FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

届かない指先~癒されない心

























【前篇】



        
        階段を昇るたびに胸が高鳴っていた。
        静まり返った鉄筋コンクリートの壁に靴音が響いて、呼吸が乱れるのを
        感じた。
        そして目の前に鉄製の扉が姿を現した時、女は胸の鼓動を鼓膜で聞いた。
        同時に艶めかしく吐き出される熱い吐息も……

        「また来ちゃった……雅人……」

        背中で油の切れた扉が閉まる音がした。
        美佳は張り詰めた緊張をほどくように肩から力を抜くと、寂しそうに呟
        いていた。

        空を舞う小鳥のさえずりがどこからか聞こえ、心地よい秋風が耳元を掠
        めていく。
        ここがコンクリートとアスファルトに覆われた都会の一部だということ
        を、思わず忘れさせてくれる空間。

        (それなのに私ったら、こんな所で何を? ううん、知っているくせに、
        自分になんか訊かないでよ。だからこそ、今日も来たんでしょ?)

        胸の鼓動も荒ぶる呼吸も、幾分は収まり掛けていた。
        その代わりに込み上げてくる狂おしい何かに、美佳は突き動かされてい
        た。
        言い訳とも肯定とも付かない会話を自分自身と交わしながら、ひび割れ
        たコンクリートの床に足を滑らせていく。

        ここはマンションの屋上である。
        12階建て高さ36メートルの世界に拡がる長方形のスペースの中心に、
        彼女は立っているのだ。
        とにかく何もない。
        外周を彼女の背丈ほどフェンスで囲まれている以外、四角い箱のような
        昇降口が屋上の両端に設置されているのみである。

        「今日はここでしようかな?」

        東西南北全てが均等に見渡せるポイントで、美佳は青い空を見上げた。
        ぱさつくセミロングの髪を額の辺りで撫でつけながら、切れ長の瞳を泳
        がせた。
        そして、ぽってりとした肉厚な唇に含み笑いを浮かべると、身に着けた
        服に手を掛ける。

        スルスルと衣擦れの音が、無人の屋上に沁み渡っていく。
        夜が明けて数時間。まだまだ東に傾いた朝の光を全身に浴びたまま、美
        佳はサマーカーディガンに始まり、ストライププリントされたブラウス。
        続けて薄く脂肪の乗った両足にフィットするスキニージーンズと、まる
        でここが脱衣場のように躊躇することなく脱いでいく。

        カチッ……ファサ……

        「ふあぁぁ……」

        夫に褒められてちょっぴり自慢の白い肌を晒したまま、突き上げるよう
        なバストを覆うブラジャーも外した。
        支えを失った豊満な乳房がプルンプルンと揺れる。
        同時に解放的な気分に浸った唇からは、やるせない溜息が洩れた。

        主婦という職業を連想させるベージュ色のカップが、取り除いた右手に
        ぶら下げられている。
        それを美佳は、軽く折り畳んだジーンズとブラウスの隙間に挟み込んだ。

        (ショーツも脱いだ方がいいかな? やっぱり汚れるといけないよね)

        残るはブラと同色のベージュのパンティーのみである。
        高級感など微塵も感じさせない、伸縮性に富んだ逆三角形の薄布が、豊
        かに発達した下腹部を覆っている。

        美佳はほんの数秒悩んだ後に、右手と左手を腰骨のサイドに当てる。
        程よい緊張で伸ばされたウエストのゴムに指を絡めた。
        腰を曲げ気味にヒップを後ろに突き出して、滑らかな肌に添わせてパン
        ティーを下ろしていく。

        「ふぅっ……なんだか、恥ずかしい……」

        口にして、羞恥心が拡散する。
        ホンワカと温かい最後の一枚を抜き取って、ブラジャーと重ねてしまい
        込んだ途端、どうしようもない心細さも感じた。
        心地よかった筈の秋風が、手入れの行き届いたアンダーヘアをくすぐっ
        たのだ。

        ドキドキしていた。胸が? 心が?

