FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居眠り女子大生に伸びる手



  
                                          


【亜紀 大学生 21才】



        
        通学途中の電車の中、久々に座ることのできた私は、少しでも睡眠不足
        を解消しようと目を閉じていた。目の前に中年のサラリーマンが向かい
        合って立っているのに、まだ気付いていない。

        私はチェックのミニスカを穿いていた。サラリーマンは折り畳み傘で、
        そのスカートをゆっくりゆっくりとずらしてきた。

        そこで目が覚めて気付いたけど、こわくて動けなかった。しばらく様子
        をうかがっていたが、周囲は満員で誰もこちらに気付いていない。

        もうパンツが見えるというところまでスカートを上げられていた。

        (このままじゃやばい・・・でも、動くのもこわい・・・)

        もともと内気な性格の私は、その男性の顔を見ることもできず、たださ
        れるがまま。ついにスカートは完全にめくり上げられ、白のパンツが丸
        見えになった。

        太ももにはさまれてしわのできたパンツが恥ずかしい。周囲には、こっ
        ちを見てないにしてもたくさんの人達。私はどうにかこの状況から逃げ
        たいと、勇気をふりしぼって手で傘を振り払った。

        私が寝ていたと思っていたのか、男性は動揺した様子で、慌てて傘を鞄
        にしまっていた。私が「この人痴漢です」と言うとでも思ったのかもし
        れない。

        実際の私は怖さが先にきて、何もできなかった。めくられたスカートを
        ぴんと膝に向かって伸ばして、パンツを隠すのが精いっぱいだった。

        電車が比較的大きな駅に到着すると、さらに大勢の人が乗ってきた。自
        然と、私の前の男性も周囲から押される。そして、私に正面から寄りか
        かる形になった。

        「いやっ・・・」

        中年の男性に近付かれて、思わず声が出てしまった。その嫌がる様子が、
        男性に火をつけたらしい。

        「何が嫌なの?こういうのが嫌なの・・・?」

        男性はそう言いながら、左手でシートを持って体のバランスをとり、右
        手で私のスカートの中に手を入れてきた。

        太ももを這うように、スカートの中をもぞもぞと手が進んでいく。そし
        て、パンツのところまであっという間に到着してしまった。

        「汗かいてるのかな?内股が湿ってるよ・・・」

        確かに車内は暑くて、内股は蒸れているかもしれない。男性の手はだん
        だん内股の奥へ奥へと侵入してくる。指がぐにぐにと動いて、まるで生
        き物のようだ。

        「いやぁ・・・、やめてください・・・」

        私はかすかな声で男性に訴えるが、聞いてくれるわけがなかった。すっ
        かり股の間に入り込んだ手は、布ごしに私のアソコを触ってくる。

        「パンツ越しでも、君のかたちがよく分かるよ」

        私のかたち・・・どういう意味かはすぐに理解できた。男性の手は器用
        にクリトリスを刺激してきた。

        「・・・あんっ・・・い、いや・・・」

        思わず声が出てしまう。指はいつの間にか、布の横から侵入して、直接
        アソコに当たっていた。陰唇をよりわけながら、中にまで入り込んでく
        る。

        「けっこう毛が生えてるんだね。中はぬるぬるしてるよ・・・感じてる
        のかな?」

        耳元でささやかれながら、アソコを刺激される。私の気持ちとは裏腹に、
        愛液がにじみ出てきているのが分かる。

        スカートの中に手が潜り込んでいるところは、ちょうど死角になってい
        て誰にも見えない。男性はそれをいいことにますます刺激を強めてくる。
        アソコの中を絶妙な力加減で触り続けてくる。

        「ん・・・ぁっ!・・・いやぁ・・・あんっ・・・」

        次の駅に到着した。男性は、そっと指を抜き出すと、私の目の前にもっ
        てきた。愛液でべとべとになって糸を引いていた。

        「また会ったら、もっと気持ち良くしてあげるよ」

        そう言うと、男性はその駅で降りていった。


        【居眠り女子大生に伸びる手 完】




この作品は、ポポの手帖 赤城ポポ様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ポポの手帖 赤城ポポ様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


