FC2ブログ

少女涙の羞恥生活 INFORMATION

  • カテゴリ:未分類







● 目次をクリックすればそのページへ飛びます


          設定 登場人物

第1話  プロローグ 美少女有里           第27話 スカートの中の秘密

第2話  レッツ・バスタイム ?!          第28話 後背位でセックスしてください

第3話  有里って、はしたないの?          第29話 ライバルの協定

第4話  父との思い出 迫りくる恐怖         第30話 電車騒動

第5話  謎の男と舞衣 有里の苦悩          第31話 舞衣の贖罪

第6話  父 危篤                  第32話 セクシーファッション その1

第7話  恥辱の契約                 第33話 セクシーファッション その2

第8話  その男 副島                第34話 首に巻き付く鎖

第9話  正常位でお願いします            第35話 思わぬ再会&恥辱の決意

第10話 ストリップ&性器観察            第36話 精液ってどんな味?

第11話 哀しみのファーストキス           第37話 騎乗位でセックスします

第12話 絶頂                    第38話 行為の後に……

第13話 さよなら バージン             第39話 千里の告白

第14話 セックスって気持ちいい?!         第40話 舞衣の覚悟 その1

第15話 初体験 その後               第41話 舞衣の覚悟 その2

第16話 副島と松山 ふたりのライバル        第42話 ストリップ そして…… その1

第17話 風変りな用心棒 ちょっとだけいい話     第43話 ストリップ そして…… その2

第18話 新たなコレクション候補           第44話 性器を見比べて……

第19話 いつもと違う朝の風景            第45話 処女は自分で奪うもの その1

第20話 公開恥辱 電車編 その1          第46話 処女は自分で奪うもの その2

第21話 公開恥辱 電車編 その2          第47話 バイブで絶頂 その1

第22話 屋外朗読                  第48話 バイブで絶頂 その2

第23話 断ち切れぬ友への思い            第49話 プレゼントはバイブ

第24話 豪華なふたりだけの夕食           第50話 哀しみの帰路

第25話 オナニーという宿題             第51話 先輩ナースの嫉妬

第26話 屈辱のオナニー報告             第52話 あくなき夢~終わり そして…始まり



【第13話より抜粋】

「そそりますねぇ。その表情……」

副島は、声を上ずらせながら太い杭を更に沈めた。

ズズッ……ズズズッ……!!

1秒2秒がとんでもなく長い時間に変わり、鈍い嫌な痛みがじわじわと膣から下腹部へと拡大していく。

見せたくない涙がほっぺたを伝い上唇をかすめて……
それに気が付いた副島は一言つぶやいた。

「もっと嬉し涙を、流させてあげますよ」

意味はわかっていたし、身体が直ぐに教えてくれた。

……処女膜が……破られるッ!

ズズッ……ズブッ……ズズッ……ズブッ……!!

そして、肉を切り裂くような激痛が脳天まで突き上げてくる。

「ンアァァァァァァッ、いっ、痛ッ!……あうぅぅぅぅぅぅッ……」

くちびるを血が滲むほど噛んでも、前歯を思いっきり噛みしめても、生まれて初めて経験する激しくて哀しい痛みに心までぼろぼろに切り裂かれそうになる。

わたしの処女ッ! わたしのヴァージンが……消えて亡くなる……

「うッ、うぅぅぅぅぅぅッ!!……アグッッッッッッッ……グッ…クッッッッッッッ……!!」

まるで獣のような呻き声。
わたしの身体の中を太い男のアレが、ミシミシと音を立てながら突き進んでいく。

ぷちっ、プチッ!……ぷちっ、プチッ!……

処女膜を切り裂く音が心のどこかで聞こえた。

さようなら……わたしのヴァージン……








※ この作品は、以下のサイト様でもご覧になれます。
移動は下のバナーからどうぞ。

女子○生ひとみのアブナイ体験と、ちょっと過激なSM官能小説

  


メインコンテンツへ


見果てぬ夢 INFORMATION

  • カテゴリ:未分類




【小説 見果てぬ夢  ご案内】


愛する夫の夢を引き継ぎ、奔走する毎日を送る妻の典子。
だが、もがけばもがくほど夢は儚い粉雪のように溶け落ちていく。
そして残り1%に掛けて、99%正しい現実と戦っていたある日。
典子の元に、天使の顔をした悪魔が舞い降りて来た!
昔の恋人の顔をした悪魔が……?!
その悪魔は典子の耳元でささやく。

