FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恍惚の薔薇 第1話

  
                                          


第1話



        埼玉県浦和市にある篠田会計事務所は、公認会計士の篠田喜一を始め、
        男性社員10名、女性社員5名の市内では中堅の会計事務所だ。
        現在65歳の篠田喜一は10年程前に妻と離婚し、今は市内のマンショ
        ンで一人暮らしをしている。
        身長は低いがガッシリとした体格で、顔は赤黒くギラギラとした大きな
        目を持つエネルギッシュな男だ。
        この物語は、朝礼での篠田喜一の一言から始まる。


        「みんな聞いてくれ。私の古くからの友人で太田二郎という会計士が先
        月病気で亡くなってな、彼の奥さんからいろいろ相談されて……」

        話の内容は、亡くなった会計士太田二郎の顧客約80社の引継ぎと、そ
        この社員5名の受け入れをするというものだった。

        社員の三島理恵は、俯いたまま篠田の話を聞いていたが、今の理恵にと
        ってそんな事はどうでもいい話だった。
        理恵は近々、篠田会計事務所を辞めようと思っていたのだ。

        理恵が篠田会計事務所に就職したのは8年前の事だった。
        商業高校を卒業した理恵は地元の短大を経て、20歳でこの会計事務所
        に入社した。
        現在28歳の理恵は、その美貌から顧客からの評判も良く、若手男性社
        員からも慕われる存在だった。
        本来は大人しく無口な性格だが、甘い眼差しと透き通るような肌は、官
        能的な匂いを漂わせていた。
        そんな理恵は男性社員にとって高嶺の花だった。

        「三島さん、安西建設の業績はどうだ?」
        「はい、先月は平年並みでした」

        篠田の問いに理恵は、間をおいて答えた。
        この篠田からの質問は、週に一度は必ずある。
        しかしこれは質問ではなく、篠田からの誘いのサインなのだ。

        (一昨日会ったばかりなのに……)


        理恵と篠田の肉体関係は、理恵が入社してから半年も経たないうちに始
        まった。
        当時20歳だった理恵には、高村准一という恋人がいたが、幼馴染みの
        加奈に准一を奪われてしまった。
        加奈は、幼い頃から理恵に強い対抗意識があった。
        理恵と加奈は、小学校、中学校、高校まで、ずっと一緒だった。
        加奈は幼い頃から、理恵の持ち物はなんでも手に入れたい性格だった。
        おもちゃ、絵本、服、お菓子まで、理恵が持っている物は、なんでも手
        に入れた。
        そして、中学、高校になると、理恵の友人も自分が支配するようになり、
        20歳の時には、とうとう恋人の准一まで奪い去ったのだ。

        (加奈が憎い。いつか復讐してやる……)

        そんな時に、篠田からの誘いを受けたのだ。
        篠田は理恵を抱く度に、5万円を支払った。
        週に1~2回、必ず理恵をホテルに誘った。
        当時の理恵の月収は15万円にも満たなかったが、篠田からホテルで受
        け取る金額は、少なくとも月20万円、多い時は30万円を超える月も
        珍しくなかった。

        (この金で身体を磨いて、准一を見返してやる……)

        理恵は、いつもそう思っていた。




※ この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。



官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




目次へ  第2話へ

恍惚の薔薇 第2話


  
                                          


第2話



        この日も、いつものホテルで篠田と待ち合わせた。
        篠田は、早々とシャワーを済ませ、大きな目をギラギラ輝せながら栄養
        ドリンクを飲んでいた。

        「君も早くシャワーを浴びてきなさい」

        篠田は、65歳とは思えないほど性欲が旺盛だ。
        既に、篠田のガウンの股間は大きく膨らんでいた。
        理恵がシャワーを終えると、既に篠田はベッドの上で待っていた。
        理恵が寄り添うと、いつもの様にチュバチュバと音をたてながら、篠田
        は理恵の乳首を吸う。
        理恵の乳首は、たちまち硬くなった。

