激されてる。
昔の快感を指先に移し取ろうとして、薄れる記憶を忘れたくなくて……

閉じていた瞳をひらいていた。
サイドテーブルに置いてあるふたつのものに、視線を合わせた。

笑って恥じらって、笑って恥じらって、笑って恥じらって……
交互に繰り返して、何度も繰り返して、最後に……これが最後だよって写真立てを見つめて……

子宮が揺らされるほど、指を突き入れた!
メチャクチャにかきまわした!

ぐしゅぅぅっ、ぐじゅぐじゅぐじゅぐじゅ、ぐじゅぅぅぅぅっ!

「くはぁぁぁ、くううぅぅぅ、来るぅぅっ、くるっ、くるっ、くるぅっ、きぃ、きちゃぅぅぅぅぅっっ、ふわぁぁぁぁぁっ!!!」

飛んじゃった……?!
典子、パンッて踏み切って、大空に飛んじゃった。

オナニーって、こんなに気持ち良かったかな?
セックスみたいに、気持ちいいものだったのかな?

膣が収縮して、子宮が収縮して……
全身に筋肉が限界まで収縮して爆ぜて……

私、ベッドに寝たままブリッジ仕掛かっていた。
おっぱいを……あそこを、恥ずかしく突き出して、背中を反らしていた。

見てくれた? 典子のオナニー……
女の人の自慰って、こんなに激しいのよ。こんなにエッチなのよ。
特に、愛する人の視線があるときはね。

でもね、やっぱりお花見は、お外でする方がいいかも……
お家でするお花見って、気持ちいいのにどうしようもなく哀しいから……



目次へ  第14話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。