「典子、俺と組まないか? 俺は……典子、お前の全てを利用して、もう一度表舞台へ返り咲いてやる。
なあ、典子。そのためには、お前の協力が必要なんだ。
お前の身体も! 心も! なにもかもを! この俺に預けてくれ!
全てがうまくいった暁には……」

「あ、暁には……?」

「典子の夢を全部叶えてやる。
お前が愛する街も、お前の大切な店も、全部、この俺が守ってやる。だから、俺と組んでくれ。典子!」

典子の見果てぬ夢。
悪魔の見果てぬ夢。

ふたつの夢が重なり合ったとき、哀しみと恥辱に塗れた物語が幕を開ける。




● 目次をクリックすればそのページへ飛びます



              登場人物

        第1話   典子の見果てぬ夢
           
        第2話   拓也の見果てぬ夢
            
        第3話   青春の思い出は苦くて切ない?
           
        第4話   尻文字           
            
        第5話   夫以外のモノ……挿入
            
        第6話   夫以外のモノ……騎乗位
            
        第7話   夫以外のモノ……騎乗位 中出し         

        第8話   典子の哀しい過去 その1
            
        第9話   典子の哀しい過去 その2
            
        第10話  典子の哀しい過去 その3
            
        第11話  博幸とのお花見 その1
            
        第12話  博幸とのお花見 その2
            
        第13話  博幸とのお花見 その3
            
        第14話  伸ばした両手 届かない夢 その1     

        第15話  伸ばした両手 届かない夢 その2

        第16話  伸ばした両手 届かない夢 その3

        第17話  男の部屋に呼ばれて……

        第18話  ベランダで交尾? その1

        第19話  ベランダで交尾? その2

        第20話  典子の膣は誰のもの? その1

        第21話  典子の膣は誰のもの? その2

        第22話  典子の膣は誰のもの? その3 

        第23話  情事の果てに……

        第24話  男の駆け引き

        第25話  屋外露出 初級 その1

        第26話  屋外露出 初級 その2

        第27話  屋外露出 中級 その1

        第28話  屋外露出 中級 その2

        第29話  屋外露出 上級……その果てに?

        第30話  見果てぬ夢~男と女



【第12話より抜粋】

「ど、どうぉ? 典子とのお花見……た、楽しいでしょ。
お外のお花もいいけど……
ほ、ほらぁ、博幸の目の前にだって……オ・ハ・ナ……咲いてるんだからぁ」

顔を背けたくなるのを、必死で我慢した。
泣きそうになる自分を一生懸命励ました。
明るい日差しの中で、両足を恥ずかしげもなくM字にひらいて、典子の大切な処を日光浴させて……

私って、淫乱で変態だよね。
だって、お花見って言いながら、恥ずかしい扉ひらいてるんだよ。

博幸、こんなことする典子を怒っていないかな?
『僕の妻は、こんな、はしたないことしない』って……

でも……でもね、もっと弾けた典子を見て欲しいの。
もっと乱れる典子を、あなたには見て欲しいの。









※ この作品は、以下のサイト様でもご覧になれます。
移動は下のバナーからどうぞ。


官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ



ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。




メインコンテンツへ


聖なる日の贈り物 INFORMATION

  • カテゴリ:未分類







【小説 聖なる日の贈り物 ご案内】


クリスマスが直前に迫った歓楽街の一室。
通称『マッチ売りの少女の部屋』で、佐緒梨は、男たちを相手に恥辱の行為をさせられていた。
毎夜、継母に命じられるままに、お金を稼ぐ道具として羞恥に肌を染める少女。
そんな親子に、寄生虫のように取り付く男。
そして、薄幸な少女に淡い恋心を抱く少年。

「お客様。本日は、『マッチ売りの少女の部屋』へお越しいただき誠にありがとうございます。
限られた時間ではありますが、わたしサリーが出来る限りサービスしますので、お客様も心ゆくまでご堪能くださいね♪♪」