        「今度はマンコをしゃぶってやるからな」

        篠田の愛撫は、乳首から滑り落ちる様に、理恵の股間に向かった。

        「どれどれ」

        篠田は、理恵の股間を大きく開き、顕になった女陰を左右に押し広げ、
        厭らしい目つきで覗き込んだ。

        「う~む、いつ見てもいい眺めだ、ぐっひっひ~」

        篠田は、膣穴まで丸見えになっている理恵の陰部にしゃぶり付いた。

        「あっ、せ、先生……、、あっ、、あ~、、」

        篠田は、チュバチュバと音をたてながら、女陰を吸い続けた。
        そして理恵の口からは淫声が漏れ、ピンクの蜜壷から愛液が溢れ出た。

        「あぁ~、い、いい~、あ~~」

        篠田は、とめどなく溢れ出る理恵の愛液を、一滴も逃す事なく啜った。

        「そんなに気持ちいいか~! ならばここはどうだ、、ひひひ~」

        篠田の指は、陰毛を丁寧に掻き分け、亀裂の最上部を弄った。

        「ほ~ら、観音様が丸見えだぞ!」

        篠田の視線の先には、真珠のような陰核が存在していた。

        「は、恥ずかしい、せ、先生、恥ずかし~い」

        篠田は理恵が発する『恥ずかしい』という言葉を好んだ。
        行為の際、理恵はいつもこの言葉を口にした。

        「こんなに大きくしやがって! もっと大きくしてやる!」

        篠田はそう言いながら、理恵の顕になった陰核に舌先を這わせた。

        「あっ、、あ~ん、、せ、先生~、ダメ~、、」

        篠田は理恵の言葉など一切無視をして、舌先で弧を描き始めた。

        「あ~~ん、、そ、それダメ~~、、か、感じるぅ~~、、あ~~」
        「逝きたいか! よ~し、逝かせてやるわぃ!」

        篠田は、徐々に舌の動きを早めていった。

        「あ~~、ダメ、ダメ~~、い、逝くぅ~~、、あ~~~~~」

        理恵は、大きく口を開き身体を痙攣させた。

        「ふふ、今度は俺の番だ!」

        篠田は、意識が朦朧としている理恵の上半身を起こし、自らの下半身を
        理恵の顔に押し当てた。

        「ほら、しゃぶれ!」

        篠田の男根は、異常なサイズだ。優に20センチはある。
        理恵は、まるでロケット弾の様にいきり立った篠田の肉棒を口に含んだ。

        「ううぅ、、」

        理恵は、苦しそうな表情をしながらも、チュバッチュバと音を立てなが
        らしゃぶり続けた。

        「よしよし、もういい! うつ伏せになって尻を出せ!」

        理恵は、篠田のペニスから口を離し、うつ伏せになって尻を突き出した。

        「よ~し! 後ろからぶち込んでやる!」

        篠田は、自らの男根を手に取り、理恵の膣穴に焦点を合わせた。

        「それっ!」
        「はぁ~~ん!」

        篠田の巨根は、理恵の蜜壷に根元まで吸い込まれた。

        「あっ、、す、すご~い、、はぁ~~ん」

        篠田の肉棒は、厭らしい音を醸し出しながら、前後運動を開始した。

        「どうだ、気持ちいいだろ! ほらほら、もっと突いてやる! ほらっ!」

        篠田の巨根が、力強く出し入れされた。

        「あ~ん、、あ~ん、う~ん、、」

        理恵の愛液は異常な程溢れ出し、肉棒を伝って睾丸から滴り落ちていた。

        「それっ! それっ! それっ!」
        「あんっ! あんっ! あんっ!」

        理恵の子宮からは、瞬く間に絶頂感が込み上げてきた。

        「それっ! うぅ! うぅ、、」

        既に、篠田も限界だった。
        篠田の腰の動きが急に激しさを増し、後背位特有の打撃音が部屋中響き
        渡った。

        「い、いくぞっ! あ、あ、い、いくぞ~~!」
        「あっ、あっ、あ~~~」

        理恵は次の瞬間、子宮の奥が熱くなるのを感じた。




※ この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。



官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




目次へ  第3話へ


恍惚の薔薇 第3話


  

  
                                        
第3話



        理恵の肉体は、篠田に征服されていた。
        篠田は、親子以上に年の差がある理恵を、20歳の時から自分色に染め
        てきた。

        (この女は、絶対誰にも渡さない……)