        無人の屋上で全裸になった美佳は、両手で後ろ髪を掻き上げるようにし
        てポーズを決めた。
        左足を半歩前に進めて、腰を軽くしならせて。

        夫の雅人と結婚して3年。
        今年28才になる熟れた女体は、それでいて無駄な脂肪を感じさせない
        瑞々しさも兼ね備えていた。
        まだ妊娠、出産を経験していないせいだろうか、下腹のたるみなども感
        じさせない。

        (見てよ。もっと私を見て……近くで……ううんと近くで……)

        美佳は潤んだ瞳を足元に落とした。
        黒髪に沈んだ両手を、胸の膨らみにへと移動させる。

        「あはぁ、美佳のおっぱい……柔らかい……」

        すらりとした指先が、弾力のある肉を歪ませた。
        女として成熟の頂点を迎えた乳房に、指をすべて潜り込ませる。
        やわやわと揉みしだいていく。

        「あふっ、はあぁぁぁ……きもちいい……」

        胸の奥が、キュッと締め付けられる感じがした。
        指先だけでない。手のひらまで利用した愛撫に乳房の肉がほぐされ、甘
        い吐息が唇を伝って漏れた。

        (アソコも……下の唇も愛してあげないと……)

        足元に落とした目線が引き寄せられるように、太股から股間へと這い上
        ってくる。
        彼女の想いに期待して、くびれたウエストが微かに震えた。
        ファッションモデルよろしく捻らせた腰が前後左右に揺れ出して、股関
        節からもヒザ関節からも力が抜けていく。

        美佳は畳んで積み重ねた服の上に腰を下ろすと、大げさに息を吐き出し
        た。
        鎖骨の浮き上がった細い肩を何度か上下させてから、股を開いていた。
        誰もいないマンションの屋上で、けれども誰かに覗かれている錯覚を意
        識して、女の部分を余すことなく曝け出すと顔を背けていた。







濡れた指先~女の決意

























【後篇】



        
        目線を外しても、美佳の指は迷わなかった。
        恥丘に生え揃うヘアーの毛並みを誘導路にして、秘肉の扉へと辿り着い
        ていた。
        人差し指と中指、それに薬指がピタリと密着したまま、大陰唇の狭間に
        沈む。

        ちゅく、ちゅく……ちゅにゅ、にゅちゃ……

        「やだぁ、もう濡れちゃってる……」

        思った通り、いやらしい水の音がした。
        3本の指先が恥肉のヒダを掻き分けるたびに、スリットに満ちた愛液が
        纏わりついてくるのだ。

        「ふぅっ……はあぁんんっ……」

        それと同時に、美佳の唇から鼻に掛った声が漏れる。
        乳房の愛撫とは違うストレートな刺激に、背中の芯までゾクゾクとする。
        座布団の代わりに敷いたジーンズの上で、大き目のお尻がもっと快感を
        と前後に揺れた。

        (雅人のオチ○チン……欲しい。美佳のオマ○コに入れて欲しいの)

        さすがに口に出すのはためらわれた。
        舌を伸ばして唇を舐めると、唾液のリップに輝かせながら吐く息に混ぜ
        込んだ。

        ずにゅ、ずにゅ……ずりゅ、ずりゅぅ、ずずずぅ……

        「あはぁ……入ってくるぅ……美佳の指がぁ、ずぼずぼって……ふぁ、
        あぁ、奥までぇ、はいっちゃうぅっ」

        刷毛のように真っ平らだった3本の指が、ひとつに束ねられて膣腔に沈
        む。
        毎夜待ち望んでいる夫のペニスに見立てて、指のペニスが付け根まで挿
        入される。

        美佳は背伸びするように背筋を反らせていた。
        取り残された片手を乗せたまま、熟れきった乳房が青空に向けられる。

        「雅人……愛して……美佳をメチャクチャにしてぇっ!」

        指のペニスが抽送を開始した。
        股間に這わせた利き腕を盛んに前後させて、膣肌を擦りあげていく。

        「はうう、いいわぁ……気持ちいい……もっとぉ、はふぅっ……もっと
        ぉ、突いてぇっ」

        厚い胸板の男が覆い被さっていた。
        舌を伸ばして美佳と濃厚なキスを繰り返しては、怒張した肉棒で抉るよ
        うに膣肉を掻き回している。
        新鮮な愛液を湧き出させては、陰唇の縁まで溢れ流していた。

        ずにゅ、ぬちゃ、ぬちゃ……にちゅ、にちゅ……

        「はあぁっ、雅人……おっぱいもぉ、美佳のぉ……恥首も苛めてぇ……
        ふわあぁぁ」

        誰の目にも触れられない。
        彼女だけの愛する夫は、尖った蕾を口に含んだ。
        舌先で転がしてくれた。
  
        それに合わせて美佳の手のひらも動いていた。
        汗ばんだ乳房の肉をいびつに歪ませては、恥首を指先で挟む。
        母乳を絞り出すように、キュッキュッと扱いた。

