FC2ブログ

典子の哀しい過去 その3






















(10)


3月 31日 月曜日 午前2時50分   岡本 典子



初めの頃は、私も博幸も期待したわ。
街が発展すれば、私たちの商売も売り上げが伸びると思っていたから……

ただ、途中でそれはとんでもない間違いだって気が付いたの。
私たちが愛した下町が、次々と半ば強制的に撤去されていったから。
そして、そこにそびえ立つのは、人の温もりや情を一切排した無機質なコンクリートのかたまり。

当然、私たち下町のみんなも、再開発反対運動を始めたわ。
でもね。このプロジェクトを仕切っていたのは、全国有数の金融会社で知られている、時田金融グループだったの。
おまけに、この会社の社長さんは、プロジェクトを押し進める市長と仲がいいって噂で、私たちが悔しそうに下くちびるを噛み締めている間にも、一区画一区画と順を追うように取り壊されていった。

もちろん博幸も私も、街のみんなと一緒に話し合いに参加したけど、苦戦というか一方的に話の主導権を持っていかれたわ。

再開発を請け負っていた不動産会社の担当者の人……えーっと、なんていったかな?
……確か、はやの……そう『早野』って担当者の人。

この人、話の筋が通っていて情熱的で、その上しゃべりがホントに上手で、気が付いたときには、私たちみんなもうんうんって、うなづかされていて……
あれでは、勝てないよね。
もう、完敗って感じ。

そしていよいよ、私たちが暮らしている地域の再開発計画が、決まったわ。
おそらくここ1年以内のうちに立ち退き交渉が始まるんじゃないのかしら。


そんな中、季節だけが無情にすすんで、10月も半ばが過ぎたある日……

突然博幸が遠い遠い旅に出ちゃったの。
永遠の旅路に……

私たちのお店を守ろうと寝る間も惜しんで働いて……
私たちの愛する地域を救おうと、自分の命を削りながらがんばって……

バカよ……
博幸は……バカなのよ……

そして、そんな博幸の苦しみに寄り添えなかった典子は、もっともっと大バカよ!

私は、まだまだあなたと生活したかったのに……
あなたと一緒に苦労したかったのに……

ただ、唯一救いだったのは、最後まで博幸の元にいてあげられたこと。

最後の、かすかな息遣いの中で話した……
『典子……ありがとう……僕たちのお店を……』って、最後の言葉を聞けたこと。

全ての処置を淡々とこなしたお医者様がいなくなって、私の心に大きな穴がひらいていた。
なにも考えられずに、なにも思い付かずに、ただじっと椅子に座っていた。
まるで、私の周囲だけ時間が止まっててるみたいに……

でもそんな廃人のように座り込む私を、親身になって励ましてくれた看護婦さんがいたの。
私の肩に手を乗せて、いつまでもじっと、ただひたすらじっと……
なにも話し掛けずに、哀しみを共有するように……

そして、私の周囲で時間が動き始めた頃、私の目を見て、にこって笑ったの。
丸い黒目がちの瞳に、涙をいっぱい溜めて……

今こうして私が生きているのも、あの看護婦さんのお陰だと思う。
まだ少女ようなあどけない顔をして、この世界に入って日が浅いのか、先輩看護婦さんに厳しいこと言われていたけど、私と祐一が病院を後にするまで、ずっと寄り添い見守ってくれた。

ありがとう、若いナイチンゲールさん。
榊原 茜さん……


……って、とこで私のお話はおしまいなんだけど……?!

ちょっと、あなた! こんな涙涙の悲しいお話を聞きながら、なに口をもごもごさせているのよ!

あーん、してみなさい。そう、あーんって……

んんん? あなたの口の中、あんこでいっぱいじゃない。

……もしかして?!
この棚に置いてあったあんぱん食べちゃったの?

うん……って……?!

悪いこと言わない! 今すぐ下剤を飲んでおトイレに行きなさい!
それで、上からと下からと早く出しちゃいなさい!!

あのあんぱんはね、私が博幸のをまねて作った試作品なの。
それも、一週間も前のものよ。

ひと口食べて吐きそうになって、それでも、見栄えが良かったから、まあいいかって、置いていたのに……
ほら、ネズミもゴキブリもかじっていないでしょ。

因みに聞くけど、そのあんぱん、本当においしかった?

うん……って……?!
舌がしびれて、泡を吹くほど美味だったって……?

あなた、表現の仕方、間違ってない?
いいわ。私が、今すぐ病院へ連れて行ってあげる。

それで、お腹を洗浄して、おバカなあなたの舌をひっこ抜いて、ついでにおつむの掃除もしてあげる。

こらぁ! 逃げないでよ!



目次へ  第11話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。