佐緒梨は今夜もサリーと名乗り、男たちの性欲処理を繰り返す。
哀しみを悦びに変えて。
泣き顔を笑顔に置き換えて。

絶望しかないと思われた少女の未来に、希望の明日は訪れるのか?
聖なる夜に届く贈り物。
それを贈り届けるのは、アナタかも……




● 目次をクリックすればそのページへ飛びます


                         登場人物

             第1話 真っ赤な砂時計 その1

             第2話 真っ赤な砂時計 その2
            
             第3話 真っ赤な砂時計 その3            

             第4話 真っ赤な砂時計 その4 

             第5話 近くて遠いイブの夜

             第6話 消し去りたい記憶

             第7話 ボディーチェック

             第8話 一足早いクリスマスプレゼント その1
 
             第9話 一足早いクリスマスプレゼント その2
 
             第10話 一足早いクリスマスプレゼント その3 

             第11話 白い男 

             第12話 僕の恋人は……佐緒梨? サリー? その1
 
             第13話 僕の恋人は……佐緒梨? サリー? その2
 
             第14話 佐緒梨を守れるのは……?
 
             第15話 Merry Christmas

 

【第3話より抜粋】

ちゅぷっ、ちゅぱっ……れろ、れろ、れろ……

「はぐぅ、はんむっ。
サリーちゃんのお肉って、柔らかいんだね。
とっても、おいしいよ……」

「い、いやぁん。だ、だめぇ……
おじ様の舌、気持ちいいぃ……サリー、気持ちいいのぉ」

わたしの要求どおり、おじさんのくちびるが佐緒梨の大切な処に吸い付いてきた。
ズボンの前を風船のように膨らませながら、佐緒梨の股の間に顔を埋めている。

赤ちゃんがおっぱいを飲むように……
でもそこは、女の子の性器なのに……

窒息しそうなくらい顔を股間に押し付けて……
いっぱいに伸ばした舌で……
佐緒梨の割れ目を、佐緒梨の敏感なヒダヒダを、そして膣の入り口まで……

顔を上下に振りながら必死で舐め続けている。
わたしを感じさせようとして、わたしにエッチな声を上げさせようとして……







※ この作品は、下記のサイトでもお読みになれます。
  下のバナーからどうぞ。


官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ




ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え。
体験談、投稿体験談、夜学問、官能詩、エロエッセイ、その他カテゴリー多数。





メインコンテンツへ


投稿作品 要項

  • カテゴリ:未分類




官能小説(長編・短編) エッセイ 詩 その他……

既に発表済みの作品でも構いません。

当サイトに投稿しようとお思いの心の広い方々をお待ちしております。

下記のメールアドレスに、メール添付でお送りください。
(わからないこと、投稿に際しての質問も、ОKです)

pyswt949@ybb.ne.jp  管理人 とっきーさっきー まで


尚、以下の作品は、申し訳ありませんがお受けすることができません。

● 個人・団体を特定した上での誹謗・中傷が見受けられる作品

● 人体改造・切断など、極度の残虐な描写がある作品
   (管理人が、ショックのあまり気絶するおそれあり)



メインコンテンツへ


セックス・ダイエット INFORMATION

  • カテゴリ:未分類

                         


● 目次をクリックすればそのページへ飛びます



              第1部  セックス・ダイエットの効果


              第2部  正常位でのセックス・ダイエット


              第3部  後背位でのセックス・ダイエット


              第4部  騎乗位でのセックス・ダイエット




【第2部より抜粋】

 
        一般的な男性は、セックス時の前戯時間は10分程度だと言われていま
        す。
        因みに10分間前戯をした場合の消費カロリーは5カロリー。
        前戯なしでいきなり挿入する人はまずいませんので、前戯を頑張って長
        めに行うように心がける事です。
        愛するパートナーを時間をかけて愛撫する事は、辛い事ではない筈です。
        できれば最低でも20分間くらいは前戯をして欲しいですね。
        これだけでも10カロリーは消費できます。
 
        次に挿入ですね。
        20分間彼女に愛撫をした男性のペニスは十分に硬直し、潤滑油も豊富
        に出ている筈です。
        逸る気持ちはわかりますが、慌ててはいけません。
        ゆっくりキスをしながら挿入しましょう。
        挿入してからも激しく腰を動かせてはいけません。
        あまり激しく腰を動かすと快感が増し持続性がなくなるからです。
        できれば挿入後5分くらいは浅めの挿入をお勧めします。












真理子様が運営されているオリジナル官能小説と、様々なジャンルの投稿小説からなるサイトです。
女性ならではの視点で作成された、センス溢れるレイアウト。豊富な小説群。
美しくも妖しい官能ワールドの世界を、アナタもぜひご堪能あれ。


 
メインコンテンツへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。