        理恵はそんな篠田の存在に、嫌悪感があった。

        (そろそろ篠田との関係を清算したい。このままでは自分が駄目になっ
        てしまう……)

        しかし、理性とは裏腹に28歳の熟れた理恵の肉体は、篠田を求めてい
        た。
        理恵は悩んだあげく、篠田会計事務所を辞めようと思っていたのだ。

        そんなある日、篠田の亡き友人の太田二郎に雇われていた元従業員の5
        人が事務所に訪れた。

        「みんな聞いてくれ。先日話をした太田会計事務所の元従業員の方々だ。
        明日から出勤だから、宜しく頼む!」

        篠田が意気盛んに言った。

        (どうせこの人達とは、そう長くは付き合わないのだ……)

        理恵はそう思いながらも、顔をゆっくり上げた。

        その瞬間、理恵は驚愕した。
        その5人の中に、元恋人の高村准一がいたのだ。

        (どうして准一が……)

        驚いたのは、准一も同じだった。
        准一は目を見開いたまま、じっと理恵を見ていた。
        そして理恵は、准一はかつて公認会計士を目指していた事を思い出した。

        (准一……)

        理恵は、まるで夢を見ている様だった。
        篠田は、一人ひとり紹介すると腰を降ろした。



        翌日の朝礼で、新人従業員の5人は篠田から顧客名簿を受け取り、それ
        ぞれの担当が命じられていた。

        「え~と、高村君は、三島さんと一緒に、安西建設を担当してくれ」
        「えっ……」

        あまりの偶然に、理恵は言葉を失った。

        「三島さん、今日は安西建設に行く日だろ? 高村君と一緒に行ってく
        れ」

        何も知らない篠田が、平然として言った。

        「あ、はい……」



        1時間後、安西建設に向かう理恵の車の助手席には准一が座っていた。

        「ホント偶然ね……」

        沈黙を打ち消すかの様に、理恵が問いかけた。

        「うん、驚いたよ」

        理恵の脳裏には、8年前の苦い思い出が蘇ってきた。

        「准一、あれから何してたの?」
        「……」

        理恵は嫌な予感がした。

        「もしかして、加奈と……?」

        理恵は、准一の左薬指のリングを見て愕然とした。

        「加奈と、加奈と結婚したのね……」
        「ごめん、君と別れてから3年後に……」

        理恵は8年前に准一と別れてからは、一切の交友関係を絶っていた。
        同窓会など、准一と加奈が現れる席にも近づかなかった。

        理恵の頭の中は、驚きと悲しみが混在していた。

        「理恵、綺麗になったね……」
        「……」
        「理恵、本当にごめん……」
        「いまさら聞きたくないわ!」

        理恵の目には涙が滲んでいた。



 
※ この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。



官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




目次へ  第4話へ

恍惚の薔薇 第4話


  
    
                                  

第4話



        二人は安西建設の経理担当者から書類を受け取ると、すぐに車に戻った。
        理恵は、担当者に准一を紹介する事すら忘れていた。

        (加奈、このままあなただけを幸せにさせない……)

        理恵は、冷静さを取り戻していたが、准一を奪った加奈への憎しみは消
        えなかった。
        そして理恵は、近くの公園に車を止めた。

        「准一、さっきはごめん」
        「ううん、気にしてないよ」

        准一は首を横に振りながら答えた。

        「でも、一つだけ教えて。8年前、准一と加奈に何があったの?」
        「……」
        「お願い、教えて!」

        理恵の口調がやや強くなった。

        「8年前のある日、突然加奈から電話があったんだ。ちょっと相談した
        い事があるって……」

        准一は、俯いたまま語り始めた。

        「そして、スナックで待ち合わせをして、加奈の失恋話を聞かされた
        んだ」
        「それで?」
        「加奈は、だいぶ酔っている様子だったけど、僕にどんどん酒を勧めて
        きた……」
        「飲まされたの?」
        「うん」
        「そして?」
        「気が付いてみたら、加奈のマンションのベッドで寝てたんだ」
        「……」
        「それだけで加奈を愛してしまったの?」
        「違う!」
        「じゃあ、どうして?」
        「妊娠した」
        「えっ?」
        「その夜の加奈との……」
        「もう言わないで、わかったわ……」

