FC2ブログ

ありさ ふんどし祈願  第1話



  
                                          



【第1話】



~亀仙村に伝わる伝統行事~
滝の前にある土俵で相撲を取り勝者が滝に入る。そして滝の向こう側にある祠の神体に子孫繁栄を祈願する。祈願する作法として、雄石を雌石に挿し込む。



ある晩秋の頃、亀仙村では大きな悩みを抱えていた。
村の高齢化が進み、数百年続いている伝統の祭が開催できるどうかの危機に陥っていた。
年々、村から若者達が減って行くし、わずかに残った若者も参加を渋った。
それもそのはず、厳寒期にふんどし姿で相撲をとらなければいけないし、しかも相撲に勝てば滝に入らなければならず、まるで『荒行』のような祭にそっぽを向いたのも仕方がなかった。

そこで大昔から続いた参加資格の「成人男子」から、ついに「成人男女」へと変更が行なわれた。


しかし大きな問題がひとつあった。
大昔からの風習で、参加者は「ふんどし姿」にならなければならなかったのだ。
男性は例年のことだから良いとして、果たして女性にふんどし姿を求められるのだろうか。
祭の実行委員会は賛否入り乱れ紛糾した。
しかし村長で委員会会長も兼ねる亀 仙太郎氏はついに決断をくだした。

「やはり風習だし、まさか女性だけ水着という訳にも行かないだろう。男女関係なくふんどし姿になってもらおう。」
ということになった。

だが、果たして女性が集まるのだろうか。
委員会の不安は募った。

そこで秋頃からこの行事を広くPRすることになった。

『亀仙村 女性行者募集中!ただしふんどし姿が条件。参加者には豪華景品あり♪』

女性参加者には「翌年の松茸狩り1日無料券」「キャンプ場3日間無料券」「茄子1年分」等が贈られると言うのも実にユニークなアイデアであった。
この噂はたちまち全国的に広がった。
そして予想とは反対に、信じられないほどの多くの応募者があった。

「面白そうだわ」
「『行』ってどんなことをするんだろう?ぜひやってみたいわ」
「別に全裸になる訳じゃないし、ふんどし姿って水着と同じようなものじゃん」

という声が聞かれた。

荒行をやってみたいと思っている女性は、ついに申し込みが100人を超えてしまった。

「うわあ、多すぎる。いくら何でも100人も必要ないのに・・・」

委員会では嬉しい悲鳴が飛び交った。
参加者は10人ほどで良いのだ。


そこで仕方なく簡単な面接試験が開かれ、女行者10人が決められた。

応募者の中には野々宮ありさ(21歳)もいた。
ふだんは雑誌モデルとして忙しい毎日を送っているが、元々好奇心旺盛なタイプということもあり、こういったイベントには心が動いた。

「にゃあ☆ふんどし姿?面白そうだにゃん☆Tバックとそんなに変わらないのでは?☆面白そう~☆マツタケ~♪マツタケ~☆茄子1年分~☆」

イベントの後に贈られる素朴な賞品にも大いに惹かれるものがあった。


祭の2週間前に事前説明会が行われた。
面接で選ばれた女性達はさすがに美女揃いである。
今時の女性は、別にふんどし姿くらいでは驚かないようで、緊張もそれほどないようだ。
事前説明会ではふんどしの締め方を、着衣の上から何度もレッスンした。

ふんどしと言っても色々と種類があるが、ありさの締めたものは“六尺ふんどし”といって、水泳や祭に使われる最もポピュラーなものであった。







野々宮ありさちゃん
 





この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ    第2話へ

ありさ ふんどし祈願  第2話



  
                                          



【第2話】



六尺ふんどしは、一枚の長い布を股間から腰に巻き付けて着用するタイプのふんどしである。生地は真っ白なさらしで、長さは名前のとおり6尺(通常の1尺=約30cmではなく、鯨尺と呼ばれる1尺=約38cmなので、228cmある。)ある。
ありさは当日ジーンズ姿でやってきた。
ありさのそばにやって来た担当は中年の朴とつとした親父であった。
畑仕事に明け暮れているのか、とても良い色に日焼けしている。

そしていよいよ練習開始。
2メートル余のさらしを左肩から背負い、股の間を通してねじる。
股に通した部分をさらにねじりながら右から腰に巻き後ろでからめる。
これだけ捻じられるといくらジーンズといっても、さすがにデリケートな部分を刺激する。

(いやぁ~ん☆だはぁ・・・アソコに当ってるぅ・・・☆)

後ろで絡めたさらしは左側の脇腹に向かって、2重にねじり込んでいく。
初めに背負った部分を前に垂らし、幅を整えながら股に通す。
初めに通したさらしに、さらに巻きつけていく。
ここをしっかり巻かないと、あとで緩むと親父は真顔で言う。
尻の間から順にネジは右脇腹側へねじり巻く。
終わりまできれいに巻く。