短編の官能小説を公開中。露出・痴漢・痴女など。
主婦、女教師、OL、女子大生、それに女子高生。様々なタイプの女性たちがエッチに身悶えます。





ポポの手帖 投稿作品コーナーへ

社長秘書がゴルフでパンチラ



  
                                          


【奈津美 OL 29才】



        
        私の仕事は中堅企業の社長秘書。接待ゴルフのときには、いつもミニス
        カで一緒にコースを回る。他の人と少し違うのは、見せパンじゃなくて、
        本物のパンツということくらいだ。

        「おおー。ここのパットは、奈津美ちゃんなら入るはずだよ」

        取引先の社長が、カップの反対側で嬉しそうに言う。私がこれからしゃ
        がむのを見越して、向こう側に行っているのだ。

        接待だから仕方ない・・・。社長に教育されたとおりに、私は芝の目を
        読むとき、なるべく股間を開き気味にしゃがみこむ。

        カップの向こうでは、ニヤニヤしたおじさんたちが集まっている。それ
        にしても、うちの社長までいるのはどういうことだろう。社長に見せる
        のは仕事じゃないのに。

        じつのところ、三十路が近づいてきた私は、社長秘書という花形の部署
        から異動させられそうになっている。こういう仕事も引き受けないと、
        飛ばされてしまうのだ。

        それに、いろんな人に恥ずかしいところを見られるのは、嫌いじゃない。
        今日も、なるべく薄めのパンツを穿いてきているので、陰毛が透けてい
        るはずだ。

        しゃがみこむと、アソコの部分がよれてしわになる。そのしわがアソコ
        の形を強調するようになり、より興奮を誘うのだ。

        「うーん。この方向で大丈夫ですかねぇ・・・」

        「いいよ、いいよー。でも、もうちょっと芝を読んだほうがいいんじゃ
        ないかい?」

        私は膝をたてる方向をかえたりしながら、みんなにパンツが見えるよう
        に注意する。この接待ゴルフ、もうストリップでもやったほうが早いん
        じゃないか、と思ってしまうくらいだ。

        でも、男性にとっては、日常の中にあるチラリズムが、欲情をかきたて
        るらしい。だからこんな、面倒なことをしないといけないのだ。

        9ホールまわって、昼休憩になった。ドリンクを飲んでいると、社長が
        寄ってくる。

        「今日もがんばってるね。お疲れさん。午後からは何もはかずにやるか
        い?」

        「もう、社長!いい加減にしてくださいね」

        そんな会話をしながらも、社長の左手は私のお尻を撫でまわしている。
        年齢的に、そろそろ社長との男女関係も持たないと、秘書の職も危うい
        かもしれない。

        午後、最初のホール。また私はカップのそばまでボールを寄せた。反対
        側では取引先のみなさんとうちの社長が注目している。

        「あっ・・・!」

        誰かが声をあげた。そう、私は社長の言うとおりに、パンツを脱いでお
        いたのだ。しゃがみこむと、見事にアソコが丸見えになった。

        おじさんたちの中には、メールするふりをしながら、携帯をこちらに向
        けている人もいる。緑の中でアソコを丸出しにし、撮影までされている
        私。考えるとえっちな気持ちになって、アソコから愛液が浸みだしてき
        たのが分かった。

        この仕事、もうちょっと続けたいと思う。


        【社長秘書がゴルフでパンチラ 完】




 




この作品は、ポポの手帖 赤城ポポ様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ポポの手帖 赤城ポポ様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


短編の官能小説を公開中。露出・痴漢・痴女など。
主婦、女教師、OL、女子大生、それに女子高生。様々なタイプの女性たちがエッチに身悶えます。





ポポの手帖 投稿作品コーナーへ

人妻が夫の部下に犯される



  
                                          


【紗代 主婦 34才】



        
        深夜2時。酔っぱらった夫は、会社の部下に連れられて、やっと家に帰
        ってきた。一人で玄関から上がれない夫を、後輩の男性がリビングまで
        運ぶ。