        「ああ、おっぱいも……オマ○コもぉ、感じるぅ……雅人のぉ舌とオチ
        ○チンで、私……もう……」

        温存していた単語を絶叫するように美佳は口にした。
        瞬間、踏ん張っていた腹筋が力を失って、身体が後ろ向きに倒れていく。

        美佳は仰向けに寝そべったまま、顔を真横に向けた。
        浴びせられる朝の日差しを見ていられなくて、ほっぺたをザラ付くコン
        クリートに押し付けていた。
        乳房を愛撫して、濡れそぼる花弁を力強く貫いてくれているのに、夫の
        姿はそこには存在しないのだ。
        1年前まで毎晩愛してくれた雅人のペニスに代わって、美佳は彼女自身
        の指を意識していた。
        自慰という単語を思い起こしていた。

        「はあぁっ! いいのぉ、快感なのぉ……ふぁ、はぁ……だめぇ、くう
        ぅっ!」

        膣奥にまで届いた指の束に、膣ヒダが絡み付き収縮する。
        切なくて我を忘れそうな疼きに、肉感的なボディが右左にくねる。
        官能のダンスを披露する。

        (雅人……愛してる……)

        美佳は胸を焦がしながら、恥ずかしげに囁いていた。
        片方の手に胸の膨らみを鷲掴みにさせると、もう片方の手が絶頂のリミ
        ットを切らせるように股間で蠢かせた。
        手首を反り返らせたまま、指の束で強く激しく突いた。
        花弁に付着した愛液が飛沫となって飛び散っている。

        「あひぃっ……指がぁ、奥に当たってぇ……美佳の子宮がぁ……!」

        全身を包み込む柔らかい快感に涙が零れ落ちていく。
        愛液にコーティングされた指の肌が、秘膜をゴムのように引き伸ばして
        いる。
        深々と挿入させたまま、指の関節を折り曲げだのだ。

        じゅにゅぅっ! ぬちゅうぅっ! 

        「はひぃっ! 太いのにぃ、掻き回されてぇ……あぁ、んはぁぁっっ……
        イクッ、んふぅぅぅぅっっっ!!」

        鋭角に尖らせた指の関節が、グラインドしながらヴァギナを刺激した。
        火照り切り蕩けていく膣肌が、脈打ちながら収縮を繰り返して、美佳の
        身体が跳ねた。
        脳天まで駆け上がるギスギスした快感の波に、ふくよかなボディを何度
        ものたうたせている。

        (うふふ、イッちゃった……美佳ってまた、あなたのことを想ってオナ
        ニーしちゃった。思いっきり絶頂しちゃった……)

        けだるさだけが残る肢体を美佳は投げ出していた。
        座布団代わりに敷かれた衣類から全裸な身体を大きく食み出させて、む
        き出しのコンクリートを肌で感じた。
        改めてここが、自宅のダブルベッドではない。
        秋風が吹き抜けるマンションの屋上だと実感させる。

        「はあ、はぁぁ……ふうぅっ……」

        美佳は身体を起こしていた。
        はしたなく開いた股の付け根から、突き刺さったままの指を引き抜いた。

        背筋をいやらしい悪寒に撫でられて身震いをする。
        引き返そうとする指の束を目の前まで持ち上げると、降り注ぐ陽の光に
        翳した。

        「淫らだよ、美佳。たった1年で、こんな淫乱な身体に変身させて……
        ふぅー、雅人が見たら驚いちゃうだろうな」

        ぽってりとして官能的な唇から、笑みが零れた。
        性欲の虜にされた妖艶な表情が、清々しい空気に包まれて消滅していた。

        そして彼女は立ち上がっていた。
        人妻らしい成熟したボディを晒したまま、両腕を天に突き上げて伸びを
        する。
        その空の上を飛ぶジェット機の影を掴むように。

        (あと半日よ、美佳。午後4時の飛行機で雅人は帰ってくるから……)

        石油プラントのエンジニアとして働いている夫が、1年ぶりに海外の赴
        任先から一時帰国するのだ。
        愛する夫との待ちに待った再開が実現するのだ。

        美佳は慌ただしく脱ぎ棄てた服を身に着けていく。
        乱れた髪も手櫛で軽く整えると、晴れ晴れとした顔付きで昇降口へ向か
        った。
        鉄製の扉を開けた。
        もう振り返ろうとはしない。
        二度と訪れることはない空間に別れも告げずに、階段を下りて行く。

        そう。次に夫が出国する時には、美佳も妻として同伴するつもりなのだ。
        そこが砂嵐の吹きすさぶ異国の地でも構わない。

        (え~っと、今夜は……雅人とプチ贅沢なディナーして、それで夜景の
        きれいなホテルにお泊まりするの。うふふふ♪ 今夜は寝かせてあげな
        いからね。時差ぼけなんて言い訳させないから)


        【濡れた指先 完】





※ ご愛読、誠にありがとうございました。
尚この作品は、ましゅまろくらぶ様のサイトでもお読みになれます。
  サイトへは下のバナーからどうぞ。

官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。