FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博幸とお花見 その2






















(12)


4月 6日 日曜日 午後2時15分   岡本 典子



「ど、どうぉ? 典子とのお花見……た、楽しいでしょ。
お外のお花もいいけど……
ほ、ほらぁ、博幸の目の前にだって……オ・ハ・ナ……咲いてるんだからぁ」

顔を背けたくなるのを、必死で我慢した。
泣きそうになる自分を一生懸命励ました。
明るい日差しの中で、両足を恥ずかしげもなくM字にひらいて、典子の大切な処を日光浴させて……

私って、淫乱で変態だよね。
だって、お花見って言いながら、恥ずかしい扉ひらいてるんだよ。

博幸、こんなことする典子を怒っていないかな?
『僕の妻は、こんな、はしたないことしない』って……

でも……でもね、もっと弾けた典子を見て欲しいの。
もっと乱れる典子を、あなたには見て欲しいの。

だから……

「そろそろ、典子の……お、オハナにも飽きてきたでしょう?
このまま、いつまでも股の中を覗いてても……ね。
……だからぁ、こここからは……し、ショータイム。
の、典子が……か、感じちゃうところを見せて……あげる」

話せば話すほど、私の顔が赤くなって、喉もカラカラに乾いていく。
段々自分の話している言葉に怖くなってきて、信じられなくなって……

やっぱり、これ以上出来ません。
博幸の前で、はしたないオナニーなんて出来ません。

真面目な顔を作って、舌先を見せて謝れば楽なのに……
私の指は、典子を慰めようとしていた。

「私……博幸にお願いされたことがあったよね。
一度でいいから典子の……お、オナニー見てみたいって……
あの時は、恥ずかしくて断っちゃったけど……ほら、見てぇ、指が……割れ目に……ああぁぁっ……」

私はM字にひらいた太ももの上から、右手を這わせるように降ろしていった。
揃えた指先を、真っ直ぐに割れ目の溝へと沈めていく。
博幸にあそこがよく見えるように、エッチに乱れていくあそこのお肉を見つめて欲しくて……

にちゅっ……!

指先を包み込む恥ずかしいお肉が、熱くなってる?!
私、あそこを見せただけなのに感じ始めている?!

にちゅぅっ、ぬちゅぅっ、にちゅぅっ、ぬちゅぅっ……

「あくぅぅっ、やだぁ……ぴりって……でぇ、電気がぁ……んふぅぅ」

スカートの中で、丸見えの太ももがプルプルって震えた。
すがるようにスマホのレンズに視線を合わせた私は、下半身へとそれを落とした。

「はっ、はあぁ、な、生で……み、見ないと……やりにくい……よね」

左手の指が、スカートの裾をつまんだ。
太ももの真ん中で中途半端に絡まるそれを、腰の上までまくり上げた。

自分を納得させるように、自分に言い訳をするように、私は……典子は……熟した女の部分を見つめた。
勝手に割れ目のヒダをスリスリこする指先を見つめた。

にちゅにちゅ……ぬちゅぬちゅ、にちゅにちゅ……ぬちゅぬちゅ……

「か、感じちゃう……ヒダのお肉に……ゆ、指が……指が絡みつかれてぇ……くっぅぅん、はぅぅんんっ……!」

ゾクゾク、ジンジンとした疼きに、お尻も勝手に揺れてしまう。
ペタッてひっついたシーツの上で、もよおした子供のように、前、後ろって……恥ずかしい。

オナニーって、ひとりでこっそりするものなのに……
オナニーって、明るいお昼間にするものじゃないのに……

もう、止まらないの!
左手だって、ほら……!

「ああっ、ふぅぅ、ち、乳首ぃ、典子の……硬くなってるぅぅっ!」

仰け反らせた胸の上で、ふくらみを下から揺すった。
人差し指と中指が、過敏な赤い突起をコリコリって悪戯してる。

おっぱいの痛痒い刺激が、気持ちいいの。
誰かさんが乳首に歯をあてているようで、切なくなっちゃうの。

にちゅぅ、ぬちゅう……じゅちゅ、ぐちゅ……

「あんんっ、くふぅぅん……ゆ、指が……濡れてるぅ……エッチなお汁が……はぁ、溢れちゃうぅぅ」

指が前後して! デリケートなお肉が刺激されて! エッチな水音が天井まで響いて!
割れ目の縁を、ぬるりとしたモノが乗り越えるの!
お尻に垂れて、洗ったばかりのシーツを汚しちゃうの!

もう、我慢出来ないよって、突き立てていたひざがピンと伸びていく。
もっと気持ち良くしてって、柔軟体操するみたいに太ももがひらいていく。

私は、うなづく代わりにアゴを突き出して、指を2本、膣に沈めた。
膣(なか)のヌルヌルの粘膜を、指の腹でこすってあげた。

「あくぅぅっ、んふぅぅ……膣(なか)で……ゆ、ゆびが暴れてぇ……いいぃ、いいのぉっ!」

ねえ、見てる? 見えてる? 典子のあそこ。
いやらしいでしょ? はしたないくて淫らでしょ?

ふふふっ、こんなお花見、お家でしか出来ないよね。

典子、もっと感じちゃうから……しっかりと見ててよ。
目を逸らしたりしたら、当分の間、お話してあげないから。



目次へ  第13話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。