FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拓也の見果てぬ夢






















(2)


3月 30日 日曜日 午後8時  岡本 典子

                 

自分の人生は、己の腕一本で切り開くもの。
人は利用しても利用されるものではない。
ましてや、お互いの利益のために、協働するなど……

俺は、ふっと顔を緩めると、窓ガラスのはるか眼下に拡がる無数の光の点を眺めていた。

個々の光はそれぞれ独立していても、それが縦につながり横につながり、知らず知らすのうちに、壮大な夜景の一部へと取り込まれていく。

「そして、今夜から俺の協働も始まる……か」

視線をガラス窓から、部屋の中央に配置されたベッドへと移す。

けばけばしいラブホテルのそれではない。
かなりゆったりとした作りのそのベッドは、変な例えだが大柄の男ふたりが一緒に寝ても、まだお釣りがくるほどの大きさだった。

「ふふっ、これなら色々と楽しめそうだ」

俺は、ベッドに上がると仰向けに寝転んだ。
そのまま、高ぶる気持ちを落ち着かせようと目をつぶる。

だが、無駄な行為のようだった。
まぶたの裏にまで、あの女の容姿、仕草その全てが、期待と想像を織り交ぜた映像として映し出されていく。

今夜の俺との行為のために、隣接する浴室で自分の肌を磨く女。
図らずも運命の悪戯に翻弄されながらも、健気に愛する者のために、自ら恥辱に身を晒す女。

久しく感じることのなかった俺の性的本能が、ガウンからはだけた下腹部に、大量の血液を流入させ始める。
男の分身の頭をもたげさせている。

一層のこと、シャワーを頭から浴びながら、女を犯すか?

心の準備に時間など与えさせる必要はない。
愛しい夫の名前を連呼させながら、女に腰を打ち付けるのも、これもまた一興か?

勝手に妄想する本能の暴走に、俺の息子が益々硬く背伸びする。

「ふふ、俺もまだまだガキだな……」

ふっとおかしくなり、興奮にいきり立つ息子をなだめるように、計算高い提案をしてみる。

まあ、待て。これからも長い付き合いになる女だ。
今夜くらいは、ベッドの上で甘い夢に浸らせるのも、悪くはないだろう。

まもなくして腕の中で鳴くことになる女に、過剰なまでの期待を寄せながら、俺は、これまで自分に降りかかった数奇な運命を思い返していた。


今から4年前……

俺はこの街にある国立大学を卒業後、同じくこの街に本社を置く全国有数の金融企業、時田金融グループに入社した。

当初配属されたのは、法人向けの貸出部門。
一応、この会社の出世コースに乗ったといって過言ではない。

そこで、主に出資申し込み法人の財務審査を2年間勤めあげ、同期入社組みよりも1歩も2歩も先んじる昇進を続けていく。
24で主任を、翌年には係長を……
そして、同僚から羨望の眼差しで見られ始めた矢先、大きな落とし穴が待っていた。

『同年4月1日をもって、建設部2課 課長に任ずる』

予想もしない辞令に、俺は愕然とした。
まるで、後頭部をハンマーで殴られたようなショックに、しばらくの間、茫然としていた。

建設部課長、役職の上でこそ昇進ではあるが、事実上の左遷。
俺は、一気に出世コースの階段から転げ落ちていった。
そう、要するにお払い箱ってやつだ。

でも、どうして……?
どう頭をひねっても、思い当たる節はない。

思い悩んだ俺は、同期で人事部に配属されている友人から、それとはなしに真相を聞き出すことに成功した。
だが、聞いて慄然する。

まさか、俺の人事に篠塚副社長が絡んでいたとは……?!

篠塚唯郎(しのづか ただお)、時田金融グループ副社長。
独裁的且つカリスマ経営者、時田謙一の足下にも及ばないが、肩書通り、社内ナンバー2の実権を持つ男。
それに、これはあくまで噂だが、時田謙一のワンマン経営を危惧する一部の反時田勢力の、事実情のリーダーとの話もある。

どうやら俺は、気付かないうちに、とんでもない者の尻尾を踏んでいたようだ。
だが、そうして考えてみると辻褄の合う部分もある。

これもまた噂であるが、長らく空席が続いていた社長秘書課の課長職のポストに、俺が就くという話がもっぱらだった。
もしそれが噂通りなら、出世コースを突き進む俺を排除することで、延いては時田社長の力をも削ごうという魂胆なのだろう。

まあ、俺にとっては、とんだとばっちりでいい迷惑なのだが……

この事実を知った俺は、しばらくの間、酒に溺れていた。
定時終業と共に酒場に繰り出しては、浴びるように酒を飲む日々。
情けないことだが、俺は現実逃避していた。

そして、そんな自堕落な行状の末、偶然巡り合ったのが、今、俺のためにシャワーを浴びている女というわけだ。
まあ、そんな彼女も、俺並の……いや、俺以上の辛酸な人生を送っているようだが……


そろそろ女が、出てくる頃だ。

俺は、ベッドの上から扉がひらくのを待つことにした。
禁断の情事に、頬を羞恥色に染める女に期待して……



目次へ  第3話へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。