FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博幸とお花見 その1






















(11)


4月 6日 日曜日 午後2時   岡本 典子



河添に抱かれてから一週間が経っていた。

「博幸。あなたがいなくなって、もう半年だね。
季節がどんどん進んで、ほら、もう桜が満開。
窓を開けているから遠くに見えるでしょ? 市民公園の一面のピンクが……」

私は寝室のベッドに腰を降ろしたまま、手にした写真立てに話しかけていた。

目の前に楽しい何かがあったのかな? それとも、内心から溢れる嬉しさなのかな?
写真の中の博幸の笑顔は、キラキラと輝いていた。
迷いも戸惑いも感じない眩しいくらい純な笑顔だった。

「……この前ね、隣の地区で再開発の工事が始まったのよ。
あっという間に更地にされて、今では足場を組んだ高層マンションがずらりと並んでる。
……でもね、大丈夫よ博幸。
この地区の再開発は、まだ始まっていないし、始めさせないから。
私が……典子が、阻止してみせるから!
あなたと私の宝物の、このお店も絶対に守ってみせるから!
だから、安心して……
ふふっ……今日はそんなことより、ふたりで……お花見を楽しみましょ。
典子ねぇ、博幸を悦ばせたくて……色々と……考えたんだから……」

どうしちゃったのかな?
話しながら、どんどん顔が赤らんで、火照ってきちゃう。
途中までは、博幸の目を見て話せていたのに、話し終わる頃には、もう新婚ホヤホヤの夫婦みたいに、目を伏せているなんて……

でも、そろそろ準備しないとね。

私は、ベッド脇にあるサイドテーブルに、写真立てを置いた。
ベッドに座る私がよく見えるように、角度も調整する。

隣にスマホを立て掛けた。
レンズを私に向けて、動画撮影のアプリを立ち上げる。

やっていいのよね?
本当にしていいのよね?

ずるくて卑怯な典子の良心が、責任を回避するように問い掛けてくる。
私は答えを示すように、写真立ての博幸に負けないくらいの笑顔をつくってあげた。

「今日は、気持ちいいね。
さ、博幸、お花見……始めようか?」

ベッドの上で正座したまま、シャツのボタンを全部外した。
今日のお花見に合わせた桜色の袖から、腕を引き抜くようにして脱ぎ去った。

背中に両手を回してブラを外す。
そして、気持ちがグラつく前に片づけちゃおうと、足を崩してスカートの中に両手の指を這わせた。
ウエストのゴムを引っ張るようにして、スルスルと足の上を滑らせていく。
足首から抜き取ったショーツをブラと一緒にして、シャツの下にそっとしまう。

私は、博幸とスマホのレンズを交互に見ながら、スカート1枚の姿になっていた。
横座りでおへそを隠すように両手を前でクロスさせて……

「お、驚いた博幸?
で、でもね。こんな気持ちのいい休日……もっと楽しまないとね。
あなたも感じるでしょ?
窓から吹き込む春の風と柔らかい日差し……
そうよ、典子もそれを……す、素肌で……ありのままに感じたいの」

我ながら、笑うしかないくらいの苦しい言い訳。
でも、それでいいのよって、自分を納得させないと、博幸が、目のやり場に困っちゃうでしょ。

だから、何でもない顔して、日光浴するように胸を反らせるの。
そうして、全身が火照るのも太陽のせいにして、雲の隙間から日が差し込むのを待ち続けるの。

あとは……窓の外の景色をちょっとだけ気にして……
スマホのレンズをちょっとだけ気にして……
私は、博幸を見つめるときだけ笑顔をつくるの。

「典子、今日はねぇ。博幸が好みだったスカートを履いているのよ。
ひざが完全に露出しちゃってる、ブルーのフレアースカート。
ほら、覚えてる?
私が、ちょっと露出気味かな? って迷いながら、お店に出たときのこと……
博幸ったら、いいよ。全然大丈夫だよって言っておきながら、鼻の下をちゃっかり伸ばしていたでしょ。
私、ちゃーんと見てたんだから……
……でもね、今日は特別なの。
もっと、もっと……サービスしてあげるね」

私は両足に力を込めると、お尻をベッドに密着させたまま、ひざを立てた。
そのままひざの内側に手のひらをあてて、外側へとひらいていく。
シーツの上を足の裏が滑るように、左と右に分かれて、冷たい春の風が、スカートの中でクルクルって渦を巻いた。

やっぱり、自分から見せるのって恥ずかしい。
思わず、『お願い博幸、見ないで』って、声にならない可愛い声で何度もお願いしてた。

でも、続けないといけないの。
今日は博幸との楽しいお花見なんだから……



目次へ  第12話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。