        加奈は、その夜の准一との行為で妊娠し、准一は責任を感じて加奈と結
        婚したのだ。

        「子供は何人いるの?」

        理恵は、妙に冷静だった。

        「一人だけ」
        「加奈と結婚して、今は親子三人で幸せに暮らしてるのね」
        「……」

        理恵は、准一を奪い去り自分だけ幸せに暮らしている加奈が許せなかっ
        た。

        (加奈に復讐してやる……)

        「准一……」
        「何?」
        「もう、私の事は嫌い?」
        「……」
        「今日一日だけ、8年前に戻ってみない?」
        「どういう意味?」

        理恵は、准一のズボンのファスナーに右手を置いた。

        「私を抱いてみる?」

        理恵は、准一の右手を取り、自分の内腿に導いた。

        「仕事が終わったら、この公園で待ってるわ」

        理恵の准一への思いは、憎しみに変わりつつあった。




※ この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。



官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




目次へ  第5話へ

恍惚の薔薇 第5話


  
  
                                        

第5話



        理恵は、准一と共に事務所に戻ると、手短に書類を整理して准一よりも
        一足先に事務所を出た。
        公園に着いた理恵は、バッグの中のボイスレコーダーのスイッチを入れ
        た。

        10分程待つと、准一が到着した。

        「すぐそこにホテルがあるわ。ラブホテルなんて久々でしょ?」
        「あ、あぁ、独身以来初めてだよ」

        バッグに忍ばせているボイスレコーダーは、既に作動している。
        理恵は、准一になるべく数多く問いかけた。

        二人はホテルの部屋に入ると、交互にシャワーを済ませ、ソファーに座
        った。

        「何か飲む?」
        「じゃあ、シャンパン……」

        理恵は、テーブルにグラスを2つ置いて、シャンパンを注いだ。

        「乾杯しましょ?」
        「えっ?」
        「二人の再会に乾杯よ、ふふふ……」

        二人は、グラスを掲げ乾杯した。

        「理恵、本当に綺麗になったね」
        「そんな事ないよ~」
        「とても魅力的だ!」
        「え~、加奈だって美人じゃん!」
        「今日は、加奈の話はやめよう……」

        時折准一の視線は、理恵の胸元に向いていた。 



        30分程会話を交わした後、理恵はソファーを離れベッドに横たわった。

        「准一、こっちに来て」

        准一はゆっくり立ち上がり、理恵に寄り添った。

        二人は熱いキスを交わし、理恵は自らガウンを脱ぎ捨てた。

        「今でも私、准一を愛してるわ!」
        「僕もだ!」

        准一は、理恵の豊満な乳房に顔を埋め、貪る様に愛撫をした。

        「あぁぁ……」

        准一は、片手では収まり切れない理恵の乳房を鷲づかみにして、乳首の
        先端にキスをした。

        「あぁ……、、准一、、」

        准一は、理恵の表情を確かめながら愛撫を続けた。

        「あぁ、、も、もっと、もっと愛して、あぁぁぁ~~、」
        「理恵~、、理恵~、、」

        准一の愛撫は、徐々に理恵の下半身に向かった。

        「准、准一~、は、恥ずかしい~、、」

        既に理恵の愛液は、子宮では収まり切れず、陰唇から滲み出ていた。
        そして准一の愛撫は、密林を掻き分け、理恵の陰核を捉えた。

        「あっ、あ~、そ、そこは………」

        准一は、理恵の陰核を弄ぶ様に舌で愛撫した。
        そして、愛液が溢れそうになっている左右の陰唇を指で押し広げた。

        「ぃ、いや……、だ、だめ……、」

        開口された陰部は、防波堤を撤去されたため一気に愛液が溢れ出た。

        「理、理恵~~、す、すご~い!、理恵~~」

        准一は、ボイスレコーダーの存在など知らず、溢れ出た理恵の愛液を音
        をたてながら舐め続けた。




※ この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。



官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




 目次へ  第6話へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。