さあ、できあがった。
たるみなくビシッと決まれば、とても動きやすいと親父は言うのだが・・・。
それは男の場合じゃないのか?
ありさは股間への強い食込み感に少し気持ち悪さを感じた。

(やだにゃあ、Tバックとは全然違う感じ・・・☆)


練習も無事終わり、ついに祭の日が訪れた。
ありさは遠方ということもあったため、前日から宿泊して当日に備えた。
当日ともなると、近郊から多くの人が集まって来た。
どこから噂を聞きつけたのか高価な撮影機材を備えたカメラ小僧の姿も見られた。
そして新聞記者や雑誌記者までが現れた。
女のふんどし姿は滅多に見られるものではないのだ。
男の好奇心をくすぐるには充分過ぎるコスチュームと言えよう。

一同はふんどし姿の女性達が登場するのを固唾を呑んで待った。
ところが更衣室でふんどしを着けて出てくるはずの女性達が一向に現れない。
どうしたのだろうか・・・。
やはり気後れしたのだろうと、女性参加反対派が嘲笑する中、ありさがひょっこり私服のままで出てきた。
観衆や関係者は一斉にありさに視線を送った。

「困ったにゃん☆締め方がよく分からなくなったんですぅ☆」

男達は顔を見合わせ苦笑いをしたが、誰もありさ達女性の元に行く気配がなかった。
それもそのはず。練習の時はズボン等の上に着用させたが、今日はそうはいかない。
一糸まとわぬ全裸の女性がふんどしを着けるのだ。
スケベー根性丸出しの男達もさすがに行くのを躊躇った。

「あのぉ・・・村長。ここはやっぱり長老でもある村長が行ってやるべきです。女性達にふんどしを締め方を教えに行ってくれませんか?」
「なんじゃと?このわしが教えるのか?」
「はい、お願いします!」
「仕方がないのう。それじゃ行って来るか。」

亀村長が選ばれたのは、表向きは村長で長老だからということであったが、本音は「あの村長ならきっとアレが役に立ちそうにない」という大変失礼な理由で、女性に説明する担当に選ばれたのだった。

亀村長は更衣室へ入って行った。
入った途端、亀村長は腰を抜かしそうになった。
それというのも若い女性達が全裸でふんどしと格闘しているではないか。

(ふう、何という凄い光景じゃ。わしも長生きしてきたが、こんな凄い場面は見たことがないわい。ほう、長生きして良かったのぅ。)

亀村長はそのように思った瞬間、長年忘れていた男の興奮がムクムクとよみがえった。

(ううう、どうしたことじゃ。こりゃあマズイわい。息子が元気になってきよったぞい。)







野々宮ありさちゃん
 





この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ    第3話へ

ありさ ふんどし祈願  第3話



  
                                          



【第3話】



真剣にふんどしと格闘していた女性達も、外から男性が入って来たことにようやく気がつき、秘所や乳房を隠そうとしたが、入って来たのが長老の亀村長と分かり、いささか安堵の色を浮かべた。

ありさは悪びれもしないで、裸のまま村長のそばに行った。

「村長さあ~ん☆困ったにゃん!☆ふんどしが上手く締められないんですぅぅぅ☆」
「おお、そうかそうか。それは無理もなかろう。一度しか練習をしておらんものなぁ。よしよし。では皆聞いてくれ~。今から、ここにいる女性にわしがふんどしを締めてみるから、あんた達もよ~く見て同じように着けるんじゃぞ。いいな?」
「は~~~い!」

ありさは一瞬キョトンとして亀村長に聞いた。

「え?☆私がモデル?☆」
「そうじゃが。嫌か?」
「いいえ、そんなことはないけどぉ☆」
「そうか、それなら良い。では早速始めるとしようか。表ではみんな首をなが~くして待っとるからのぅ」

ありさは緊張の表情で亀村長の行動を見守った。
亀村長は高齢とは言え、ふんどしの締め方はさすがに堂に入っている。
滅多に物怖じしないありさも、ふんどしを股に通した瞬間は固まってしまった。
さらしはグイグイと二重に捻じり込まれていく。

「あ~ん☆村長さぁん、ちょっと痛いよ~☆」

それもそのはず、捻じり込まれた部分が、割れ目にグイっと食込んでしまったのだ。

「やっぱり痛いか?男の場合も最初は痛がりよるが、女の場合はもっと痛いかも知れんなあ。まんこにきっちりと食込むもんね、ウッシシ~」
「いやぁ~ん、エッチ~☆そんな言葉使ったらだめなのぉ~」
「わははは~、こりゃしまった。わしとしたことがつい口を滑らしてしもうた。男衆だけのときの癖が抜けんでなあ」
「ここは女の子ばかりなんだから、その癖は抜いてください~☆」
「いやいや、すまんすまん。わははは~」