        「どうもすみません、主人がご迷惑をおかけしまして・・・」

        「いえ、こちらこそ、こんな深夜に申し訳ありません。いつも課長には
        大変お世話になっております・・・」

        あまり酔ってない彼をそのまま帰すのも失礼と思い、私はお茶を出して
        しばらく談笑していた。夫は横のソファで眠っている。

        「奥さん、課長を寝室までお連れしましょうか?」

        「え、でもそこまでご迷惑は・・・」

        「いえ、構いません。さあ、案内してもらえますか」

        夫を抱きかかえて、彼は立ち上がった。私は寝室まで先導する。本当は
        ちょっと、そこまで家の奥に入られるのには抵抗があった。

        寝室のベッドに横になる夫。もうさっきからずっと眠ったままだ。朝ま
        では起きないだろう。

        後輩の男性と一緒に寝室を出ると、いきなり彼は私に抱きついてきた。

        「きゃあっ!ちょ、ちょっと・・・何をするんですか?」

        もがく私は抱きかかえられ、そのままリビングのソファに運ばれた。そ
        して、無理やりにキスをされる。

        「以前にお会いした時から、ずっと奥さんのことが好きだったんです。
        課長にはこんなきれいで若い奥さんがいて羨ましい・・・」

        「お、お願いします・・・やめて・・・」

        ガチャガチャッ・・・。

        彼はズボンのベルトを外すと、アレを出してきた。そしてソファに座っ
        ている私の顔に無理やり押し付けてくる。

        滴る我慢汁が、唇にべっとりとまとわりつく。

        「ん、んんぅ・・・。なにするん・・・です・・・んぐっ」

        彼が腰をぐいぐいと押し付けてきて、私が話をしようと口をあけたとき
        に、アレがすっぽりと中に入ってしまった。

        「んふぅっ・・・や、いやあ・・・んんっ」

        「奥さん、もう我慢できないんです。ぼくのコレ、気持ち良くしてくだ
        さい」

        私の頭を両手でつかむと、口の中に突っ込んだアレを前後にピストンさ
        せる。口腔内に、我慢汁の苦い味が広がる。

        「ああ、き、気持ちいい・・・。もっと気持ち良くさせてください。大
        丈夫、課長は起きてきませんよ」

        口からアレが引き抜かれたかと思うと、彼は私の腰まで沈み込み、はい
        ていたスカートと下着を一気に引きずりおろした。

        「あっ、だ、だめです!そ、それは絶対・・・!」

        ソファで両足を思いっきり開かれ、彼の前でアソコが丸出しになる。彼
        はその部分をペロリと舐めると、腰を突き出してきて、アレを一気に挿
        入した。

        「いやっ!ほ、本当にダメ・・・。あんっ!・・・んふぅっ!いやあっ!」

        「き、気持ちいい。奥さんのアソコ、ぼくのに吸い付いてきますよ・・・
        おおっ・・・すごい」

        夫は寝室から出てくる気配はない。深夜の自宅、リビングのソファで、
        夫の部下に強姦されている私。助けを呼ぶこともできず、もう彼が早く
        イッてくれるのを待つしかなかった。

        嫌なのに、気持ち悪いのに、私のアソコからは愛液が溢れて、アレの滑
        りを良くする。そして、だんだんと気持ち良くなってくる。

        「・・・ああっ・・・しゅ、主人には絶対に言いません・・・あんっ・・・
        だから・・・な、中にだけは・・・」

        「お、奥さん、もう我慢できない・・・ここまできて、外なんて・・・
        このまま・・・」

        「え、いや!いやよ!・・・ああんっ!・・・だ、だめぇー!」

        どくっどくっ・・・。

        白い液体が、私の体の中に浸みていく。彼を見ると、獣の目に変わって
        いた。この一回だけで終わりそうにはなかった。


        【人妻が夫の部下に犯される 完】





 




この作品は、ポポの手帖 赤城ポポ様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ポポの手帖 赤城ポポ様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


短編の官能小説を公開中。露出・痴漢・痴女など。
主婦、女教師、OL、女子大生、それに女子高生。様々なタイプの女性たちがエッチに身悶えます。





ポポの手帖 投稿作品コーナーへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。