FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫以外のモノ……騎乗位






















(6)


3月 30日 日曜日 午後9時15分  岡本 典子




私は、男の太ももの上にお尻をペタリと落としたまま、うつむいていた。
膣のなかに感じる太い肉の棒の存在。
それを、しっかりと確認しながらも、次の行動へ移せずにいた。

ごめんなさい……博幸。
こんなふしだらな妻を許して下さい。

時間が経つほど、罪悪感が増していく。
男のモノを感じれば感じるほど、それが誰のモノか?
紛れさせた意識が鮮明になっていく。

河添拓也……元恋人……
そして、今の私が絶対に逆らってはいけない人……

「さあ、典子。俺をお前の旦那だと思って、腰を上げ下げするんだ。
息子が気持ち良く射精するまでな。
……ほら、さっさとしないと、お前さんの夢のカケラがどこかへ飛んでいくぞ」

「……はあ……はい……うっ、うううんんッ!」

私は、ベッドについた両ひざを持ち上げると、代わりに足の裏をひっつけた。
そう、膣に河添のモノを挿れたまま、私は、男を跨いだ状態でしゃがんでいた。
これからは、ひざの屈伸だけで男を絶頂に導かないと……

博幸との夜の営みで、たまーに上に跨ったこともあったけれど、私、気持ちいいって叫んでるだけで、あのときは、彼が下から突き上げてくれた。
でも、今は違う。
こんな恥ずかしい姿勢のまま、自分から動かないといけないなんて……

私は再度、河添の胸に両手を乗せ直すと、それを支柱のようにして腰を持ち上げていく。

「はあぁっ、んんんっ……ぬ、抜けちゃうぅぅっ!……」

ズ二ュ、ズニュと卑猥な肉どうしがこすれる音がして……
久々のエッチなゾクゾク感に心が戸惑って……

膣が一気に解放されて、太ももの筋肉がプルプル震えて……

でも、こんなの……きつい……!

エラの張った先端が抜けきらないまま、腰がもう一度落ちていく。
ペシャリと乾いた音がして、お尻がまた太ももにひっつていてる。

前に博幸に教わった。
女の人が男の人の上に跨って、乗馬に似ているから騎常位だって……
女性が恥じらいを浮かべながらセックスするから、男性は興奮するんだって……
でも、この体位は、男女の協力がないと、ひとりだけでは、しんどいだけだよって……

……そうだよね。
だからこの男は、私に騎常位をやらせてるんだ。
私を辱めようとして……
私の苦痛と羞恥に震える顔を堪能しようとして……

ズ二ュッ、ズニュ、ズニュ……ズズズ……

「ううぅぅんんっ、んくぅぅっ……!」

ペシャンッ……

ズ二ュッ、ズニュ、ズニュ……ズズズ……

「ううんん、膣(なか)がこすれて……ああぁぁっ……!」

ペシャンッ……

私は、男に跨ったまま、ひざの屈伸を繰り返していた。
ジャンプを繰り返すカエルのように、両手を揃えたまま両足を恥ずかしいくらいにひらいて……
大切な処に男のモノを咥え込んだまま、お尻を何度も上げ下げして……
男を気持ち良く導いて……

こんな体位辛くて恥ずかしいだけなのに……
こんなセックスで感じたくないのに……

典子の心にセックスの火が灯り始めてる。
膣の壁からジワジワって、エッチなお汁が滲み出してる。

「やっとこなれてきたようだな。典子。
どうだ? 久しぶりのセックスは……?
男のモノの味は……?」

「い、いやぁ……そぉ、そんな言い方……しないでぇ……はぁ、はあ、んふぅぅ」

私は河添の的を得た指摘に、無意識に頭を振っていた。
淫らな典子を演じる方が得なのに楽なのに……
なぜって? 感じで、素直じゃない私が否定する。

ぬちゃっ、じゅちゃっ、ぬちゃっ、じゅちゃっ……

「あんぅぅっ……くぅぅぅっ」

淫らな肉をこする音まで変化してる。
お尻が落ちるたびに、エッチなお汁が、シリンダーから押し出されるように溢れてる。

太ももの筋肉はパンパンに張って泣いているのに、それなのに、どうしてよ!
典子の性欲が風船のようにふくらんできちゃう。

「はあぁ、はああんっ……だぁ、だめぇ、腰の動きがとまらないぃっ、とまらないのぉっ!」

鼻に抜けるようなソプラノボイスで、さらにエッチな声を出そうとくちびるを大きくひらいて……
もう、感じる演技なんかじゃない。
本当に、気持ちいい声で叫んでた。

典子の大切な人の面影が霞んでいく。
心の中をどうしようもない快感が渦巻き始めてる。

「ほら、もっと感じろ!
俺の息子を典子の膣で締め付けてみろ!
忘れるんだ。忘れろ! なにもかも忘れてしまえ!」

ぬちゃぁ、じゅちゃっ、ぬちゃぁ、じゅちゃぁ……

「いぃぃ、いやぁ……そ、それだけは……いやぁぁ……」

寝転んでいるだけの河添が叫んでる。
典子のどこかへ飛んで行っちゃいそうな目を、黒い瞳が追い掛けている。
そこに、さっきまで覆っていたフィルターは消えていた。
見えなかった瞳の奥底まで晒け出してる。

これが……彼の心?
これが……河添の本心……なのよね?

私の見えないベールが、ビリビリと音を立てて裂け始めてる。
だから、私も叫び返していた。

ぼやける記憶を守りたくて……
河添に純な典子を見せたくなって……

そうしたら……なぜなのかな? 涙が溢れてきて……



目次へ  第7話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。