亀村長はありさと語らいながらも、手の方は止まっていない。

「どうじゃ?少し痛かろうが、祭の間だけは悪いが我慢してくれ。しばらくの辛抱じゃから」
「は~い、分かりました!☆」

ありさから了解を取りつけたことを良いことに、村長は屈んでしげしげと覗き込み、股間の締め付け具合をわざわざ確認した。

「う~ん、まだ緩いかも知れんなぁ。もうちょっと締めたほうが良さそうじゃな」
「え~!☆まだ締めるの~?☆いやぁ~ん☆」
「ほれほれほれ」

(ギュッギュッギュッ)

「イタタタタ・・・☆」

締込みはありさの割れ目にきっちりと食い込み、危うく小陰唇がはみ出すほどであった。
鏡を覗いていないありさはまだそれに気づいていない。

「何かSMチックな気分・・・☆」
「気にするな、気にするな。しばらくの辛抱じゃわい」
「はぁ・・・それはまぁ・・・☆」

「よし。できたわい。これで良い」

亀村長はありさの尻をパチンと叩いた。

「きゃっ!☆」






野々宮ありさちゃん
 





この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ    第4話へ

ありさ ふんどし祈願  第4話



  
                                          



【第4話】



後ろから見るとかなり食込んでいて、ありさが当初考えていた『Tバック』とは比べ物にならなかった。
それでもギュギュッと締め上げると、見た目には若い女のはち切った尻はさまになる。
亀村長は気合いを掛けるように、もう一度、ありさの尻をパチンと叩いた。

「きゃっ!もぉ~~~村長さ~ぁん、ぶつのやめてよぉ~☆」

男とは違うねっとりした肌触りが、亀村長の手に残った。

(ほう~ほう~、これはいい感触じゃ。久しぶりじゃのぅ、この感触は・・・)

きりりと締まったありさのふんどし姿を見て、他の女性たちも見よう見まねでようやくふんどしを締めることができた。
うまくいかない女性のところへは亀村長が行って、ありさと同じように締めてやることにした。


ありさを先頭にして10人の女性たちがふんどし姿で表に現れた。
女性たちは上に半被(はっぴ)を羽織ってはいるが、丈が短いためふんどしが丸見えになっている。
女性たちの登場を待ちわびていた観衆からは、大きなどよめきが起こった。
同時にマスコミ関係者やカメラ小僧が一斉にシャッターを切り始めた。

「ほほう~、いなせだねえ!」
「おおっ!こりゃ、すげえやぁ!」
「女の子のふんどし姿って初めて見るよ~、尻がプリプリしてて最高~」
「おいらはあのふんどしになりてえなぁ」
「てめえ、バカか!?」

10人の女性たちは緊張のせいかかなり顔がこわばっている。
そんな中、カメラ慣れしたありさだけが臆することなく観衆に手を振って応えていた。
そこへひとりの若い男性が、微笑みを浮かべるありさに握手を求めてきた。

「寒いけど、がんばってね~!」
「はぁ~い☆がんばりまぁ~す!☆」

ありさは愛想よく握手に応え軽く握りかえした。
隊列がまた進み始めた。

観衆の視線は当然のごとく女性たちの下半身に降りそそぐ。
とりわけ先頭を進むありさの場合、死角がなく観衆の視線から逃れようがなかった。
歩くたびにふんどしがグイグイと締めつけてくるうえに、観衆の視線が自分の股間に集まっている。
めったに物怖じしないありさではあったが、さすがに次第に沸き起こってくる羞恥心には勝てなかった。

(いやだぁ・・・☆だんだん、恥ずかしくなってきたぁ・・・)

更衣室から滝までは400メートルある。
歩いて5分の距離だ。
ありさは歩く速度を少し速めることにした。
後続の女性たちもありさにつづく。
最後尾の女性が通過した後、関係者や観衆も後を追いかける。
最後尾の女性の尻に容赦なくシャッターが襲う。


滝に到着したありさたちは半被を脱ぎ捨ててふんどしだけになった。
またもやあちこちでフラッシュのたかれる音がする。

ありさたちは滝がある方を向いて準備体操を始めた。
真冬の全裸は見ているだけでも寒くなるものだが、何故か男たちの股間は熱くなっていた。
動くたびにふんどしが締め上がって来る。
もう割れ目に完全に食込んでしまっている。
ありさたちは準備体操中、それを感じてはいたが我慢をするしか無かった。

滝の正面に水が落ちるところがある。
準備体操が終わったあと、ありさたち10人が並んで立ち黙とうする。
今年1年の村の安全祈願と豊作を願うのである。


ありさ達は足首を水に浸けた。
突き刺すように冷たい。

「きゃぁ~!つめた~い~☆」

一歩進むたびに、ふんどしの締込みが割れ目にグイグイと食込む。
やがて腰の辺りも水に濡れ冷えて来ると、さらに強く締まって来ることをありさ達はまだ知らなかった。

  おしまい♪♪






野々宮ありさちゃん
 





この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




目次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。