FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

典子の見果てぬ夢


















美少女たちが、羞恥の宴に涙を流す半年ほど前
偶然にも同じ街から始まる、もうひとつの羞恥の物語が存在した。







(1)


3月 30日 日曜日 午後8時  岡本 典子



シュル……シュルル……スス……ススス……

私は服を脱いでいた。
身に着けているものを引き剥がすようにして一枚一枚……

若葉の芽吹きに合わせた、淡いグリーンのブラウス。
遠い昔の初恋の思い出に浸りたくて、無理をして履いた、チェック柄のプリーツスカート。

ボタンを外しファスナーを引き、床にはらりと落ちた物を軽くたたんでは、洗面台の上に置いていく。
そして、つい確認するようにドアロックに目をやってから、ブラを外し、指が腰に貼り付いたショーツのところで止まった。
やや前屈みで、ウエストのゴムに指先を引っ掛けたまま……

典子、本当にいいのね。
後悔……してないよね。

念を押すように自分に語り掛けてみる。
今さら逃げ出すことなんて有り得ないのに、私は卑怯な同意を取り付けようとしている。

ほんの一瞬だけ時間が止まり、想定通りって表情で心が折れる。
私は、スルスルと最後の一枚を引き降ろすと、ブラとショーツを一緒にして、積み上げた服の一番下、スカートで包むようにしてそれを隠した。

ただ、シャワーで汗を流すだけなのに……
ただ、きれいなお湯で、身体を清めるだけなのに……

どうしたというのよ、典子?

今から会うのは、昔の恋人……
それも、ふたりっきりの夜のホテルで……
だったら、大人の女性のあなたならわかるでしょ。

さあ、彼の機嫌を損ねないように、早くシャワーを浴びましょ。
でも、男の人が大好きな処は、念入りにね。


ザザー……ザザザー……ザザー……

シャワーノズルから勢いよく噴き出す熱めのお湯を、私は惜しみなく素肌に浴びせていた。
何にも染まらない透明なお湯が、肩から下腹部へと滝のように流れ落ちていく。

右手で、肌を滑るお湯を受けとめては、ふたつのふくらみに満遍なく掛け撫でる。
手のひら全体を使って軽くマッサージするように、下から乳房を持ち上げては、さっと放してみる。

プルンと、まるでお皿に落ちたプリンのように、私のバストは揺れた。
学生時代から、好奇心に満ちた視線に晒されたバストは、今もほとんど垂れ下がることなく、瑞々しく張り詰めている。

「下も綺麗にしないと……」

肩幅にひらいた両足首の間を、バシャバシャと音を立てながら、肌を清め終えたお湯が落ちていた。

私は、意味も無い指示を口にしながら、指を下腹部へと這わせていく。
流れ落ちるお湯になびく陰毛を、頭の髪を洗髪するように指の腹全体を使って、地肌から丁寧に洗い流した。

そのまま、真ん中の指3本を揃えて、割れ目の中へと沈めていく。
腰を落とし気味に、ひざをやや外向きにして、3本の指先がデリケートな肉の襞を……壁を……下手に刺激しないように慎重にこすっていく。
わずかに残る女の匂いを痕跡を、一切否定するように……
男の興味を惹かせないように……
指先の刷毛を動かし続けた。

ふふふっ、私ってバカなのかな?
どうせ今から、典子の身体は男の手によって淫らに汚されるのに……
わざわざ念入りに洗い清めるなんて、自分から行為を期待しているみたいでなんだか恥ずかしいよね。

そのままの身体で、男に好きにされた方が……強引に身体を奪われた方が……
自分の心にも言い訳をせずに済むし、私も傷付かないで済む。

……けど……だけどね……

それでは、ダメなのよね。
私の心にケジメがつかないの。

ね、そうだよね。博幸。

浴槽から出た私は、肌から滴る水滴をバスタオルで拭っていく。
拭いながら、壁に設置された鏡に映る裸身をジッと見つめる。

あなたが、自分の好みだって褒めてくれた、肩に掛るストレートな黒髪。
あなたが昔ファンだったアイドル女優より、もっと綺麗で可愛いよって、褒めてくれた私の目鼻立ち。
そして、あなたが2年と少し愛してくれた、この肢体……

そうよ、私のいやらしい身体……
セックス大好きな身体……
おっぱいも腰付きも、はしたなく男を誘っているようで、自分でも軽蔑したくなるくらい典子の身体、恥ずかしいよ。淫らだよ。

……だから、今晩から典子は変わることにしたの。
私は、この身体を使って博幸の夢を実現させてみせる。
そのためには、5年? ううん10年かかるかもしれない。

でも、私は、あの男に賭けてみることにしたの。
あの男なら、私たちの夢を実現させてくれそうで……

その代わり、博幸。
当分の間、典子のことは忘れて……
私がどんな行為をしていても、知らない顔をして目を閉じて……耳を塞いでいてね。

ごめんなさい。博幸。

なにも身に着けず、バスタオルだけを巻きつけると、ドアノブを回す。
カチッとロックが外れ、私は男が待つ部屋へと、足を踏み入れた。




目次へ  第2話へ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。